すっぴんでもキレイな肌を作る美白成分と化粧品

春の日差しが気になるころ、いっせいに流れる美白化粧品や日焼け防止のCM。そんなイメージに惑わされて、美白化粧品を春・夏限定で使うものと勘違いしている女性も少なくありません。シミは夏にできて、冬に消えるものではありません。今まで浴びてきた紫外線の蓄積が、シミとなって現れているのです。

肌には美白成分を1年通して与える

美白成分は季節や天気に関係なく、一年を通して肌に与え続けこそ効果があります。美白化粧品はできてしまったシミを消すというより、予防的に使うもので、シミのできている部位だけでなく、顔全体に満遍なく使うようにしましょう。

ビタミンC誘導体コスメやピーリングがおすすめ

美白成分の一つであるビタミンC誘導体は、メラニンをつくる働きを抑え、メラニンの一部を淡色化する効果があります。、またピーリングは肌のエクササイズとしてすすめる皮膚科医もあります。肌の代謝を上げ、加齢により遅くなったターンオーバーを促し、メラニンを排泄させます。ピーリング化粧品にも色々ありますが、肌にやさしいのはミルクやジェルで洗い流すタイプです。ゴマージュなどのこするタイプは刺激が強く逆効果になることもあります。週に1~2回のピーリングを続けることは、肌全体のくすみや、もやもやしとしたシミに有効です。

https://www.life-total.jp/skincare/face/care-of-pores/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。