白髪・抜け毛

ホントに白髪・抜け毛予防はできるのか?調べました

白髪や抜け毛は、ストレスが原因のものを除くと、年齢を重ねると現れる老化現象のひとつです。なので、誰にでも起こることだから、深刻に悩まずに白髪や抜け毛に向き合っていきましょう。でも日常のケアによっては遅らせたり、予防することができることもわかっています。そこで誰でもできる予防法を紹介します。

加齢やストレスからくるものと素直に受け止める

漢方では髪の毛のことを「血余」(血液の余り)と呼ぶくらいですから、毛髪のトラブルには体内の血液の状態がかかわっていると考えられます。
つまり、血液の流れが悪くなることで、血液による毛髪への栄養供給が滞ってしまうことが、白髪や抜け毛の要因なのです。

また、毛髪など頭部の状態は下半身の状態に比例するとされています。
そのため、下半身の生命力が弱っていると、白髪や抜け毛なども引き起こされやすくなります。
下半身の血流を促すことや、筋肉を維持・強化することが、白髪や抜け毛の予防につながるのです。

和食中心の食事で黒いものをたくさん食べる

血液が毛髪まで栄養分を運搬できるよう、食べ過ぎは避けて、食事は腹6~8分目を目安にしましょう。
また、血液の流れを悪くする高たんぱく・高脂肪の欧米食を控えて、和食中心の食生活を心かけましょう。

とくに色白の人は、早く白髪になる傾向にあります。昆布やわかめなどの海藻類、ドライプルーン、赤ワイン、黒豆、黒ごま、のり、小豆、黒米、黒砂糖などの黒い食べ物をしっかり摂ることが予防に効果的です。

また、半身浴で汗をかくのもおすすめです。
みぞおちから下を38~40度のお湯につけて、20~30分かけてゆっくり体を温めましょう。
女性ホルモンを産生する卵巣、副腎などの臓器がある下半身の血行を促すことで、若返りの効果が期待できます。

また、まだ40代にもかかわらず白髪のある若白髪の人は、体の芯が冷えている可能性があります。
筋トレで下半身の筋肉を強化したり、ウォーキングなどで体を温めることが大切です。

白髪染めを使うと白髪が増えるって本当?

「白髪染めを使うと白髪が増える」と言われていますが、これは根拠のないデマのようなものですね。
というのも、白髪染めの影響で白髪になっているのか、白髪が自然と生えているのかというのは証明のしようがないからです。

そもそも、白髪が増え始める⇒白髪が気になりはじめる⇒白髪染めをする、という順番ですので、白髪染めをするのは白髪が増えている時期ですので、一概に白髪染めが原因で白髪が増えたとはいえないわけです。
「白髪を抜くと増える」というのもありますが、あれも同じような感じで根拠などはないので安心してください。

白髪染めによっては髪が薄くなることもある

ただし、気をつけたいのが白髪染めによっては髪が薄くなることもあるということです。できるだけ安全なものを使うほうがいいでしょう。無添加のものだと頭皮を傷つける心配もないので、安全に使うことができます。

例えば、白髪染めで定番のルプルプでは、地肌を保護するガゴメ昆布の成分が含まれているので染めている時も頭皮がダメージを負うことはありません。
最近の自然派白髪染めはトリートメントの効果もあるので、美容室で染めるよりも髪を傷めずに染めることができます。

「市販の白髪染めは上手く染まらない」という口コミをありますが、私の経験では乾いた髪にたくさん塗って30分放置すると綺麗に染め上げることができますよ^^
≫市販でおすすめの白髪染めルプルプが評判ですよ

/usuge-and-grayhair/siraga/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。