女性のスキンケア

女性願望の男性もこっそり豊胸手術している日本人女性に最適な豊胸術のメリット・デメリット

胸が小さいでのハリウッド女優のような魅力あるオッパイ胸を作りたいという願望から注目された豊胸手術。最近は男性も豊胸手術を受ける人が増えていると聞きます。私も胸は大きくはないので、胸が大きい友達が羨ましいのですが、では実際に私が豊胸手術を受けるとすれば、どんな手術があるのか?その内容や痛み、術後の生活などについて色々な不安が残ります。そういうことで、豊胸手術では有名な池田ゆうこクリニックや品川美容外科のホームページや体験者の口コミをもとに色々シラン下手ことをまとめてみました。

豊胸手術は日本人女性のオッパイにあっているかどうか?

日本人のオッパイと外国人のオッパイの違い
一般的に、日本人は欧米人に比べて胸が小さく、形の持続が難しいとされています。

乳房を形成するものは大まかに、乳腺という型の基礎となる部分と、脂肪とに分かれます。その乳腺の割合が日本人の女性は欧米人に比べ少ないことが原因とされています。

↓↓池田ゆう子先生にご相談できます↓↓

日本人女性に向いている豊胸術とは

ここから1万件を超す豊胸手術実績がある女性院長の池田ゆう子クリニックのアドバイスも交えながら書いています。
豊胸術は大きく分けて「人工乳腺法 (バッグ挿入法)」「脂肪注入法」の2つの方法がありますが、豊胸術というと一般的には「人工乳腺法」を差すことがほとんどだそうです。

豊胸術に使用される豊胸バッグは、「人工乳腺」と呼ばれ、これを胸部に挿入し、小さなバストを大きく美しくします。これが人工乳腺法、すなわち豊胸術と呼ばれるものです。この方法は、乳腺を傷つけることのない安全な方法ですので、術後の妊娠や授乳などに影響のない安心な方法です。

バッグを挿入するには、ワキの下のシワに沿って、目立たない部分を最小限切開し、挿入します。手術直後は若干のキズ痕が残りますが、時間がたてば自然に目立たなくなります。また医療用接着剤(※)を使用すれば、抜糸の必要もありません。

※ 医療用接着剤(ダーマボンド)とは、1999年にアメリカの旧厚生省が承認認可した医療用の生体接着剤。通常の縫合と同等の仕上がりが可能。

オッパイの大小に合わせた人工乳腺法 (バッグ挿入法)がある

豊胸術
大胸筋または乳腺の下に、人工的に作られたバッグ(人口乳腺)を挿入するもので、現在主流となっている豊胸術です。
世界的に使用可能な代表的な人工乳腺には、生理食塩水バッグ、CMCバッグ、コヒーシブシリコンバッグ、シリコンジェルバックなどがあり、バストの状態や要望に合わせて、バッグの種類を選びます。

以前、安全性に問題があるとして使用が禁止されたシリコンバッグも、FDA(米食品医薬品局)により、問題がないことが証明されました。また、バッグの挿入位置も「乳腺下」と「大胸筋下」の2通りあり、どちらも手術時間は約1時間、入院の必要はありません。

大胸筋下法(やせ形で胸が小さい方に)という豊胸術

大胸筋下法痩せていてバストが小さい方に向いています。 乳腺の下にある大胸筋の下にバッグを挿入する方法です。バストの乳腺や皮下脂肪が少なく、皮膚薄い人でもバッグの輪郭が出にくく、形や触った感じも乳腺下より仕上がりが自然です。

但し、大胸筋下法は垂れたバストの方にはあまり適しておりません。その様な場合は乳腺下法をお勧めします。ワキの下のシワに沿って約2~3cmの切開して筋肉の下に人工乳腺を挿入します。乳腺には触れることなく大胸筋下に直接挿入するため、出産や授乳には全く影響ありません。

胸が小さい人のバストのボリュームを出し、AカップをCカップまでサイズアップできます。また、左右の胸の大きさが違う場合は、バッグの大きさを調節してバランスをとることができます。

大胸筋下法メリット

傷跡は目立ちません

施術はワキの下のシワに沿って数センチ切開し行います。キズ跡はワキの下のシワと一致しますので、目立たなくなります。
また、豊胸術の傷口に最新の医療用接着剤を使用し、皮膚表面を縫い合わせることなく治療することができます。使用直後には、縫合した傷の1週間目と同等の強度が得られ、熟練のドクターが縫合したものと同等に仕上がります。また、施術2日後からシャワーが可能になり、抜糸の必要もなくなります。

施術中にバストの確認ができます

施術時には実際に患者様が鏡でサイズを確認することができます。「もう少し大きくしたい」「もう少し小さくしたい」等のご要望にもお答えできます。麻酔が効いていますので痛みはほとんど感じません。

施術後の妊娠や授乳に影響はありません

池田ゆう子クリニックで行う豊胸術には最新大胸筋下法と乳腺下法がありますが、どちらも乳腺組織を一切傷付けない方法ですので、施術後の妊娠や授乳への影響は心配いりません。

乳腺下法(ある程度胸が大きい方に)という豊胸術

乳腺下法大胸筋の上の乳腺下にバッグを挿入する方法です。ある程度バストにボリュームがあり、「もっと形を良くしたい」、「もっと大きくしたい」という方や出産、授乳後にしぼんで垂れてしまっている方に適しています。

ワキの下・乳輪・乳房のいずれかを2~3cm切開してプロテーゼを挿入します。乳腺下の場合は、大胸筋の下を剥離しない分、術後の痛みが少ないのが特徴です。筋肉の上にバッグがのっているので、柔らかさがダイレクトに伝わります。

豊胸術のメリット・デメリット

大胸筋下法と乳腺下法によるバッグ挿入メリット・デメリットのまとめ

価格が比較的安い

バッグ挿入はヒアルロン酸注入と比べると1回の手術費は高額ですが、長い期間で見れば安いともいえます。ヒアルロン酸注入は時間が経過すると自然に消滅して元のサイズに戻るので、定期的にヒアルロン酸を注入しないといけない。その点バッグ挿入は一度入れると定期的なメンテナンスが不要で一回だけの費用で済む。

大きなバストを作れる

ヒアルロン酸注入法では最大1~2カップが上限ですが、バッグ挿入法では体型的な限界はあるものの一度に3カップ以上のバストアップもできることが魅力です。

サイズ修正が可能

バッグ挿入後は、大きくしたり、小さくしたりと入れ替えも可能。またクリニックで受けた手術が不満の場合、他のクリニックでも修正できる。

デメリット

痛みが強い

脂肪注入、ヒアルロン酸注入と比較すると強い痛みがあります。脇の下を切開して行うので個人差はあるものの内出血を起こしたり、腫れることもあります。また、手術後の痛みも強く1週間程度は激痛が続くこともあります。

バッグが破損する

まれですがバッグが破損することがあります。下手なクリニックで受けた場合のトラブルがこれです。破損したら液体が体内にもれ体に炎症を起こすこともあります。術例の豊富なクリニックで受けましょう。

レントゲンで発覚

健康診断や何かの手術でレントゲン撮影した場合、バッグはレントゲンに写ります。 乳がん検診マンモグラフィの際にも申告が必要になります。
気にされない方は問題ないかと思いますが、もし「恥ずかしい」「ばれるのは嫌だ」と感じるのであれば、おすすめできる施術法ではありません。

アレルギー反応

体質的にアレルギー反応がある場合は事前に医師に相談しましょう。バッグの素材シリコンにアレルギー反応を起こす人もいるそうです。

後遺症

バッグ挿入法には挿入したバッグの周辺に被膜ができてしまう「カプセル拘縮」や、バストの皮膚にしわが生じる「リッピング」が起きる可能性があります。バッグ挿入は人工的に異物(シリコン)を入れて行う豊胸術なので、バストの皮膚にシワができる可能性もあります。

結局、理想的なバストを作るにはどうすれば..

脂肪注入法
値段・痛み・後遺症などのメリット・デメリットを感がえれた時に、おすすめできるのが脂肪注入だと池田ゆうこ先生はいわれます。

脂肪注入はご自分の脂肪を使うのでアレルギーも起こりません。バッグ挿入と違って、自然な仕上がりですが、上下・左右の揺れや触ってみても不自然はまったく感じません。

自分の体内にある脂肪を使うECM脂肪注入法

ECM注入法とは、脂肪吸引の技術を応用した再生医療です。
可能な限り生体に近い状態で脂肪組織の構成成分を注入し、生体内で脂肪組織を再形成させるので、安全性が高い豊胸術です。吸引した脂肪を少しでも有効活用したい人や人工乳腺などの異物を挿入することに抵抗を感じる人、腹部や下半身が太っているわりにバストが小さいと悩んでいる人などに適してます。また、切開をしないために傷跡も残らず、異物挿入による拒絶反応もほとんどありません。この注入法により、従来成し得なかった、自然で何の違和感もない乳房を形成することが、 初めて可能なりました。

痩身を希望する部分から吸引した脂肪を利用して、バストアップを行います。極細の管を吸引に用いて脂肪を確保、その後、状態のよい脂肪だけを選別します。これをバストの脂肪層に注入し、形を整えていきます。プロポーションバランスを整えたい、バッグ等を使用するのは抵抗がある、という方におすすめです。

脂肪注入法ヒップやお腹や太ももなどから吸引した脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態の良い脂肪を選んで注射器に移し替え、バストの脂肪層に少しずつ注入して形を整えていきます。

注入された脂肪は毛細血管に取り込まれ、この部分の組織として生着します。生着率は注入した脂肪の50%といわれていますが、個人差があるため、思うような結果を得られない場合もあります。局所麻酔と静脈麻酔を用いて行われます。抜糸などがあるため2回程度の通院が必要です。

脂肪注入法は気になる部分がスリムになるとともに、バストが大きくなるという、一石二鳥の手術といえます。全体的なシェイプアップと豊胸により、ボディラインを整えたいという人には、理想的な方法です。
また、脂肪注入法で用いるのはあくまで自分自身の脂肪なので、よりナチュラルなバストを手に入れることが可能です。

異物を挿入するバッグ挿入法に抵抗がある人、バストをややふっくらさせたいという人にもお勧めです。ただ、バストに注入できる脂肪の量には限度があります。可能な範囲は1カップアップほどですので、大きなバストを希望する場合は、他の方法の方が良いかもしれません。

ECM・乳腺下法における豊胸術のメリット
    1. 異物を用いない

自分自身の脂肪細胞を用いて豊胸を施すため、シリコンなどの異物は一切使用いたしません。

  1. 副作用が起きない
  2. 脂肪細胞本来の生存状態に近い形で注入するので、副作用が起きません。

  3. 入れた跡が凹凸にならない
  4. 脂肪細胞を均一・広範囲に分布させるので、入れた跡が凸凹になりません。

  5. 脂肪細胞の増加を促す
  6. 脂肪細胞への誘発を促す幹細胞、脂肪細胞前駆細胞、脂肪細胞基底膜を同時注入し、脂肪細胞の増加を促す。

  7. メスを一切入れない
  8. 細い注射針を使用し構成成分を注入するため、メスを一切入れない。

女性院長が貴女のお悩み伺います。

池田ゆう子クリニック院長へのご相談予約こちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。