知って得する尿漏れ知識

出産経験のある女性に多い尿失禁の原因と対策

尿失禁は、女性と高齢者に起こりやすい病気です。日本では大規模な疫学調査は行われていませんが、大阪大学の谷澤修教授が実施したアンケートによると、20代で23%30代で33% 40代で51%もの女性が尿失禁で悩んでいます。

尿失禁は、経産婦に限定するとこの数字はさらに高くなるため、出産経験のある女性は特に注意が必要でといえそうです。
しかし同じ調査では、尿失禁で治療を受けたことがある人はわずか6%。恥ずかしさが先にたってなかなか病院に足が向かない、痛みが伴わないので病気という意識が薄いなど、さまざまな理由が考えられます。しかし、尿失禁が気になって旅行や長時間の外出が出来ないなど、尿失禁は患者の生活の質に関わる病気です。

特に腹圧性尿失禁は、ほとんどの女性に起こります。その理由は、男女の体の構造の違いにありました。男性の尿道はほぼ20センチあり、膀胱の出口に前立腺があるため、尿を出しにくい構造になっています。

一方、女性の尿道はわずか3センチのまっすぐな管であり、膀胱の出口を囲んでいる筋肉は、出産や老化で緩みやすい性質。これが女性の漏れやすい構造を生んでいます。


骨盤筋の筋力低下が原因で、せきやくしゃみをした時に尿漏れがおこります。
尿失禁の改善で日常生活で骨盤底筋を強くするクッションが人気を集めています。

膀胱炎の原因と対策

膀胱炎とは、排便や性交のときなどに雑菌が尿道を通って膀胱内に入って起こるもの。女性は男性よりも尿道が短いために、尿道に最近が入り込むと、すぐに膀胱に到達します。

膀胱炎は、トイレを我慢していると細菌が流されないため、大腸菌をはじめとする細菌が膀胱の中で増え症状が悪化しやすくなります。膀胱が炎症を起こし、尿意を感じやすくなるためおこる「頻尿」のほかに、排尿時に痛みがある、尿が濁るなどの症状もあります。
この他、尿路結石・糖尿病・尿道炎などの病気、精神的な要因、また、排尿に作用を及ぼす薬の服用なども、尿のトラブルの原因となります。

尿失禁の改善方法

尿失禁は≪適量の水分を摂らなければ、他の病気を引き起こすこともあります。≫

水分を多く摂れば摂るほど、尿の量が増えるのは事実。しかし、極端に水分量を減らしてしまうことは、膀胱炎などの他の疾病を引き起こす可能性があります。

尿には体内の老廃物を排出させる大切な働きがあります。腎臓で作られた尿は膀胱に貯められます。個人差はありますが、3時間~4時間に1回、膀胱内に貯められた尿を全て排尿することで膀胱の中が洗い流され、雑菌の繁殖を防ぎ、無菌状態に保っているのです。

しかし、極度に水分量を減らした場合、尿の量が減ることで、汚い尿がそのまま膀胱内に蓄積され、雑菌を繁殖させる原因になります。特に女性の場合、男性と比べて尿道が短いため、膀胱に雑菌が入りやすく、膀胱炎になりやすいと言われています。体内の老廃物を排出するのに必要な尿の量は1 日最低700mL。それよりも尿量が減ってしまうことがないように、適切な水分補給を心がけましょう。

尿失禁の改善方法

≪尿失禁かなと思ったら、早期に専門医の診断を仰ぎましょう。
尿失禁が起きた場合、尿失禁のどのタイプかを見極め、膀胱機能の異常があるかどうか診断する必要があります。
尿失禁の症状を放置していると、悪くなることはあっても、よくなることはありません。
尿失禁は出来るだけ早期に、かかりつけの医師や泌尿器科専門医の診断を仰ぎましょう。
尿失禁のパッドやショーツなどは、尿の吸収量や素材でさまざまな種類のもんが市販されています。薬局で相談すればアドバイスも受けられるのだ、外出時などに利用するといいでしょう。生理用ナプキンで代用する女性の多いようですが、吸収量が少なく、かぶれの原因にもなるため、避けてほうが無難です。
腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁の治療として有効なのが、骨盤底筋訓練法です。
肛門や膣の収縮と弛緩を繰り返し、骨盤底筋を鍛える運動。
軽度の腹圧性尿失禁なら、30-40%はこの方法で症状がなくなります。
切迫性尿失禁の場合は、排尿を少しずつ我慢して排尿の間隔を延ばしていく膀胱訓練法も効果があります。

薬物療法では、尿道の筋肉を強める薬や、膀胱の収縮を抑える薬などが使われます。
また、外科的治療として、特殊なテープを使って尿道を支える尿道スプリング手術や、内視鏡で膀胱の出口にコラーゲンを注入するコラーゲン注入療法など、体への負担が少ない手術も出てきています。
尿失禁は治療すれば治る病気です。

早期治療で不快な症状に別れを告げましょう。

≪体を冷やす食べ物を多く食べないことをおすすめします≫

個人差はありますが、基本的に体を冷やす食べ物は頻尿、尿もれの症状を悪化させてしまう可能性があります。南方系の食べ物、夏野菜などは陰性食品と言われ、体を冷やす作用があると言われています。

南方系の食べ物で言えばグァバやスイカ、夏野菜で言えばキャベツやきゅうりなどがその例となります。利尿作用があるカリウムを多く含むものや、水分量が多いものは、オシッコの回数を増やす可能性があると言えるでしょう。

逆に、陽性の食品と言われる冬野菜や根菜は体を温める作用があると言われています。 

尿もれ原因は骨盤底筋

≪食事の改善と適度な運動が大切≫
腹圧性尿失禁を防ぐには、キーワードとなるのが骨盤底筋です。
骨盤底筋は、膀胱、子宮、膣、直腸など、骨盤のなかにある臓器を支えている筋肉です。

加齢や出産によってこの筋肉が弱くなると、膀胱の出口がお尻の方へ落ちて、尿が漏れやすくなります。これは、尿道過可動と呼ばれています。

もう一つ、膀胱の出口が安静時でも開いた状態になる内因性括約筋不全も腹圧性尿失禁の原因です。腹圧性尿失禁を防ぐ上で大敵は、肥満と便秘。これらも女性がなりやすい症状といえます。

,p>肥満の場合は脂肪が、便秘の場合はたまった便が、骨盤底筋に負担をかけたり、膀胱を圧迫して尿失禁をもたらします。また、切迫性尿失禁の場合は、コーヒー、お茶、アルコールなど、利尿作用があって、尿量を増やすものを取りすぎると、尿失禁を起こしやすくなります。

>>尿失禁は、生活習慣でも注意していけば予防できます。
肥満や便秘にならないよう、日ごろ食生活に気をつけることが大切です。
また、運動不足の人は、骨盤底筋が弱くなるため、適度な運動は必要です。

尿もれで悩む女性患者の年代別比率表

グラフでわかるように高齢になるにつれて、尿もれで悩む女性が増えています。

尿失禁

(大阪大学谷澤修教授の報告から引用)

ひとくちに尿失禁尿もれといってもいろんなタイプがあります。くしゃみや咳、大笑い、重い荷物をヨイショと持ちあげた瞬間など、急にお腹に力がかかったときに尿がもれてしまうタイプを「腹圧性尿失禁」といいいます。これは骨盤底筋がゆるんでしまっているために膀胱が下がり、尿道を締める力が弱いのが原因で出産を経験した女性に尿失禁は多くみられます。

女性の正常な身体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、膀胱と尿道を支えるハンモッグ状の組織を、骨盤底筋という筋肉がバランスよく操ることで尿道が締まり、尿がもれるのを防いでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。