パニック障害

パニック障害

突然、激しい発作に襲われるパニック障害は、精神的なストレスや過労が引き金になって起こる病気です。
激しい動悸、呼吸困難、発汗、ふるえ、めまい、頭痛、吐き気などに襲われます。
「このまま死んでしまうのではないか」という恐怖感があり、発作は数分から数十分間続きます。
発作がない時も、「また起こるのではないか」という不安がつきまとい、電車やバスに乗ることも、高速道路、雑踏などを恐れるようになります。

精神的なストレスや過労が引き金になりますが、神経系の機能的障害や神経伝達物質のバランスの崩れが原因とも言われています。
治療には、発作を抑えるために抗不安剤や抗うつ剤などを処方します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。