摂食障害を治すための知識と方法について調べてみました

摂食障害は治る病気と言われています。
接触障害は、大きく分けると「拒食症」と「過食症」に分けられます。
一般的に、病的なやせがある人を「拒食症」、そうでない人を「過食症」と分類したうえで、 拒食症の中でも可食症状がある人は「むちゃ食い・排出型」、可食症状がない人は「制限型」に 分類されます。
本サイトは、摂食障害を治すために正しい治し方と知識についてまとめています。

摂食障害の理解と対応

摂食障害は、「拒食症」「過食症」などの総称ですが、発症は8歳~30歳ぐらいで、特に思春期に多く、 男女比は1対20と圧倒的に女性が多くなっています。
先進国に多く、子育て環境の変化による影響が強いとされます。 個人の病気と言うより、家庭の病気、社会の病気であり、決して本人や親を責めるべきものではありません。

治療は体と心の両面から行うことが大切

拒食症と過食症は、現れ方が違うものの、ステージが違うだけの同一の疾患と考えられます。 脳萎縮、骨粗しょう症、致死的不整脈等の合併症を起こすこともあります。
治療は、体と心理の両面が必要です。 拒食症でやせ状態が著しい場合(体重が30㎏以下)は、身体的治療が優先されます。
治るまでには、通常、早くても数年かかります。
本サイトは、心理的治療として、認知行動治療、行動制限療法、家族療法についてもまとめています。

https://www.life-total.jp/healthy/sessyokusyougai/chiryou/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。