女性の病気と健康

坐骨神経痛になりやすい女性に共通する姿勢や生活習慣を調べてみました。

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛になりやすい人の姿勢や生活習慣がわかったのでシェアします。

姿勢が悪い

猫背は坐骨神経痛になりやすい猫背や前かがみの姿勢でいると、そのぶん下腹が出て、腰椎(腰の背骨)も前にカーブした形になります。
それによって腰の筋肉が収縮し、つねに緊張した状態になるため、疲れがたまって痛みが起きやすくなります。
同時に、腰椎が前にカーブすることで、椎間板や関節の後方部分に強い負担がかかり、構造的な問題にもつながることになります。
また同じ姿勢を続けている人も同様です。
同じ姿勢は腰痛になりやすい立つとか座るといった一定の姿勢を維持するために、つねに腰の同じ筋肉を収縮した状態でキープしておかなければなりません。
そのため、デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢を続けていると、それだけ筋肉の血流が悪くなり、痛みのもとになります。
運動して筋肉を使っときと違い、筋肉の疲労感は自覚されませんが、実際には同じ姿勢を続けるだけで、疲労がたまっているのです。

肥満体質・妊娠中

肥満気味の人は、おなかが前に出てくるため、腰椎が、前に強く弯曲するようになります。
妊婦さん
その結果、椎間板や関節への負担が増し、傷んで坐骨神経痛が起きやすくなります。
妊娠中でも、やはりお腹が前に出てくるため、腰痛を誘発しがちです。
また太っていれば筋肉にかかる重量も増すため、筋肉疲労による腰痛も生じます。
冷え症タイプの人も要注意です。
痛み物質は、筋肉や神経の血流が悪くなることで発生します。
酸素を運ぶ血液の循環が悪くなると酸素不足になり、それによって「痛み物質」が生成されるのです。
そのため冷房の冷えなどによって結構が悪くなると、腰痛が生じやすくなります。
また、血行が悪いと、できた痛み物質が杯酒されずに蓄積するために、痛みが慢性化しがちです。

運動不足の人

筋肉は運動不足で使わないでいると、柔軟性が低下し、伸び縮みがスムーズにいきません。
運動不足や激しい運動は腰痛の原因そのため、同じ姿勢をとっているとすぐに筋肉が疲労し、血流が悪くなって、痛みが起きやすくなります。
また、背骨は小さな骨が積み重なってできており、それだけでは直立できません。
腹筋と背筋が前後で支えることで、まっすぐ立てるのです。
筋力が弱いとm支えきれずに背骨に負担がかかり、つい看板屋関節を傷めやすくなります。
筋肉量の少ない、痩せている人も同様です。
一方、激しい運動をする人は、腰椎周辺の軟骨や関節などに負担がかかり、筋肉の疲労もたまりやすいので、どうしても腰痛になりやすくなります。
また陸上選手などでは、腹筋と背筋がアンバランス(背筋が強すぎる)になり、腰椎がカーブして、椎間板や関節に負担がかかったり、筋肉疲労が起こりやすくなります。

偏食気味・体の歪み

偏食気味・体の歪みは坐骨神経痛の原因ダイエットや好き嫌い、外食勝ちなどで偏食をしていると、筋肉疲労を回復させるビタミンB群や、骨をつくるカルシウムがなかなか摂取できません。
カルシウムが不足すると、まず背骨や大腿骨などの主要な骨からカルシウムが抜き取られ、関節などの損傷が起きて、腰痛につながります。
20代~30代ですぐに影響があらわれるわけではありませんが、将来が心配です。
カルシウムが減ってくると、体にゆがみがでることもあります。
それだけでなく、いつも片側の手だけで荷物を持つ、片方の葉ばかりで噛む、毎晩同じ側を下にして寝る、などの習慣がによって生じる体のゆがみ。
左右の筋肉のバランスがくずれて、一部の筋肉が極端に疲労し、腰痛が起きやすくなります。
また、椎間板や関節にも不均等に不可がかかるため、損傷が生じやすく坐骨神経痛につながります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。