出産経験のある女性に多い尿失禁の原因と対策

尿失禁は、女性と高齢者に起こりやすい病気です。日本では大規模な疫学調査は行われていませんが、大阪大学の谷澤修教授が実施したアンケートによると、20代で23%30代で33% 40代で51%もの女性が尿失禁で悩んでいます。

尿失禁は、経産婦に限定するとこの数字はさらに高くなるため、出産経験のある女性は特に注意が必要でといえそうです。
しかし同じ調査では、尿失禁で治療を受けたことがある人はわずか6%。恥ずかしさが先にたってなかなか病院に足が向かない、痛みが伴わないので病気という意識が薄いなど、さまざまな理由が考えられます。しかし、尿失禁が気になって旅行や長時間の外出が出来ないなど、尿失禁は患者の生活の質に関わる病気です。

特に腹圧性尿失禁は、ほとんどの女性に起こります。その理由は、男女の体の構造の違いにありました。男性の尿道はほぼ20センチあり、膀胱の出口に前立腺があるため、尿を出しにくい構造になっています。

一方、女性の尿道はわずか3センチのまっすぐな管であり、膀胱の出口を囲んでいる筋肉は、出産や老化で緩みやすい性質。これが女性の漏れやすい構造を生んでいます。


骨盤筋の筋力低下が原因で、せきやくしゃみをした時に尿漏れがおこります。
尿失禁の改善で日常生活で骨盤底筋を強くするクッションが人気を集めています。

膀胱炎の原因と対策

膀胱炎とは、排便や性交のときなどに雑菌が尿道を通って膀胱内に入って起こるもの。女性は男性よりも尿道が短いために、尿道に最近が入り込むと、すぐに膀胱に到達します。

膀胱炎は、トイレを我慢していると細菌が流されないため、大腸菌をはじめとする細菌が膀胱の中で増え症状が悪化しやすくなります。膀胱が炎症を起こし、尿意を感じやすくなるためおこる「頻尿」のほかに、排尿時に痛みがある、尿が濁るなどの症状もあります。
この他、尿路結石・糖尿病・尿道炎などの病気、精神的な要因、また、排尿に作用を及ぼす薬の服用なども、尿のトラブルの原因となります。

https://www.life-total.jp/healthy/nyoumore-genin/wc/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。