女性の病気と健康

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛とは、病名ではなく、下肢にあらわれる症状の総称です。
若い人でも、無理な姿勢や激しい運動などが原因で腰痛になり、太ももや足などにしびれや痛みを感じることがあります。
一般的に、このような症状がおこると「坐骨神経痛」と言っています。
おしりから太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先に向かっている坐骨神経を圧迫されるこ
とにより激しい痛みやしびれが出ます。

坐骨神経痛の症状と痛み

坐骨神経痛の痛みは自覚症状であり、本人にしかわからないため、個人個人で表現が微妙に異なり、大腿神経を詳しく検査しないと、下肢の痛みやしびれの原因を診断することが難しいケースもあるそうです。

通常、次のような症状があるときに、坐骨神経痛が疑われます。

  1. いつも、おしりに痛み、しびれがある
  2. 太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(下肢痛)がつづいている
  3. 足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる
  4. 腰を動かすと下肢の痛みが激しくなる
  5. 安静にしていても、おしりや下肢が激しく痛んで眠れない
  6. 下肢痛だけではなく、腰痛がある
  7. 痛みやしびれ以外に、冷感やだるさがある
  8. 体をかがめると痛くて靴下が履けない
  9. たっていると足が痛んできて、立っていられない
  10. おしりが痛くて座っておれない

以上のように、痛みの程度も、ズキズキ痛む、激痛が走るなどさまざまで、重症になると排尿障害を起こして失禁したり、便秘にがちになったりすることがあります。
坐骨神経痛の症状は、片側の足にあらわれることが多いのですが、両足にあらわれることもあります。

痛みの原因で最も多いのは椎間板ヘルニア

脊椎の下のほうにある「腰椎」や「仙骨」の間から延びて集まり、坐骨の内側を通っているのが坐骨神経。脊椎の骨と骨は関節でつながっていて、その間には、クッションのような働きをする「椎間板」という組織が挟まっています。椎間板は、柔らかなゴムのような組織とそれを包む繊維質でできているのですが、過度の負荷の繰り返しや加齢によってその中身が押し出されて繊維質が膨らんだり傷ついたりすることがあります。これが椎間板ヘルニアです。

坐骨神経痛が起こる原因

坐骨神経痛が、腰椎神経の神経根や馬尾の圧迫や炎症などが原因のときは、馬尾と神経根に異常をまねいている病気を治療します。
また、下肢のしびれや痛みの原因が坐骨神経痛でないことがあります。
馬尾と神経根を圧迫する病気は、腰椎疾患が多く、次のようなものがあります。

  1. 腰部脊柱管狭窄症
  2. 腰椎椎間板ヘルニア
  3. 腰椎分離症・分離すべり症
  4. 変形性腰椎症(腰部脊椎症)
  5. 脊椎・脊髄の腫瘍
  6. 骨盤内の腫瘍
  7. その他の疾患(梨状筋症候群など)

坐骨神経痛の原因となる2つの脊柱疾患

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛
脊椎は、椎骨の椎体と椎体の間に、椎間板という円板状のクッションがはさまったものが、連なってできています。
腰椎椎間板ヘルニアは、この椎間板が通常の位置からはみ出し馬尾や神経根を圧迫して起こる症状をいい、20~30代の人に多く見られます。
いすに長時間座ってデスクワークする人、自動車を長時間運転する人に多く、腰を曲げて行うスポーツをしている人にも起こります。
椎間板ヘルニアが刺激している神経が支配している腰や下肢に痛み、しびれ、まひが現れますが、椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると必ず痛みやしびれが起こるとは限りません。
腰椎椎間板ヘルニアになると、前かがみになる動作のときに痛んだり、痛みが激しくなったりします。
椎間板の形状は、体の前方(腹側)に厚く、後方(背側)に薄いため、脊椎が前屈すると髄核が移動して後方の薄い線維輪に圧力がかかり、その部分が後方(脊柱管側)に突き出たり、線維輪が損傷して髄核が飛び出した状態になったのが椎間板ヘルニア。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、50代を越えた中高年者に多くみられ、腰部の脊柱管が老化や骨粗しょう症などで損傷し、狭くなる病気です。
馬尾や神経根が圧迫されて、腰部や下肢痛が起こることがあります。
腰部脊柱管狭窄症になると、体を後ろにそらす動作をすると痛んだり、痛みが増したりするようになります。
日常生活では、背をそらすことができない、まっすぐ立っていられない、歩くときの姿勢が前かがみになるなどがあります。

坐骨神経とはどんな神経?

坐骨神経の「坐骨」は、骨盤の下部にある骨の名前です。
坐骨の語源は、ギリシャ語の股関節で、いすに座ったときに体を支える骨という意味です。
また、おしり全体をあらわし、坐骨を抜け、おしりの筋肉を通って足に向かう神経であることから、坐骨神経と呼ばれています。

坐骨神経は、末梢神経の一つ

坐骨神経は、末梢神経の一つで、太さが鉛筆ほどあって末梢神経の中でもっとも太く、長い神経で、足先まで約1mあります。
坐骨神経は、脊髄から出ている腰神経と仙骨神経が集まってできているため、坐骨神経痛の多くは、腰神経と仙骨神経とつながっている、馬尾や神経根に起きた障害が原因です。
坐骨神経は、総腓骨神経と脛骨神経に分かれる
腰椎と仙椎を出た坐骨神経は、骨盤を抜け、おしりと太ももの筋肉の中を通り、ひざの裏側で、総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。
総腓骨神経は、太もも下部の前面、足の甲と足の指の筋肉、皮膚を支配しています。
脛骨神経は、ももの後ろの筋肉と皮膚、足の裏と足の指の筋肉と皮膚を支配しています。
坐骨神経痛は、総腓骨神経と脛骨神経が支配する筋肉や皮膚に現れます。

お尻や太ももがしびれ、痛む

お城や太ももの裏側、ふくらはぎなどが痛むのが特徴。
びりびりとしびれるように痛くなり、くしゃみをすると電流が走ったように感じることも。
椎間板ヘルニアが起きる位置によって痛む範囲は違いますが、おしりから脚へと痛みが広がるのが一般的です。
腰痛や筋肉痛と勘違いしてしまうこともおおいけれど、下肢痛があって、休んでも痛みが取れない場合は坐骨神経痛を疑って専門に医院にみてもらいましょう。
長い間放っておくと、神経障害が起きて筋肉の働きが衰え、歩きづらくなったりすることもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。