仲人をお願いする手順と両家の役割とマナー

仲人の人選はどのようにするのか?仲人をお願いする手順や両家の役割とマナーについてとめています。

仲人は家庭円満な年上のご夫婦に依頼する

仲人最近は仲人なしの結納を行う人の数が圧倒的に多いようですが、婚約・結納時から仲人を立てるなら、婚約・結納の準備は仲人をきめることから始まります。

結納そのものは挙式6~3ヶ月前までには決めたいもの。

仲人は「こういう人にお願いしなくてはいけない」という決まりはなく、また基準や資格といったものもありません。
新郎か新婦のいずれかをよく知っていて、ふたりのことを理解してくれる、家庭円満で信頼できるとし家のご夫婦であればいいでしょう。

仲人は結納時だけにお願いするのか、挙式・披露宴までお願いするのかも頭に入れて選ぶようにします。

仲人はこんな人に依頼します

  • 家庭円満な年上のご夫婦
  • ふたりのことをよく理解してくれる人
  • 信頼のおける人
  • 親身になって相談にのってくれる人
  • 結婚後も長くおつきあいのできそうな人

具体的には

  • 職場の上司や先輩
  • 学校の恩師や先輩
  • 両親の知人
  • 近所の年長者
  • 親戚に依頼する場合も

仲人と媒酌人の違い

仲人は、挙式・披露宴の時には、正式には媒酌人と呼ばれます。
ただし、そう呼ばれるのは挙式・披露宴のときだけです。

仲人は男性側の知人が基本?

男性側の知人に依頼することが多いようですが、女性側の知人を選んでも、まったく問題はありません。
親身になって相談にのってくれ、結婚後もながくおつきあいできそうな人にお願いすることが重要です。
双方の両親の意向も、できれば大切にしたいところです。

結納時に仲人を立てるべき?

最近では、結納時だけでなく、挙式・披露宴時も含めて仲人を立てるカップルの割合が急激に減っています。
仲人をたてると、結納も簡単にすませられなくなることや、仲人を会社の上司や恩師などに依頼する人が増え、休日に出向いていただくのはかえって申し訳ない、気をつかうので疲れる、といった考えが広まったのが理由のようです。

仲人の依頼とあいさつ

二人で誠意をもってお願いします

仲人それぞれの身上書を持参すると、ふたりのことを理解してもらううえで役に立ちます。

話のおもな部分は男性にまかせ、女性は控えめにするのがポイントです。

後日、もう一度正式にあいさつにうかがうときは、「先日は快くお引き受けいただき、ありがとうございます。
当日は、よろしくお願い申し上げます」といったことばで、ていねいに依頼しましょう。

結納の仲人のみ依頼して、挙式・披露宴当日の媒酌人は別な人にお願いするならば「当日の媒酌人は会社の上司にお願いするようになると思いますが、日頃お世話になって○○さんにどうしても仲人をお願いしたくて」といった失礼のない表現で、あらかじめことわっておくことも大切です。

アッシャーとブライドメイドを立てる?

昔は「結婚式に絶対必要なのは仲人と金屏風」といわれたそうですが、最近はどちらも少なくなりました。
媒酌人のかわりに欧米風にアッシャーとブライドメイドを立てる人もいます。

これは簡単にいえば新郎新婦の世話をする人で、未婚の兄弟姉妹や友人2~6人程度にお願いします。
アッシャーとブライドメイドはおそろいの服を着るのが基本で、専用のものを扱うドレスショップもあります。

これらのスタッフのなかで、新郎新婦の介添えをし、媒酌人とほぼ同様の役割をこなす人のことは新郎側の介添え人をベストマン、新婦側をメイド・オブ・オーナーと呼びます。

媒酌人へのお礼

媒酌人へは、お世話になったお礼として現金をお渡しします。
祝儀しかし現金だけを渡すのは失礼ですから、何か気のきいた品物に現金を添える形にします。

一般的には、挙式の翌日にどちらかの両親か両家の連名で先方へ持参するか、新婚旅行後すぐに(挙式の後に旅行に出た場合)本人たちが旅行の報告を兼ね、おみやげと一緒に新郎新婦の連名で持参します。
最近は新郎新婦自身が持参するケースが多いようです。

媒酌人を依頼する場合、かつては両親の係累の町の名士といったケースが多かったのですが、最近では新郎新婦のお世話になった人というパターンがほとんどですので、状況に合わせて、謝礼を持参する人や袋の表書きの名前も変わります。

謝礼は金銀または、紅白の結び切りの水引のかかった金包に「寿」か「御礼」の表書きをして渡します。
媒酌人夫妻が遠方に住んでいる場合や、自宅にあまり人を招きたがらない場合などは、挙式当日に渡してもかまいません。

世話役へのお礼

媒酌人だけでなく、いろいろお世話になった人たちにもお礼を渡します。
祝儀こちらは、謝礼でなくご祝儀という形にします。

ご祝儀は新札で渡すのが常識ですから、早めに用意しておきましょう。

ご祝儀の金額について
なるべく、お札の枚数が奇数になるよう(2つに分かれない)用意します。
2000円札の登場で2000円のご祝儀も用意しやすくなりました。
3000円のご祝儀のときは、なるべく1000円札3枚で用意しましょう。

披露宴で食事が摂れない方には
司会者、カメラマン、ピアノ演奏の方などは披露宴中に食事を摂ることができません。
その前に食事を用意するか、食事代2000円程度を包んで渡しましょう

https://www.life-total.jp/marriage/omiai-yuinou/endan/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。