薄毛・抜け毛の原因

髪の毛をキレイで健康に保つために知っておきたい女性の薄毛・抜け毛の原因

抜け毛の数や、分け目の薄さが気になる。そんな悩みをもっている女性は、きっと少なくないはず。特に中高年の女性に多いようですが・・・。
男性の「抜け毛・薄毛」に対する情報はたくさんあっても、女性についてはまだまだ少ないのが現状です。しかし、落ちこむ必要はありません。
女性には女性の「抜け毛・薄毛」対策がきちんとあるのです。
きちんとケアをして、元気な髪の毛を取り戻しましょう

1:抜け毛・薄毛の最大の原因はストレス!

髪を洗ったときや鏡を見たときに、気になる分け目の薄さや抜け毛の多さ。
最近このような「脱毛症」に悩む女性が増えています。
その一番の原因は、人間関係や、仕事、家事、育児などのストレス。

ストレスがたまってくると、体のあらゆる器官や臓器をコントロールしている自律神経のバランスが乱れ、髪の毛の原料となる栄養分を運ぶ頭皮の毛細血管や、髪の毛の素となる細胞「毛母細胞」をつくり出す「毛乳頭」の働きも鈍くなります。
普通、髪は抜けても約3か月で生えてくるものですが、この機能が弱ると、
毛の生まれ変わり(ヘアサイクル)が乱れて、抜け毛・薄毛へとつながっていくのです。

2:生活習慣にも注意!

脱毛症の原因は、ストレスのほか、肉類中心の食生活で皮脂分泌が過剰になり頭皮が脂っぽくなることや、過度なダイエットによる栄養不足、タバコによる血行不良、睡眠不足による新陳代謝の低下、過度なパーマやカラーリングによる頭皮への強い刺激などが考えられます。

3:加齢によるホルモンバランスの乱れ

加齢に伴い髪の成長期が短くなるヘアサイクルの変化に原因が。
また、更年期になると、女性ホルモンの急激な減少でバランスも崩れます。
女性ホルモンが減少するため、髪の毛が細くなり、ボリュームもなくなります。

4:頭皮のトラブル

自分の髪にあわないヘアケア商品を使って頭皮のトラブルを引き起こし、悪影響を及ぼすのです。
これらが複雑にからみ合って、髪の生成サイクルに悪影響を及ぼしているのです。
https://www.life-total.jp/skincare/usuge-and-grayhair/usuge-4/

年代による薄毛の原因

女性のお友達どうしが集まると、話題になるのが、髪の毛の変化。
最近、「ハリやコシがなくなったわ」、とか「パサつくのよね」、「髪が細くなってボリュームがなくなってきたわ」とかよく聞きませんか?
これらは、加齢に伴う髪の毛の変化なのです。
すぐには薄毛になるわけではありませんが、髪の変化を知っておくことは薄毛を予防するために必要でしょうね。

頭髪と女性ホルモンの関係は切り離せないもの。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがありますが、髪の毛のために働くのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

女性ホルモン分泌が一番盛んなのが20代で髪の状態も良好な時期です。
ハリ・コシ・ボリュームもピーク。
髪の質や量は個人差があるとしても、一番髪が輝いているときです。薄毛の原因は「毛周期」の乱れ

薄毛の原因は「毛周期」の乱れです。
髪には一定の寿命とサイクルがあり、毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれています。
発毛して3~5年の間は毛母細胞が活発に運動して、髪の毛が成長する「成長期」。
その後、数週間の「退行期」。数ヶ月間の「休止期」を経て髪は生え変わりを繰り返します。
しかし、加齢による頭皮の乾燥や生活習慣などさまざまな原因からヘアサイクルが乱れると、髪は十分成長する前に抜けてしまし、生える毛よりも抜ける毛の量が多くなってしまいます。
つまり、薄毛の予防には、育毛剤、育毛シャンプーなどを使って、ヘアサイクルを正常に保つことが重要なのです。

毛周期

毛根へ栄養を与えて抜け毛や薄毛を予防する

髪は毛根で作られますいつも美しく豊かな髪は、女性にとって絵家因の憧れですね。頭皮から出ている髪の毛の部分だけをケアしても、美しい髪を得ることはできません。
髪が生える土台となる「毛根」のケアが、豊かで美しい髪を生み出すカギとなっているのです。
毛根内部には髪の毛を作る「毛球」と呼ばれる部位があり、その内側にある「毛乳頭」が、毛細血管から髪の原料となる栄養を取り込んで「毛母細胞」へと送り込みます。
栄養を得た毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、髪をどんどん成長させていきます。
しかし、その細胞分裂には十分な栄養が必要なため、毛細血管からの栄養が不足すると、毛髪の成長が滞り、これが脱毛やうす毛の原因になると考えられています。
女性のうす毛ケアには、女性専用の育毛剤、育毛シャンプーのご利用をおススメします。
https://www.life-total.jp/skincare/usuge-and-grayhair/usuge-3/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。