主婦投資家にメリットが大きい株主優待は本当に得なのか?

個人投資家の間で大人気の株主優待。いろいろもらえるお得感から主婦の間でも大人気。株式投資をやったことがなくても株主優待は知っている主婦は多いです。
今やすっかり定着しつつある株主優待ですが、これは企業が株主に対して感謝の気持ちを定期的に贈るプレゼントのようなもの。投資家にとって魅力的な株主優待について色々と調べてみたのでシェアします。

利益還元が最大の魅力

配当金と同様、株主への利益還元率のひとつなのです。企業側も個人投資家が長期に株式を保有してくれることが期待できるため、株主優待に力を入れる企業も年々増加。現在、株主優待を導入する企業は、上場企業約3500社のうち約3分の1にあたる約1100社にも上るのです。

株主になる優待投資はネット証券がおすすめ

証券会社を選ぶ

証券会社を選ぶ優待投資の入口は証券会社選びです。
24時間いつでも取引できて、手数料が安いネット証券で口座を開設するのがオススメ。
こちらに紹介している証券会社人気ランキングから口座開設するのもいいし、身内や知人などに株式投資をしている人がいるなら、その人が利用している証券会社を紹介してもらうのもいい。
証券会社によっては紹介者と新規口座開設者の双方に数千円のキャッシュバックやプレレントをするところもある。

口座開設をする

口座開設本人確認書類をパソコンからアップロードすると早く口座開設ができる
証券会社を決めたらウェブ管理上の指示に従って口座開設をします。
本人確認書類を郵送する場合は申込みから口座開設までに約10日~2週間程度かかります。書類をパソコンからアップロードする口座開設までの日数がかなり短縮できる。忙しい人にはネット証券会社がいい理由のひとつ。

投資資金を払い込む

投資資金を払い込む株式投資に当てる予算を事前に証券総合口座に入金
株式を購入するには事前に開設する証券総合口座に入金しておく必要があります。
株式投資に当てる予算を考えて入金しましょう。証券会社が指定する銀行でネットバンキングの手続きをしていればリアルタイムで入金できるので便利です。

銘柄を選ぶ

銘柄を選ぶ著名投資ブロガーや専門誌が勧める銘柄から選ぶ
マネー専門誌や著名ブロガーが勧める銘柄の中から高値でないもの、配当利回り2%以上、優待利回り2%以上のものを選ぶ。
高値かどうかはPERやPBRなどの指標、チャートでチェック

注文をする

指値注文指値注文が無難です。
銘柄が決まったらいよいよ注文です。「いくらで買う」と指定する指値注文を選択するのが無難。
注文画面に購入株式数、指値の値段、注文が有効な期間など必要事項を記入して間違えないように慎重に注文ボタンを押す。
銘柄取引開始

株主優待の内容は、企業によってさまざま

「自社商品券・割引券」「食事券・優待カード」「自社商品詰合せ」「選べるギフトカタログ」「QUOカード、商品券、お米券、図書カード」などバラエティに富んでいます。

株主優待の中でも個人投資家を魅了するのが株主にならないともらえない「株主限定商品」や株主にならないと受けられない「株主限定サービス」。
たとえば、タカラトミーの「トミカ」「チョロQ」「リカちゃん」などの非売品は株主のたのしみになっています。

また、株式を長期にわたって保有すると優待内容がアップする長期優遇タイプや株主が受け取る株主優待の内容に相当する金額を、その企業が社会福祉施設や環境保護団体などに寄付する社会貢献タイプなどの株主優待も増えています。女性はこのような企業を応援したいと思いますよね。

さらに、星野リゾート・リート投資法人も投資主優待制度を導入。
星野リゾート・リート投資法人が投資するホテル、旅館で利用できる宿泊割引券がもらえます。
今や株式会社のみならず、投資法人まで広がっている優待制度。
あなたも株主になってみたくなりませんか?

人気の株主優待タイプに注目しよう

ここ数年人気なのが、長期優遇タイプと選べるタイプの優待。
長期優遇タイプとは、ある一定期間株式投資を連続して保有していると、もらえる優待品の金額や内容がグレードアップする優待のこと。

たとえば、情報サービス業大手のNSDでは、長期優遇タイプの株主優待を導入。
保有株式数、保有期間によって優待ポイントがもらえ、ポイント数に応じて食品や日用雑貨など100種類の商品の中から交換することができます。
通常100株以上保有で1000ポイントもらえますが、1年以上継続保有で1500ポイント、3年以上継続保有で2000ポイントもらえます。

ラサ商事は、通常100株以上保有で500円のQUOカードがもらえますが、1年以上継続保有すると、1000円のQUOカードがもらえます。
優待に魅力を感じて長期保有しようと思っている場合には、長期優遇タイプの優待銘柄を狙うとお得感がアップしますよね。

もうひとつ人気なのが、選べるタイプの株主優待。
広島ガスは、500株以上保有で1000円相当の図書カードがもらえ、2000株以上保有すると5000円相当の広島特産品などが選べる商品カタログがもらえます。名産品が手軽に受け取ることができるのでとてもたのしみです。

テクマトリックスの株主優待は、保有株主数によって、グルメ、雑貨、寄付など好きな商品を選ぶことができます。
毎年対象商品が変わるので、どんな商品があるのか楽しみになりますよね。
自分の好みにあわせて選ぶことができるので活用しやすいです。

スマホからでも銘柄検索できる

現在はスマホが普及したので、スマホでも株主優待から銘柄検索が可能です。
例えば、楽天証券では2011年末からスマホ向けに最適化した画面で株主優待から銘柄を検索できるようになりました。

上場企業の900社以上が優待精度を設けていますから、お得な情報をいつでもゲットできますね。
「優待リスター」や「株初心者講座」といったアプリを使えば、作業ははかどりますよ。

株主優待を利用している人の中には格安スマホを契約して、株主優待専用にしている人も多いですね。

通常のスマホだと料金が高いので、月額660円~2,000円ですむ格安スマホを使うようです。
格安スマホのおすすめはこちらのサイトに詳しく紹介されていますので、参考にしてみてください。

自分の趣味合った株主優待を受けるには

趣味がはっきりしている場合は、それに合わせて銘柄を選ぶので、優待をフル活用できます。
たとえば、旅行好きなら共立メンテナンスやパーク24の株主優待がオススメ。
共立メンテナンスの株主優待は、100株以上保有でホテルで利用できる優待券と宿泊割引券がもらえます。
宿泊代と施設内で利用する飲食代を優待で充て、毎年旅行を楽しんでいる人も多いとか。
ちょっとした買い物には株主優待であるQUOカードを利用すると、小銭いらずで便利。

お料理好きの主婦に使い勝手のいいのは、ブロンコビリーやアズワンの株主優待。
ブロンコビリーの株主優待は、100株以上保有で自社レストランで利用できる優待券もしくは、新潟県魚沼産コシヒカリのお米がもらえます。

アズワンの株主優待は、100株以上の保有で有名百貨店の3000円相当の選択型グルメギフトがもらえます。

また、外食に使える優待を利用して、日常の食費を節約している投資家もいますよ。
モスフードサービスの優待は、100株以上保有で1000円分の食事優待券がもらえますが、全国のモスバ―ガ―のほかに、ミスタードーナツでも利用できます。

また、チムニ―の優待も100株以上保有で5000円分の食事優待券がもらえ、全国の居酒屋「はなの舞」「さかなや道場」「魚鮮水産」などで利用できます。

このようにさまざまな活用法がある株主優待ですが、気をつけなければならないのが優待券の使用期限。
有効期間をよく確認して使いきるようにしたいですね。

期限切れが気になるなら、缶詰の優待銘柄がおススメです。
ホッカンホールディングスの優待は、1000株以上保有で2000円相当の自社の
缶詰めセットがもらえます。
マルハニチロホールディングスも、1000株以上保有で自社の缶詰めセットがもらえます。
缶詰は日持ちするし、非常食にも使えるので便利ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。