女性のスキンケア

サラサラ・ツヤツヤする洗い上がりの良いノンシリコンシャンプーの見分け方

ノンシリコンシャンプーは、シリコン入りの市販のシャンプーと比べて値段が高めです。頭皮と髪に優しい良い洗浄剤を使っているから当然だと考える人も多いかもしれません。
しかし、ノンシリコンを謳うシャンプーの中には、残念ながら質の悪い商品も出回っています。値段が高いだけの粗悪品など使う価値はなく、購入には注意が必要です。

どのように見分けたら良いのでしょうか?

まず、質の良いノンシリコンシャンプーは、植物由来の天然洗浄成分が特徴の一つです。
購入前には、シャンプーのラベル表示を注意深く確認してください。例えば、髪と肌に優しい洗浄成分には以下のようなものがあります。

髪と肌にやさしい洗浄成分

  • ココイルアルギニンエチルPCA
  • ココイルグリシンK
  • ステアロイルグルタミン酸 Na
  • リゾレシチン
  • ミリスチン酸
  • カリ石けん素地

これらの成分が洗浄剤として用いられているシャンプーは、肌に優しく質の良いシャンプーと言えます。

注意する成分

逆に、次のような成分が入っているものは要注意です。

  • ラウレル硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na

この2つの成分は一般的によく用いられる石油由来の洗浄剤ですが、特に毒性が強いと言われています。
他にも次のような成分は石油由来の界面活性剤なので、ノンシリコン商品だとしても、購入しない方がベターでしょう。

  • スルホン酸Na
  • パレス-3硫酸Na
  • コカミドDEA
  • キシレンスルホン酸カリウム
  • ポリオキエチレンアルキルエーテル硫酸塩

ノンシリコンシャンプーを選ぶわけ

良いシャンプーの選び方シリコン自体に害はなく、悪者ではないと説明してきましたが、それなのにどうしてノンシリコンシャンプーが多くの人に選ばれているのでしょうか?
その理由については、シリコン入りのシャンプーの洗浄成分を考えると納得できると思います。

市販のシャンプーの多くは、高い洗浄力を持つラウレス硫酸という成分を用いています。この成分が曲者で、洗浄力の強さゆえ、髪や地肌にダメージを与えてしまうのです。
しかしながら、ダメージなど害のあるシャンプーでも、シリコンを入れることで髪表面をコーティングして、髪の手触りを良くしたり、ツヤ感を出すことができます。使い心地としては悪くはないように感じるかもしれませんが、実際には髪と地肌の健康のためには何のプラスにもなっていないのです。

質の良いシャンプーの特徴

それに対して質の良いシャンプーは、洗浄剤自体にコンディショニング性を持っています。シャンプーをすることで髪がバサバサになったり、絡まったりすることがないので、そもそもシリコンを入れる必要がありません。つまり、ノンシリコンシャンプーは、髪と地肌にやさしい洗浄成分が用いられていることが多いといえるでしょう。
シリコン=悪いということではなく、ノンシリコンシャンプー=質の良いシャンプーというイメージでノンシリコンシャンプーを選びたいですね

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンのメリットをいくつか挙げてみます。

洗浄剤がマイルドに洗い上げるので、頭皮に優しい

ノンシリコンシャンプーは、マイルドに洗い上げる洗浄成分が使用されていることが多く、頭皮に優しいシャンプーといえます。市販のシリコン入りのシャンプーのほとんどは、強い洗浄力のある成分が配合されているので、髪と地肌の健康を考える人にはノンシリコンシャンプーがおススメです。

トリートメントなどの美髪成分が髪に浸透しやすい

シリコンは髪表面をコーティングして手触りを良くしたり、ツヤを出す作用があります。肌に例えるとファンデーションを塗ったような状態でしょうか。それに対し、ノンシリコンシャンプーの洗い上がりは肌の表面に何も付けていないスッピン状態と言えます。美容液は洗顔後の素肌に使うものですよね。それと同様に、髪の毛もスッピン状態の方が、トリートメント剤などの美髪成分が髪に浸透しやすくなります。

パーマやカラー剤が浸透しやすい

さらに、シリコンで髪がコーティングされていると、パーマやカラー剤が思うように浸透せず、満足のいく仕上がりにならないことがあるようです。髪の表面をコーティングしないノンシリコンシャンプーなら、カラーやパーマ剤への影響も少ないでしょう。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

髪と地肌に優しいと人気の高いノンシリコンシャンプーですが、それなりにデメリットもありました。
しかし、最近では化学の進化によって、これらのデメリットも昔話になっています。
ただ、ノンシリコンシャンプーを使う際に、髪や地肌に害を与えるようなものではないので、使用上の注意点として覚えておくと良いでしょう。

洗い上がりの髪が滑らかではない

ノンシリコンのデメリットとしてまず挙げられるのは、洗い上がりの髪がゴワついたり、きしんだりすることでしょう。
シリコンで表面をコーティングした髪はサラサラで、指通りも滑らかです。
しかし、ノンシリコンの場合は、洗浄後の髪はもちろんコーティングなどされないというのが、一般的な常識でしたが、ヒアルロン酸や植物由来の美容成分、保護成分がまるでボディローションのようにうるおいを逃さず、しっとりなめらかな髪が持続できるようになりました!

ドライヤーやヘアアイロンのダメージを受けやすかった

髪表面をコーティングしないので、美髪成分や保湿成分などが髪に浸透しやすい反面、熱によるダメージも受けやすくなります。ドライヤーやヘアアイロンを使用する際には注意が必要です。髪の毛を熱から保護するためにトリートメント剤などを使用することをおすすめしていたのですが、こちらも良質な保護成分の力によってダメージを軽減することができました。
だけど、いずれにしてもドライヤーを髪に近づけないことは言うまでもありませんね。

泡立ちが弱いと言われていた

無添加ではないシリコン入りのシャンプーは、洗浄力が強い分だけ泡立ちも良くなっています。
その逆に、今までのノンシリコンシャンプーの場合は、洗浄成分がマイルドなだけに、全般的に泡立ちも弱く感じられるようでした。今ではクリーミーできめが細かい泡立ちが髪と地肌を優しく包みこむように製品化されいます。

このようにデメリットもないくらいおすすめのノンシリコンシャンプーですが、はっきりデメリットがあるとすれば、普通のシャンプーに較べてお値段が高いとうことです。しかし、髪や頭皮のトラブルをなくしたり、先々のことを考えればコストパフォーマンスはこちらの方が優れていると思います。

ノンシリコンシャンプーを過信しない

ノンシリコンシャンプー
シリコンが悪者扱いされ、ノンシリコンシャンプーが人気の最近ですが、ノンシリコン商品の全てが良いシャンプーとは限りません。
シャンプーの良し悪しを決めるのは、洗浄成分です。シリコンが入っているかどうかではないので、ノンシリコン=良いシャンプーという風に考えていると、大きな思い違いをしていることになります。

実際のところ、ノンシリコンシャンプーにも粗悪なものがあります。
例えば、シリコンに代わるコーティング剤を使用して「ノンシリコンシャンプー」と謳っているものもあります。シリコンは使用していなくても、洗浄成分自体はシリコン入りのシャンプーと何ら変わりがないか、場合によってはもっと質が悪い商品までも出回っているのが現状です。
そのような粗悪なシャンプーを使用していては、ノンシリコンにこだわる意味は皆無に等しいといえるでしょう。

また、シャンプー自体はノンシリコンでも、セットになっているコンディショナーはシリコン入りの場合も多々あります。シャンプーの洗浄成分でごわついてしまった髪をカバーするため、コンディショナーにシリコンを入れて仕上がりを良くすることが必要になるのですね。
上記のようなことから、ノンシリコンだからといって過信はできません。せっかくノンシリコンにこだわるならば、洗浄成分をチェックすることを忘れないようにしましょう。

/skincare/usuge-and-grayhair/way-of-shampoo/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。