婚活~結婚

花嫁衣裳の選び方と挙式・披露宴における着こなし術

花嫁衣装は新婦にとっては、一生に一度限りの晴れ姿をご両親、親せき、友人、知人に披露するだけでなく、結婚披露宴の場を演出するもので、より豪華に晴れやかな衣装を着たいと思うもの。しかし、自分勝手な花嫁衣裳を選んでは、挙式スタイルに合っていない場合は、せっかくのおめでたい席が白けてしまいます。なので挙式時の衣装は、挙式のスタイルが決まると自ずと限定される。ということを理解したうえで、花嫁衣裳を選びましょう。このページでは、花嫁衣裳の準備から選び方までをわかりやすく紹介してます。

挙式スタイルで衣装が決まる

白無垢神前式ならば白無垢か黒の引き留め袖になります(洋装の場合もあり)。

教会式の場合は、教会の規模によって、ドレスの形が変わってきます。
天井が高く、広くて、バージンロードも長い教会であれは、トレーンの長い、ボリュームあるドレスが似合います。
小さめのチャペルであれば、かわいらしいデザインのドレスのほうがいいでしょう。
レストランやハウス、ガーデンでのウエディングであれば、動きやすいデザインのほうが便利です。

一方、披露宴では、和洋どちらでも、好きな衣装を着ることができます。
とはいえ、小さい会場にスカートが目一杯ふくらんだゴージャスな色ドレスは似合いませんから、会場とのバランスを考えます。

衣装選びの基本

  • どんな衣装を着たいのか(洋装か和装か)
  • お色直しはするか。その回数と内容は(色打ち掛けと色ドレスを着たい、など)
  • 予算(税金のことも考えて)
  • 以上のことが決まっていれば、ショップを回ったとき、たくさんある衣装のなかから、絞り込む作業がかなり楽になります。

    衣装選びは誰とする?

    衣装選びには、当人どうしだけか、そのふたりに女性側の母親が付き添うケースが多いようですが、男性側の母親も衣装選びに参加したいことがあるようです。
    ただし、同行を願ったからには、相手の意見をきかないわけにはいきません。
    そのあたりのこともよく考え、誰と出かけるかは、事情に合わせて決めましょう。

    男性は衣装選びにはあまり興味ない場合も多いので、まずは母親や姉妹、親友など、遠慮のない意見を聞かせてくれる同性と出かけて、候補の衣装を2~3点にしぼっておきそのあと、男性ともう一度出かけて最終決定するというのもいい方法です。

    新品レンタルとオーダーレンタル

    どうしても他人が着た服はイヤだが買うほどの予算はないという人のために、新品レンタルやオーダーレンタルのシステムがあります。
    新品レンタルは、新品のものを借りること。
    オーダーレンタルは、自分に合わせてオーダーメイドしたドレスをレンタルすること。
    着用後は店に返却します。
    興味があれば、店で相談してみましょう。

    衣装選びの3つのバランス

    衣装選びでは、3つのバランス、プラスαに注意します

    その3つのバランスとは

    1. 着る人とのバランス
    2. 新郎新婦のバランス
    3. 会場とのバランス

    です。

    着る人とのバランス

    自分に似合う、自分の魅力や個性を最大限に引出してくれる衣装選びをしましょう。
    試着してみるとわかるのですが、気に入った衣装が必ずしも似合う衣装とは限りません。
    好きな衣装と似合う衣装とは違うのです。
    好きな衣装を着たいという気持ちはよくわかりますが、周囲の意見もよくきき、自分にいちばん似合う服を探しましょう。
    一緒に行った人に、横や後ろ、さらには遠くから見てもらい、アドバイスをしてもらいます。
    たくさんの花嫁を見ている、会場の係の人の意見も参考にしましょう。

    新郎新婦のバランス

    自分に似合うことも大切ですが、ふたりが似合っていることも大切です。
    お互いを引き立てあうことのできるような衣装選びができればベスト。
    双方のバランスや、コーディネートを考えて選びましょう。
    女性のドレスが正統派のウエディングならば、男性も正礼装のモーニングにするなどです。
    詳しいことは、会場の係の人に相談してみましょう。

    会場とのバランス

    挙式会場にあわせた衣装を着るのは当然ですが(教会式なら洋装というように)、会場の規模や雰囲気に衣装を合わせることも大切です。
    挙式する教会の大きさやバージンロードの長さ、天井の高さに合わせてドレスを選ぶのはもちろんですが、披露宴会場でも、大きな会場ならゴージャスなものを着ないと主役が負けてしまいますし、小さな会場で豪華な衣装を着ると、ふたりだけが浮いてしまって滑稽になります。

    会場で衣装を借りるならば、担当者に相談にのってもらいましょう。
    外から持ち込むときには、会場の特徴をよく頭に入れてから出かけ、担当の人に相談をします。

    プラスαとは

    その他、季節とのバランスも大切です。
    夏の挙式・披露宴にベルベットやファーを使ったドレスなどを選ぶと、暑苦しくなりますし、冬にあまり寒々しい衣装を選ぶと貧相に見えます。
    時間帯のことも考えましょう。
    最近はあまりこだわりませんが、洋装の場合、色ドレスは昼ならアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスやカクテルドレスを選ぶのが正式です。

    ワンポイントアドバイス

    最近は、どこの結婚式場でもブライダルフェアを用意しています。これは特別な催事ではなくて、結婚が決まった二人のために会場探しから、新郎新婦の衣装、披露宴の料理などを実際に試してもらう企画です。このような企画に参加したからといって、必ず契約しないといけない縛りはありません。予め希望の式場が決まっておれば、披露宴で出されるコース料理を試食することもできるし、招待客の好みや予算で内容を変更することもできます。ブライダルフェアを企画している式場リストはこちらからチェックできます。

    お色直しの衣装はどうする?

    最近、お色直しの回数はぐんと減って、0回という人もかなり増えています。

    教会式での挙式が大多数になったことで、挙式は白のウエディングドレス、披露宴は同じドレスか色ドレスを着用し、途中で中座をしないのが一般的な流れになってきました。
    一着のドレスを、2通り着まわせるタイプのものを選び、挙式と披露宴で違う感じに着こなすケースも増えています。

    花嫁衣裳また、式場や会場の写真室や、専門の業者、プロデュース会社などで写真の別撮りができるようになったことも、大きいようです。白無垢や色打ち掛け、色ドレスなど着てみたかった服を着て、写真撮影しておき、当日は白のウエディングドレスだけで通すといったパターンです。

    ふたりのために会場まで足を運んでくれた招待客と、なるべく長く一緒にいられるように、お色直しで中座する時間は極力短くするのが昨今の流れ、いろいろ着てみたい場合は、別撮りのシステムを利用しましょう。
    お色直しを入れる場合は、演出に工夫をして、招待客に失礼のないようにします。

    貸し衣装選びで失敗しないコツと着こなし術

    花嫁衣裳の着方貸し衣装の数は膨大です。
    着たいデザインの雰囲気を伝え、担当者に何点かピックアップしてもらうといいでしょう。
    雑誌などで、好みのデザインのものを見つけたら切り抜いて持っていくと役に立ちます。

    気になるデザインのものは試着をし、写真撮影しておくといいでしょう。
    試着は納得のいくまで遠慮なく行なったほがいいのですが、悔いのないよう何点も試着するうち、どの店でどんなものを着たのかわからなくなることがあります。
    写真を撮っておけばヘアメイクやブーケの打ち合わせときにも役立ちます。

    和装は着慣れないだけに、似合うかどうかわかりづらいですが、簡単に羽織ってみると、似合う色合いや模様がだんだんわかってきます。
    その道のプロであるお店のスタッフにも、遠慮なく意見をきかせてほしいとお願いしましょう。

    洋装の場合は、体型に合わせて、多少サイズ直しをしてもらえます。
    サイズ直しを依頼する試着のときには、当日と同じ下着を着ることが大切です。
    胸にパットを入れる予定のあるときは、そのパットもきちんとつけて試着しましょう。

    試着のときには小物も同時につけてみて、全体のバランスを見ます。
    その小物をレンタルするといくらになるかも確認しておくことを忘れずに。

    貸衣装の予約は結婚式の3カ月前までに

    人気の衣装は、先約が入って着られなくなることもあります。
    しかし、あまり早くから予約をすると、自分が着るまでに何人かがその衣装を着てしまい、着まわした結果、予約時とは服の雰囲気が変わってしまうことがあります。
    自分が着るまでに、何回くらい使う予定があるかも、きいてみるといいでしょう。

    迷って決めたあとに限って、ふと通りかかった店で「これにしたかった!」と思う衣装に出会うことがあります。
    このようなときに備え、キャンセル可能な時期と、キャンセル料についても確認しておきます。

    衣装を買う場合

    近年は、ドレスを購入する人の割合が急激に高まっています

    安い価格のものが増えてきたこともあり、海外挙式のあと、日本に戻ってから披露パーティーを開くなど、何回かに分けてドレスを着るような場合、レンタルするより買ったほうが安上がりですむといった事情もあります。

    買うといっても、完全なオーダーメイド(オートクチュール)から、プレタポルテ、何種類かあるデザインのなかから好きな形を選んで、自分に合わせたサイズで仕立ててもらうサイズオーダー、海外からの輸入ドレス、さらにはリサイクルまで、いろいろなものがあります。

    和装の場合は、呉服店で仕立ててもらうようになり、それなりの時間がかかります。

    どちらも試着の際の注意や、選びかたなどは、前項の貸し衣装の場合と同様です。

    店によって、得意なタイプの衣装がありますし、どんな国(どのデザイナー)のものに力を注いでいるかによって、デザインのパターンも異なりますから、インターネットで検索したり、雑誌で研究したり、何軒かの店を回るなどして、自分好みのラインのものをそろえている店を見つけます。

    オーダー衣装で失敗しないコツ

    一からオーダーするならば、デザインの打ち合わせが第一の関門。
    こちらの希望のイメージを充分伝えられるよう、参考になりそうなものはなんでも持っていきます。
    口で伝えるより資料を見せたほうが確実だからです。
    遠慮することなく、希望はすべて伝えましょう。
    納得のいく仕上がりを期待するなら、妥協はしないことです。

    サイズオーダーの場合は、デザイン選びをします。
    必ず試着をして、自分に似合う形を見つけましょう。

    どちらの場合も、仮縫いやサイズ合わせに何回か店へ通う必要があります。
    小物は別売りになることが多いので、トータルでしっかり見積もりを立て、予算内で納めることが大切です。

    オーダーの場合は、式の3ヶ月くらいまでには発注するようにしましょう。
    和装ならば半年前までにはお願いをします。

    花嫁衣裳ショップの選び方

    花嫁衣装はどこで用意するかですが、自分がこだわりがある有名デザイナーの衣装とかになるとドレス専門店や百貨店で用意することになるでしょうが、基本的には挙式を行うホテルや結婚式場です。ただ最近は若い人の洋風化に伴い、お見合いパーティーを含めた色々なパーティーがあり、そこに着て行くドレスなども豊富にあり、式後にもそうのような場所に着ていけるドレスを選ぶ傾向も増えているので、そういうショップもインターネットで利用する人も増えています。

    そういう意味で、衣装店は貸し衣装からオーダーメイド専門、あるいはリサイクル専門のところまで、いろいろな種類の店が数多くあります。

    ホテルなどはパックプランで、もともと貸し衣装が何点かセットになっていることもあります。
    そのような会場では、衣装は春と秋のブライダルフェアの時期などに、新作が次々追加されます。

    式場に気に入った衣装がなかったときは別の店で衣装を探します(外部からの持込ができない式場では、用意されたなかから選ぶようになります)。

    店によって、得意な分野(和装が充実、あるいは色ドレスが多いなど)が違い、料金やシステムも異なりますから、自分の着たいものや予算に合わせて店を選びます。
    ウエディングの雑誌やインターネットのホームページなどで、いくつかの店をピックアップしてみましょう。

    インターネットなどで情報を収集してみる

    その店について、より詳しいことが知りたければ、電話やその店のホームページなどで情報を集めます。
    そのときは

    1. 式場への持ち込み料か発生するか。それはいくらぐらいか。
    2. 持ち込み料をその衣装店が負担してくれるか。一部負担の場合、それはいくらか。
    3. 衣装を会場まで届けたり、貸し衣装ならば使用後に引き取ったりしてくれるか。
    4. その料金は無料か有料か。

    5. 貸し衣装の場合、万一、汚したり破いたりしたときの料金システムはどうなっているか。
    6. キャンセル料はいつからいくらぐらい発生するか。
    7. 小物のレンタルは有料か無料か。
    8. オーダーの場合、いつ頃までに注文すれば間に合うか。

    といったことをあらかじめきいておくと便利です。

    また、その店で人気のドレスのだいたいの価格帯(中心価格帯)をきいておくと、予算の目安になります。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

    副業で月5万円稼ぐ
    あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

    こんな人におすすめ!

    1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
    2. 休日は充実した時間を過ごしたい
    3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
    4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
    5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

    スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。