花粉症体質にならないアレルギーと免疫の仕組みなど調べてみました。

花粉症と言うのはスギやヒノキ等の花粉によって引き起こされるアレルギー性疾患の事を指しています。

花粉が目の粘膜や鼻の粘膜に付着する事でアレルギー症状が出てしまいます。

花粉症はアレルギーです花粉が鼻から体内に吸い込まれてしまうと花粉からアレルギーの原因物質である抗原と言うのが溶け出してしまいます。
抗原は体内では異物とみなされますので戦う為に抗体と言うのが体内で作り出されます。

抗体が抗原を攻撃する際、ヒスタミンを初め、いくつかの攻撃物質を出して抗原を攻撃します。そして身体から抗原を排出しようとするのですが、このヒスタミン等の攻撃物質が神経を刺激してしまう事があり、それが炎症として出て来てしまうのです。

その炎症がくしゃみ、鼻水、目の痒みと言った症状です。

昔はアレルギーを起こす物質自体が花粉の中に入っていると医学的に考えられていましたが、近年新たな考え方になってきて外側の膜の表面部分に多くのアレルギー物質が有る事が分かってきました。
このような仕組みによって花粉症の症状が現れる事が分かっています。

花粉症はアレルギー性疾患の一つだと言われていて、アトピー性皮膚炎、喘息と同じ分類に区分けされます。
アレルギー症状を引き起こしている原因となっている物質・アレルゲン(抗原)には色々有りますが花粉症の場合はスギやヒノキやブタクサの様な植物の花粉が原因です。

花粉は粘膜が有る場所、目や鼻になりますがそこから入り込みやすくなっている為、粘膜が有る目や鼻に集中して花粉症の症状が出やすくなるのです。

誰もがアレルゲンを作れるとは限らない?

人の身体は良く出来ていて外部から入ってきたアレルゲンを体内で抗体を作って守ろうと抵抗をします。花粉症の場合、抗体は「IgE抗体」と言う名前の抗体になるそうです。

誰もが平等にIgE抗体が体内で作られる訳ではありません。個人差が有るのです。
抗体が作られやすい体質がアレルギー体質と言う事になるみたいで、抗体が作られにくい体質は外部からの異物に対して過剰反応しない為、アレルギー症状が出ないのです。

こうした抗体は花粉症以外にもアレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎等とも関わりがあります。
毎年、花粉予報が発表されてその年の花粉飛散量の目安が出ます。
花粉予報を見て対策を練るなどしましょう。

アレルギーと免疫のしくみ

毎年春が近付いてくると悩みの種が花粉症だと思います。花粉予報を見て「今年は去年の○倍」と言う花粉予報が立てられてガッカリした事はないでしょうか。

アレルギーと免疫のしくみ花粉症と言うのは身体に現れるアレルギー反応の1つになります。
また身体には身体の健康を守る為に「免疫」と言うのが備わっています。
この「アレルギー」と「免疫」ですが実は仕組みは一緒だって知っていましたか?

身体は体内に入ってこようとする異物を外へ追い出そうと言う仕組みが備わっています体外から侵入してきたアレルゲン(抗原)を体内で抗体を作り守ろうとします。
この抗体をIgE抗体と言います。

数年間続いていって抗体もどんどん体内に蓄積していきます。

そして抗体の量が一定以上になったとき、アレルゲンが入ってきたら抵抗せずに違う反応をしてしまうのです。

この違う反応が身体にとって良い反応である場合は「免疫」と良い、悪い反応の場合は「アレルギー」となるのです。
免疫は人間が病気にならない様に身体を守ってくれるものになります。

花粉は一見無害です。その花粉に過剰に反応してしまう事で嫌な症状が現れてしまうのがアレルギーなのです。

昔は人間の身体にも寄生虫がいました。これを免疫機能で排除していたのですが、今は寄生虫がほとんどいない為か、免疫機能が発せられる機会を失い、無害な花粉に対して反応を起こす様になったのではないかと言われています。
ですから免疫とアレルギーは機能的には同じなのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。