Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
結婚式の準備から当日までの手順とマナー

結婚式の種類・内容・費用など

結婚式の種類

結婚式の種類

人前結婚式の形式や費用

ふたりの結婚の誓いを神や仏に立てるのでなく、日頃お世話になったり、親しくつきあったりしている人に立てるのが、人前結婚式です。

特に決まった形式があるわけではなく、ふたりのやりかたで行なうことができます。
新しいスタイルながら、近年急増している人気の式です。

人前式の、列席者全員が結婚の証人になるという基本的な考えかたが、友人や知人など人とのつながりを重視する近年のカップルに支持されたのはもちろん、神前式や教会式より挙式料が安い(人前式ならば無料という式場もある)、人気のレストランや一軒家でのウエディングなどでも挙式が可能で場所を選ばない(神殿や祭壇が必要ない)、媒酌人を立てなくてもまったく不自然でない、といった自由さが、人気の理由となっているようです。

媒酌人を立てないケースがほとんどですが、ふたりの結婚を見届ける証人(列席者の代表)を設けて立会人となってもらうことが多いようです。
人前式では、式の最中に婚姻届に署名捺印をすることが多いので、届けの証人の欄に、立会人が署名捺印するわけです。
役所の近くで式を行ない、署名捺印がすみ次第、代理人が婚姻届を役所に提出し、式が終わるまでに「婚姻届受理証明書」を発行してもらって戻るという粋な演出を行なうカップルもあります。

決まった形式がないからこそ、くだけすぎないように気をつけます。
厳かな儀式にふさわしい雰囲気を、結婚の近いの部分までは維持したいものです。
後半、多少カジュアルにするのはかまわないでしょうが、双方の両親の意向を聞くことも忘れずに。

人前式の挙式費用はどれくらい?

人前式はもっとも安い金額で行なえる結婚式のスタイルであるといえます。
レストランや式場、ホテルなどで行なう人前式の場合、挙式料は無料というところから、会場(ガーデンやロビー)使用料として10万円前後かかるところまでいろいろあります。
しかしたいていの場合、人前式は神前式や教会式よりも低い価格設定になっています。

海外挙式の形式や費用

海外の結婚式は意外とお得です
一般的な海外挙式のパック料金には、教会使用料(教会への献金)、牧師やオルガン伴奏者への謝礼、専門車(リムジンなど)での送迎料金、ブーケとブートニア、記念撮影代、結婚証明書代(法的な効力はない)、コーディネート料などが含まれます。

貸衣装やヘアメイク、ビデオ、記念撮影以外の写真撮影などは特別料金のことが多いようですが、それでも全部トータルで10~40万円程度ですむのがふつうです(渡航先の物価・人件費や挙式の場所、内容などによって異なる)。
渡航費を含めても、国内での結婚式より割安感があります。

近頃海外に家族や親族、親しい友人などが同行し、挙式に列席するケースもふえています。

海外挙式専門のプロデュース会社に相談

海外での挙式というと、多少不安があるのは当然です。
しかし専門のプロデュース会社に相談すれば、まず心配はありません。
なかには海外の各拠点に直営の支店を持つプロデュース会社もあり、そのようなところは日本人スタッフが常駐しているので、渡航してからも安心です。

衣装も海外の支店で選べるので、結婚指輪だけ持参すればすみ、気楽です。
海外で気に入ったドレスが見つけられないかも・・・と心配ならば日本で衣装を選ぶことも可能ですし、日本から衣装を持ち込むこともできます。
プロデュース会社で相談してみましょう。

神前結婚式の形式や費用

以前は日本でもっとも多く選ばれていた挙式スタイルである神前式ですが、近年、このスタイルを選ぶカップルの割合は急激に減り、今では全体の2割前後となっています。

神前結婚式は、大正天皇の結婚式にならって始められた伝統的なスタイルで、神の前で三三九度の杯を交わして結婚を誓います。
このお酒は、口をつける真似だけで、飲まなくてもかまいません。

本来は神社で行なうものですが、式場にしつらえた神殿や祭壇で行なうことも多いようです。式場によって手順や内容に多少の違いがありますので、係の人の指示や説明に従うようにします。

神前式には、親族のみしか列席できないということがよくいわれますが、最近は会場の後方に、親族とは別の椅子を用意して列席できる人数を増やしているところも多く、仲のいい友人などを呼べるケースが増えています。
列席可能な人数を式場に確認しておくといいでしょう。

仏前結婚式の形式や費用

仏前結婚式仏や先祖の加護に感謝し、本尊の前で夫婦の誓いを交わすのが仏前結婚式です。
最近は、仏前式を行なうカップルは、全体の1%くらいといわれています。

式は両家のいずれかにゆかりの寺院か、自宅で行ないます。
ホテルや式場によっては、仏前式を行なえるところもありますが、取り扱っていないところも多いので、事前に確認をしましょう。

まずは自分たちの宗派の寺院(菩提寺など)に相談してみましょう。
両家の宗派が異なっている場合は、どちらの宗派に合わせるかも相談します。
一般的には男性側の宗派に合わせますが、信仰心の強い親族のいる場合は、宗派の異なる式へは出席を固辞されたり、結婚そのものに反対されたりするケースもあります。
ホテルや式場などでは、とくに「○○宗のスタイル」というものはとらず、広く一般的な仏前式のスタイルをとってはいますが、心配な場合は事前に式の進行や形態などを調べておきましょう。

仏前式で指輪の交換は行なえる?

「縁談」という言葉が仏教用語の「因縁」に由来するように、仏前式は神前式同様、日本の伝統的な挙式スタイルです。
しかし、仏前式のスタイルも時代に合わせて少しずつ変化し、本来は行なっていなかった指輪の交換をしたり、新郎新婦の希望に合わせて洋装での挙式も行なったりできるようになりました。
希望すればほとんどの場合、念珠(数珠)授与のあとに、指輪の交換を行なうことができます。

教会結婚式の形式と費用

キリスト教結婚式は、いまやもっともポピュラーな結婚式の形態となっています。
教会式を選ぶ人は全体の6~7割といわれていますが、そこに海外挙式(海外ではほとんどが教会式なので)をプラスすると、7割以上の人が教会式のスタイルを選んでいることになります。

教会での挙式は、新郎新婦のどちらかがキリスト教信者であることが原則条件となりますが、ふたりで勉強会などに参加すれば、式を挙げてくれる教会もあります。
その際は、あくまでも布教活動の一環として式を挙げてくれることを忘れないようにします。

チャペルを設けているホテルや式場ならば、そこで教会式を挙げることができます。
最近の教会式の人気に伴い、独立型のチャペル(館内ではなく、敷地内の別の場所に一軒の教会を建てる)を併設したホテルや式場も増えています。

教会式は、教会やチャペルの収容人数に合わせて、友人や知人にも列席してもらうことができます。

バージンロードとは?

聖壇へと続く通路がバージンロードと呼ばれています。
バージンロードは、新婦が歩む神聖な道ですから、参列者は入場の際にそこを踏まないように気をつけなければなりません。

結婚式場の選び方

挙式・披露宴のイメージがふたりの間である程度固まったら、条件に応じていくつかの候補を探します。

結婚式場探しは専門家に依頼するのもあり

プロポーズも終わり、いよいよ結婚式場を決めるぞ!となっても、意外と仕事が忙しくてお互いの予定が合わない・休みが取れないという理由で「結婚式場見学に行く暇がない・・・」という方は多いです。
一人でブライダルフェアに参加するのもいいですが、何だかさみしかったり、行きづらい雰囲気ってありますよね。

そこでおすすめなのが「無料相談デスク」。
「無料相談デスク」ではプロのアドバイザーに結婚式場の希望を伝えるだけで、面倒な見学予約の手配を代わりにやってもらうことができます。

ネットや雑誌から一つずつ情報を集めて結婚式場を探すのもいいですが、忙しいとなかなか時間も取れませんので、アドバイザーに代わりに探してもらうことでより満足のいく結婚式を挙げることができます。

無料相談デスクの3つのメリット
  1. 面倒な見学予約の手配を一括で行ってもらえる
  2. 結婚式場の最新の空き状況をその場で確認できる
  3. 二人にピッタリな結婚式場をアドバイザーが紹介してくれる

希望の式場の絞込み

たくさんの式場のなかからいくつかの候補をしぼり込む作業には、当サイトでも紹介しているブライダルフェアや式場見学会が便利です。
またプロデュース会社を利用する方法もありますが、料理の試食やウエディングドレスの試着、披露宴の雰囲気など実感できるのはブライダルフェアや式場見学会がおすすめです。。

お目当ての会場をピックアップしたら、電話をしてパンフレットなどを取り寄せて研究・検討をします。
インターネットを使って、その会場が開設しているホームページをのぞく方法もあります。

この段階で、挙式スタイルや予算、招待客の人数、希望の日取り、料理の内容などをふたりの間でだいたい決めておきます。

会場の下見

内容が気に入ったら、必ず実際に現地を訪れましょう。
写真と実物とは、かなり違うものです。
また、従業員の応対や心配り、料理の味、会場全体の雰囲気など、実際に出かけてみないとわからないことも多いものです。
パンフレットやホームページではわからない部分を、しっかりチェックしましょう。
必要ならば会場に予約をして下見したり、ブライダル・フェアに出かけたりします。
めんどうがらずに、最低でも3~4ヶ所は下見に訪れることをおすすめします。

結婚式の下見というと、先方の愛想がいいのは当然です。
あくまで一般の客としての視線で見ることも大切です。

宴会場は、セッティングした状態と、ガランとした状態とでは、見た目がまるで違います。
できれば披露宴前のセッティングした状態を見せてもらえるよう依頼します。
ブライダル・フェアをのぞくか、自分たちが使いたいと思っている宴会場を、午後からの披露宴のセットがすんだ状態で(午前中に)見せてもらうのがベストです。
そのときには、招待客何人分のセッティングがなされているのかもきいてみましょう。
新郎新婦の控室や親族控室はもちろん、メイク室やトイレなど、気になるところは全部見るくらいの気持ちで出かけます。

できれば、その会場を利用した人の話も聞きたいところです。大安吉日の休日を選んで見に行けば、ロビーや喫茶室には、招待客があふれています。ピークの状態での式場側の対応や、披露宴後の招待客の会話なども、参考にしてみてはどうでしょう。

式場の仮予約

気に入った式場が見つかったけれども、もう少し検討したいというときには、仮予約のシステムを利用します。

仮予約の有効期間は、会場によって多少異なりますが、通常は1週間です。
この間は、特別な予約金など支払わずに、無料で希望の日取りの式場や披露宴会場をキープしておくことができる制度です。

仮予約の期間中に、会場側に細かい見積もりを出してもらったり、内容について詳細な説明を受けたりして、最終的な検討を行ないます。

予算の相談と内容の検討

下見の際(または仮予約時)、式場では見積もりを立ててくれます。
予算は最終的にオーバーすることがほとんどですから、最初のうちは予算を少なめに申告して、見積もりを立ててもらうようにします。

会場で係りの人にあれこれすすめられ、ふたりの夢もふくらんで、つい予算を大きくオーバーしてしまうこともあります。
本予約の前には、あとで内容の変更が可能かどうか、確認することも大切です。
料理の内容や招待客の人数、衣装などの変更を、変更料なしで行なえるかどうかは、じつはとても大切なことです。

「パックで80名で200万円です。全部付いていますから安心ですよ」といわれることもありますが、どのようなときでも詳しい内容を納得のいくまで確認しましょう。

パック料金はきちんと確認したり、相見積もりを取る

意外と太っ腹になっている状態なので、パック料金などを大目にみてはいけません。冷静な目で落ちついてチェックしましょう。他の結婚式場の相見積もりを取って比較するのも大切なことです。

どれがパックに含まれていて、どれがオプションのメニューで、オプションはいくらなのか。
パックに含まれているのは料理や装花はどのようなグレードのものか。
お金をプラスすれば料理や装花のグレードアップは可能なのか。
衣装はどれくらいの点数のなかから選べるか。
気に入ったものがなければ持ち込めるかなど、確認すべき事項はたくさんあります。
情報誌や本などでチェック項目を調べ、一覧表にして持っていくと安心です。

予算について相談するときには、両家(ふたり)の費用の分担についても話し合っておきましょう。

第三者に意見を聞く

もちろんふたりだけで会場を決めてもかまわないのですが、できれば双方の両親の意見を聞くようにします。

細かい心配りが必要な挙式・披露宴に関しては、人生経験を積んだ両親の意見が参考になることも多いものです。
すでに結婚した友人のアドバイスなども、思いがけず役に立つものです。

式場と実家が近ければ、両親に下見に同行してもらうといいでしょう。
遠方の場合も、パンフレットなどを送って意見をきくようにすると、両親に疎外感を抱かせずにすみます。

本予約・契約

気に入った式場が見つかったら、本予約(正式予約)をします。
これには予約金が必要で、会場によっては5~30万円程度を納めるのがふつうです。
このときに、キャンセル料も確認しておきます。

キャンセル料は会場によって違いますが、一般的には6ヶ月前まではなし、3ヶ月前くらいまでが半額程度、それ以降は全額近くというのが目安です。

ブライダルフェア

結婚式費用の内訳

結婚のお金の中でも最大の出費といえるのが結婚式費用です。
ふたりのためにかかる費用では、衣装関連の出費などが大きく、招待客のためにかかる費用は食事代がダントツです。

挙式料

挙式料は結婚式の種類や内容によって違ってきます。なかでもキリスト教式は神父さんや聖歌隊など関わる人が多く費用も高めです。また装花など付属品の費用などかかり演出には別途料金が請求されます。

【結婚式スタイル別平均予算】

・キリスト教式:平均予算17万4000円
・神前結婚式:平均予算10万円8000円
・人前結婚式:平均予算12万9000円

料理・飲み物代金

幅広い年齢層が楽しめる和洋折衷料理が人気です。料理の食材の質やヒ品数によって値段は違ってきます。
フランス料理はやや高めでですが、招待客に年配者が多い場合は、フランス料理に馴れていないために戸惑う人も多くあまりオススメできません。

料理の予算としては1人当たり平均:1万4800円

写真やビデオ代

写真は枚数やアルバムの冊数など、ビデオは録画時間や編集内容で金額が変ります。
また、アルバムかCD,DVDなどの納品形態でも相違があります。

・スナップ写真:平均20万円4000円
・ビデオ撮影:平均10万3000円

衣装代

衣装は、こだわる人が多いだけに、ショップ側でも色々なパックプランを用意して期待に応えようとしています。
一定の金額で数着ずつレンタルできるショップもあります。

・新婦衣装の平均:39万8000円
・新郎衣装の平均:13万9000円

各衣装の平均予算
  • ウェディングドレス:19万7000円
  • カラードレス:17万9000円
  • 白無垢:12万9000円
  • 色打ち掛け:20万1000円
  • タキシード:10万2000円
  • 紋服:7万8000円

装花

会場を華やかに彩るアイテムでカップルがこだわるのが装花です。結婚式用の花は事前の管理に気を使うので価格も高めです。季節の花を選ぶようにすれば予算も抑えることができます。

・装花の平均予算は13万7000円

招待状などのペーパ^アイテム

招待状や席次表などふたりで作るか、プロに依頼するかで費用が大きく変ります。パソ
コンが得意な人は自分で企画してユニークな作品を作ってもいいでしょう。手作りの温もりも喜ばれます。

  • 招待状をプロに依頼した平均予算は315円(1人当たり)
  • 席次表をプロに依頼した平均予算は349円(1人当たり)
  • 席札をプロに依頼した平均予算は154円(1人当たり)

会場内の演出料

会場内を盛り上げるのが演出。太鼓や花火などのように大がかりで高額なものまで色々あります。

  • キャンドルを使った演出:平均3万~5万円
  • 映像を使った演出:平均3万~10万円
  • 生演奏を使った演出:平均3万~10万円

美容・エステの平均予算

美容の予算は、一回あたりの技術料をお願いしたい回数分だけ掛算すればだいたいの予算は計算できます。
最近流行の、エステサロンなら顔だけか全身かでも技術料が違ってきますので、資料を請求したりして、予め確認しておきたい。

  • ブライダルエステ:平均7万3000円
  • ヘアメイク:平均10万円1000円
  • ネイル:平均2万円

ブーケの予算は?

ブーケの素材は、造花、生花、プリザーブドの3種類があります。
ドレスとセットでレンタルできる造花はお得です。生花やプリザードブは加工の手間やデザインで1個3万円以上になることもあります。

挙式の演出費用は?

挙式演出にかかる費用は、挙式料に含まれるのが一般的です。
憧れのフラワーシャワーもできる会場とできない会場があり、できる会場では別途料金を請求されることもあります。

  • フラワーシャワー代:平均1万円
  • バルーンリリース代:平均2~3万円
  • 聖歌隊:平均3万円
  • 巫女の舞:平均5万円

結婚式の祝儀相場

結婚式をあ前にして、結婚資金が不安になる人も少なくありませんね。
結婚は人生の中でも一番おめでたいもの、だから周囲の人からも歓迎されるのは当たり前。
お祝いする方も「ただおめでとう」では済まされない、そこにご祝儀というものがついてくる。
そんな頼りになるお金が3種類もあるから結婚資金で悩む前にぜひ一読!!

ご祝儀の平均総額273万円

表記のご祝儀は招待客100人の場合を算出していますが、ゲストの人数が増えるごとに祝儀も増えるから、出費が増えても、お二人の負担額は減る算段ができます。

招待客別にご祝儀の平均を見てみましょう。
20代のゲストのご祝儀相場
  • 友人・知人、会社の同僚の場合の相場
  • 1位 30,000円 94%
    2位 20,000円 3%
    3位 10,000円 3%

    兄弟・姉妹などの親族の場合の相場

    1位 50,000円 64%
    2位 30,000円 14%
    3位 100,000円 4%

    30代のゲストのご祝儀相場

  • 友人・知人、会社の同僚の場合の相場
  • 1位 30,000円 95%
    2位 20,000円 2%
    3位 10,000円 1%

  • 兄弟・姉妹などの親族の場合の相場
  • 1位 50,000円 65%
    2位 30,000円 13%
    3位 100,000円 4%

    40代50代のゲストのご祝儀相場

  • 友人・知人、会社の同僚の場合の相場
  • 1位 30,000円 92%
    2位 10,000円 8%

  • 兄弟・姉妹などの親族の場合の相場
  • 1位 50,000円 77%
    2位 100,000円 11%
    3位 30,000円 11%
    ※みんなのウェディングHPより参照

    ご祝儀の総額は、一人あたりのご祝儀相場27000円×招待客人数で予測が可能。
    招待客の中で、親族が多ければこれより多めに、逆に友人が多ければこれより少なめになります。

    ふたりの貯蓄額は?

    結婚資金は二人で貯蓄したお金がいちばん頼りになります。女性の平均貯蓄額は163万4000円、男性の場合は178万1000円で、平均総額285万円6000円

    ゼクシィの調査によると
    ・結婚資金として貯蓄していた人が、72.1%
    ・貯蓄していなかった人が27.1%

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

    副業で月5万円稼ぐ
    あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

    こんな人におすすめ!

    1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
    2. 休日は充実した時間を過ごしたい
    3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
    4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
    5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

    スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。