STD(性感染症)

若者の間で急増している性感染症。女性のほうがかかりやすく、症状がないまま広がっている。

セックスでうつる病気

かつては、性病と呼ばれていましたが、性病予防法が廃止され法律上、性病という言葉はなくなりました。
感染症のひとつとして現在は考えられています。
近年、性感染症は増えていると言われていますが、女性では20代前半、男性では20代後半の年齢層に最も多くいます。
特に、クラミジア感染症は急増。次にヘルペス。
クラミジアに感染している人は、高い確率でHIVにも感染しやすいと考えられます。

性感染症は、女性がかかりやすく、リスクが大きいのもやっかいです。
女性は、性器の内側が粘膜でおおわれているため感染しやすく、性器が奥に深い構造なので知らないうちに奥へ奥へと感染が進んでいることが多いのです。

また、卵管等が炎症を起こして不妊症になったり、出産時に赤ちゃんが産道感染すると、先天性の病気をもつ危険性も高まります。

粘膜、体液から病原体に感染する

セックスなどの性行為により感染します。
複数のパートナーとする男女が増えたことで感染が広がります。
性感染症について無知で、コンドーム等の使用をしていない無防備なため。
知らないうちに病状が進んだり、うつしたり、うつされたりしている。

忘れた頃にやってくる

潜伏期間があり、忘れたころに症状が現れることが。
ウイルスは、治療しても死滅しないので根治がむずかしく、ずっと体内にいつづけます。

婦人科、泌尿器科、皮膚科で受けられる

検査法には、視診、おりもの検査、血液検査があります。
検査自体は簡単なものです。女性は婦人科で、男性は泌尿器科で受けられます。
毛じらみ・疥癬は皮膚科で受診しましょう。

まずはコンドームが鉄則

必ずコンドームを使うのが安全策。生理中のセックスや出血を伴うセックスは、性感染症に感染するリスクが高いので避けるのが無難でしょう。

カンジダ膣炎はSTD(性感染症)に含まれない。カンジダはカビの一種で、身体のあちこちに常在し、約1割の女性は膣の中にこの菌が常在しているといわれます。
菌が異常増殖しておこるのがカンジダ膣炎。
性交でも感染しますが、男性から女性への感染は少なく、STDとは一線を画します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。