適応障害

適応障害

ストレスを受けた五、3ヶ月以内に発症する適応障害。

環境に適応できない状態が続く

ストレスが原因で不安や行動障害、絶望感、ふるえ、動悸などが起こる状態。
夫婦間の不和や経済的な不安、仕事がうまくいかない、親しい人との死別、女性では閉経をはじめとする身体的な変化など多様なストレスが原因と考えられています。
通常は、ストレスを受けた後、3ヶ月以内に発症し、6ヶ月以上は継続しないと言われています。

軽いものから食欲や睡眠、仕事に支障をきたすものまで症状はいろいろ。
治療には、心理療法や家族療法、行動療法などが効果的です。
また、支援グループの力を借りて同じ症状に苦しむ人との交流も回復に役立ちます。
適応障害の発症の正確なメカニズムはわかっていませんが、ごく普通の心理反応であると考えられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。