婚活~結婚

結婚式のスタイルや挙式手順と失敗しないマナー

結婚式は両家・仲人さんの意見を尊重しながら、二人の生活水準に見合った挙式スタイルを選ぶことからスタートします。挙式スタイルが決まれば結婚式場探しやお手伝いしてもらう人選も行います。

どのような結婚をしたいか二人で相談する

結婚に際してどのような形をとりたいのか。
それをまずふたりで話し合います。

お金をどの部分にかけるか

たくさんのゲストを呼んで盛大な挙式・披露宴にしますか、結婚式は身内だけで簡単にすませて新婚旅行にお金をかけますか、挙式も披露宴もせず婚姻届だけ提出して記念の旅行に向かいますか、それとも挙式・披露宴と旅行すべてなしで新生活の準備にお金をかけますか・・・・・。
基本的な路線を決めるだけでも、ふたりの考えを合わせるためには話し合いが必要になります。

また、挙式や披露宴のスタイルも、最近は多彩になりました。
ホテルや式場での挙式・披露宴にするか、レストラン・ウエディングにするか、カジュアルな1.5次会形式にするか、海外ウエディングにするかなど、数多くの選択肢があります。
結婚のスタイルは挙式・披露宴がすべてではない

挙式・披露宴を行なうことだけが結婚のスタイルではありません。
結婚するカップルのうち、結婚式を行なっているのは92%、披露宴を行なっているのは88%です。
しかし、入籍をしたあと、男性側と女性側の2家族で旅行に行くなど、自分たちらしいスタイルで結婚している人も少なくありません。まずはふたりでじっくり話し合ってみましょう。

ブライダルプランを立てるコツ

まずはふたりで、自分たちがやりたいことを自由におしゃべりして、夢をふくらませましょう。
このときは現実的にならないこと。
実現できるかどうかはあとで考えることにし、「それは無理」はひとまず禁句としましょう。
楽しく話し合ううちに、挙式のスタイルや理想の披露宴が、漠然と見えてくるはずです。

ふたりのヴィジョンが描けたら、具体的な点を話し合って、内容を煮詰めていきましょう。
予算に制限がある場合も、決まった範囲内で理想に近づける努力をします。
最初から無理と決めつけるより、ふたりの希望のスタイルを思い描き、それに向かって近づけていく作業のほうが、ずっと楽しく建設的なはず。ふたりの間のケンカも少なくてすむと思います。

できれば両親の意向も聞きたいところです。
もし両親と意見が食い違っても、ふたりのヴィジョンが一致していれば、誠意をもった話し合いで解決できる場合が多いようです。

司会者を決めるには?

プロに頼むか、友人で話上手な人にお願いするかを決めます

披露宴の内容を左右する大切な役割ですから、慎重に選びましょう。

ふたりの考えに合わせて決めますが、友人に依頼する場合、司会の大任を背負った当人の重圧はそれなりのものがありますし、当日は料理をいただいている暇などありません。

当然、お酒もいただけません。
そのあたりを充分考慮してから、お願いしましょう。

きちんとした日本語を使って常識的な話しかたができ、さまざまなことに臨機応変に対処できる、ユーモアのある人が理想です。

もちろん、人前に出ることに慣れていることも条件のひとつ。
近頃は、男女のペアにすることも多いようです。
早めに決定して、披露宴の演出などについても、相談にのってもらうといいでしょう。

身近に適任者が見つからないならば、プロにお願いします

ホテルや式場には専属の司会者がいます。
いない場合も、提携の司会者を紹介してくれます。
テレビやラジオのアナウンサー、若手の落語家やお笑いタレントなどにお願いできる、専門の派遣会社もあります。

実際に披露宴で司会を行なったときのビデオを見せてもらったり、直接会ったりして、最終的にお願いするかどうか決定するといいでしょう。

どうしても雰囲気が違うと思ったら、会場や派遣会社に相談して、別の人を紹介してもらいます。
プロに依頼するならば、5万円以上の出費になると覚悟しましょう。

プロにお願いするときは、打ち合わせを入念に行ないます。
司会者はふたりのことをまったく知らないわけですから、打ち合わせを密にし、ふたりの人となりを知ってもらうようにします。

司会者には、式次第や式の進行スケジュールの打ち合わせにも同席してもらい、披露宴を一緒に組み立てていきます。

挙式の進行について

大勢の協力者が必要な場合も

人前式やレストラン・ウエディングでは決まった式次第や進行がないので、友人と相談しながらひとつひとつを決めていくことになります。
当然、協力者もたくさん必要になります。
スタッフは式場が決定したころから早めに人選、依頼して、細かく打ち合わせをすることが大切です

レストランやハウスウエディングなどでは場所がわかりづらいことも多く、そのようなときには最寄の駅の近くに案内係を配置します。
また駐車場が離れた場所にあったり、レストランの駐車場かどうかわかりづらいようなときは駐車場にも案内係(配車係)を置きます。

祝辞や余興をお願いするときには

  1. いつ頃(何番目)
  2. 出番はいつ頃か。○○さんの祝辞の次などなるべく具体的に。

  3. どれくらいの(持ち時間)
  4. 何分程度の話や余興を期待しているか。
    話の長くなりそうな人には、予定時間を5分とってあっても「短くて申し訳ないのですが
    3分程度で」とあらかじめ短めにお願いすると無難。

  5. どんな(してほしい話や余興)
  6. たとえば「高校時代の友人として、部活動を中心にした話題を」などと具体的に依頼といったことを伝えます。

披露宴の決め方とマナー

披露宴披露宴にも、多種多様なスタイルがありますが、大きく分けると和風披露宴と洋風披露宴に分けられます。

和風披露宴は、昔ながらのしきたりに則り、畳の大広間で行なわれます。
洋風披露宴は、テーブルと椅子で席を用意します。
料理の内容の和洋にかかわらず、テーブル席に着くスタイルの披露宴は洋風披露宴と呼ばれ、最近の披露宴のほとんどがこのスタイルで行なわれます。

披露宴の進行は、どんな場合でも極端に変わることはないようです。
だいたい2~3時間で終わるよう、セッティングするのがふつうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。