Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
結婚式の準備から当日までの手順とマナー

挙式当日の一日の流れ・来賓へのマナー

挙式当日の準備と流れ

いよいよ当日の朝を迎えます、流れを確認しておきましょう

朝食は必ず食べる

なるべく充分な睡眠をとって、結婚式当日はすがすがしい気分で朝を迎えましょう。

朝食は、必ず摂るようにします。
式がスタートしてしまうと、披露宴が終わるまで、ゆっくり食べ物を口にする機会はありません。
緊張していたり、胸がいっぱいだったりで、食が進まないこともあるでしょうが、何か口にするように心がけます。
ただし、水分はあまり摂らないように気をつけます。
それも無理なば、何も口にできなくても、嫁ぐ日の朝なのですから、家族と一緒に食卓を囲むようにするといいでしょう。

食事がすんだら、まだ家族へのあいさつをすませていない場合は、感謝のあいさつをします。
手紙を用意しておいてもいいでしょう。

念のために持ち物をもう一度チェックしましょう

式場入りは早めに

新婦は着付けやヘアメイクに時間がかかるので、挙式の3時間くらい前には式場に到着するようにします。
新郎も1~2時間前には到着するようにしましょう。
詳しいタイムスケジュールは、式場の担当者と打ち合わせておきます。

式場へ向かうときはメイクを控え、化粧水と乳液で肌を整える程度にしておきます。
ヘアメイクの打ち合わせで指示があった場合は、その通りに仕上げておきます。

会場では、司会者媒酌人夫妻がすでに到着していればきちんとあいさつし、最終的な打ち合わせをします。
ただし、新婦は忙しいので、細かいことは新郎にまかせておいたほうが安心です。
祝電なども、手の空いたときに新郎がチェックしておきます。

新婦は、美容師や着付けの担当者、介添人に自分の名前を告げ、あいさつをして指示に従います。
このときに祝儀を渡すこともありますが、ご祝儀を式の前後、どちらかで渡すかは地域の習慣もあるので、調べて決めておきましょう。

メイクや着付けが始まると、花嫁は動き回ることができませんので、母親あるいは姉妹などに、身の回りの世話をしてもらうようになります。

列席の親族にお礼のあいさつ

挙式前に、式に列席してくれる親族などに、出席に対するお礼を述べておきます。
新婦は動き回ると衣装が着くずれるので、とくに和装の場合には、腰かけたままであいさつします。
その非礼を「腰かけたままで失礼します」とひとこと断わるのがマナーです。
洋装の場合も、あちこち歩き回るようなことはせず、落ちついて一ヶ所に腰をすえるようにします。

媒酌人を立てていて、親族と媒酌人の間に面識がなければ、まず媒酌人に「こちらは父の姉です」などと紹介し、続けて「こちらが、本日媒酌してくださる○○様です」と述べましょう。
お祝いのことばには「ありがとうございます」とていねいにお礼をいいます。

親族紹介

親族紹介は、最近は挙式の前に簡単にすませるケースが増えています。
しかし日本の伝統に則れば、式が終わってから新郎側と新婦側、それぞれの控室を分けていた仕切りをはずして、控室をひとつにしてから行なうというのが本来の形です。

まずは媒酌人(媒酌人を立てていなければ新郎の父親)が、お祝いの言葉(父親の場合は無事に式がすんだお礼の言葉)と、親族紹介を行なうあいさつをし、両家の代表(親族を紹介する人。ふつうは父親だが本人の場合も)を紹介します。
そのあとは、両家の代表が、それぞれ親族をひとりづつ紹介していきます。

まずは、新婦側を新郎側に紹介し、次に新郎側を新婦側に紹介します。
本人に近い関係者からひとりずつ、同じ関係の場合は年長者から、紹介するようになります。

両家の紹介がすんだら、全員で「今後とも幾久しくよろしくお願い申し上げます」とあいさつして終了します。
身内だけで行なう儀式ですから、あまりかたくならなくても大丈夫です。

記念撮影

親族紹介の前後に、記念撮影をします。
式場の係の人が指示・案内してくれるので、それに従って撮影場所へ移動しましょう。

カメラマンに向かって、右が新郎側、左が新婦側になります。
最前列は新郎新婦を中心にして、ふたりをはさむように媒酌人夫妻、そして両家の両親、兄弟姉妹の順に並びます。
その後ろに、新郎側、新婦側に別れて親族が並びます。

続いて新郎新婦の写真、新婦のみの写真などを撮影します。
新郎新婦の写真は、親族の写真と同様に、カメラマンに向かって右側が新郎、左側が新婦となります。
挙式と披露宴の間に時間の余裕がないときは、別の日に撮影をすませておく方法もあり、最近はこの前撮りを利用する人が増えています。

披露宴での対応

時間のあるうちに、当日届いた祝電に目を通し、披露宴で紹介してもらうもの選んで、司会者に渡しておきます。
肩書きや名前に間違いがないか確認し、名前にはふりがなをつけるといいでしょう。
これは比較的時間に余裕がある新郎の仕事といわれますが、新婦側のつきあいまではわからないことも多いので、新婦も一通り目を通すと間違いがありません。

披露宴の前後あるいは披露宴の最中は、なるべく招待客と交歓するよう心がけます。
パーティー形式の披露宴では、宴たけなわともなれば、ふたりが座っているメインテーブルには、入れかわり立ちかわりお客さまがあいさつにきます。
笑顔で応対し、リラックスした気持ちでお祝いの気持ちを受けるようにしましょう。
お酌は固辞をせず、合間を見計らって、足元に置かれたバケツに流し入れるようにします。

祝儀・謝礼を渡す

すべてを滞りなくすませたら、お世話になった人にご祝儀を渡します。
最近では「式や披露宴がすんだあとだと、相手がつかまらない」「式や披露宴の前に渡したほうが便宜をはかってもらいやすい」といった理由で、事前に渡す人も増えています。
地方の習慣などもあるので、確認をしておいて、渡すタイミングや、どの人に誰が渡すかといったことを決めておきましょう。

また、媒酌人への謝礼は、本来は、日を改めて渡すのが礼儀です。
しかし、媒酌人が遠方の方だったり、多忙である場合には、披露宴の後に別室で渡すようにしてもかまいません。

謝礼の金包だけでなく、長く使ってもらえるような品物と一緒に贈りましょう。

二次会を開く場合

2次会を開く場合は、その会場へ移動します。
以前は新婦はカクテルドレスやスーツなどの服装でのぞみましたが、最近は披露宴に招待できなかった人へのお披露目の意味で、ウエディングドレスを着用するケースが増えています。
2次会用に、丈の短い、かわいらしく動きやすいドレスを用意する人も多いようです。

結婚式は係の人に従って
結婚式というのはたいへん緊張するものですが、式の進行については、式場の係の人がそのつど説明してくれます。
その説明に従い、落ちついて行動すれば大丈夫です。
そのためにも一週間ほど前に行なう打ち合わせや前日の電話確認で自分の希望だけはきちんと伝えておきましょう。

お引き上げとは?

これは披露宴のあとに、衣装を脱ぎ、メイクをさっぱり落としてもらうことです。
近頃は、挙式から2次会までを同じウエディングドレスで通す人も増えていますから、そのような場合は、この時点でのお引き上げは必要ないことになります。
二次会用にメイクを直したり、衣装やヘアメイクを変えるのを会場の美容室でお願いしているなら、約束の時刻に美容室に入ります。

当日の支払い(会計は)?
挙式当日の費用は、両家で相談し、どちらが支払うのかをあらかじめ決めておくといいでしょう。
披露宴後に清算をします。

持ち物の最終確認

持ち物はチェックリストを作り、数日前までに準備して、前日にもう一度入念にチェックを行ないます。

持ち込む品(たとえば自分たちで印刷した席次表やメニュー表、自分たちの好みで用意した芳名帳など)
がある場合は、数もきちんと確認します。
また、衣装や花、引き出物などを持ち込む場合は業者のに確認の電話をします。

自分たちで受け取りにいく場合は、何時に誰を訪ねていけばいいか、こちらからは誰が取りにいくか、注文内容に間違いがないか、(引き出物の場合は最終的な数なども)伝えます。

業者が届けてくれる場合は、前述したように、式場の正確な名称と場所(似たような名前の式場は意外と多いものです。違う式場に届くことのないよう気をつけて)、受け取ってくれる式場の担当者、届けてもらう日時などを最終的に確認しましょう。

司会者のと打ち合わせ

最終の打ち合わせには、本人たちと式場担当者のほか、司会者も参加するのがふつうです
司会者と打ち合わせ司会者は、披露宴当日の要ともいうべき重要な存在です。
特にプロの司会者に依頼した場合には、このような打ち合わせを通して、ふたりの人となりをよく知ってもらい、よく打ち解けて親しくなっておくことで、当日、明るく和やかなムードをかもしだすことができます。

披露宴内容を司会者や式場担当者とよく確認し、当日の流れあるいは原稿などを見ながら、媒酌見人や主賓、スピーチや余興をしてくれる人たちの名前や肩書きに間違いがないかといったことまでチェックします。

当日の司会者の立ち位置やスピーチ・余興担当者の立ち位置(マイク位置)などもチェックしておくといいでしょう。

式場担当者との打ち合わせ

慌てず落ち着いて当日までの進行具合を確認しましょう
確認結婚式当日がせまってくると、忙しさはピークに達します。
当日に不備があっては、それまでの準備も水の泡となってしまいます。
メモなどを用意して、もれのないように最終の確認を行ないます。

結婚式・披露宴の一週間ほど前には、準備が希望どおりに進んでいるかどうか、小物は万全かなどを、式場に出向いてチェックします。

衣装や花などを式場外から持ち込む場合で、業者が式場まで届けてくれるときには、届け先(式場)、それを受け取ってもらい式場側の担当者、届けてもらう時間、届いた後の保管場所などを、しっかり確認しておきましょう。

引き出物の用意が万全かどうかも、しっかりチェックしておきます。
数の確認も怠りなく、外から持ち込む場合は、衣装や花と同様に確かめましょう。

印刷物にも一通り目を通し、間違いがないようにします。
挙式前日の確認は二人でしましょう
式場があまり遠くないようであれば、前日にも式場へ出向き、自分の目と耳で確認をするほうが安心なことは確かです。
前日は静かに過ごしたいというのであれば、式場へは行かず、式場担当者にあいさつの電話を入れておきましょう。「これまでありがとうございました。明日はバタバタして失礼もあるかもしれませんが、本当に感謝しています。明日もよろしくお願い申し上げます」といった具合に、心をこめてあいさつをしておけば、当日はきっと心をつくしてくれることでしょう。

媒酌人やスタッフへのあいさつ

媒酌人や主賓、乾杯の音頭をお願いした方には、前日の、夜遅くならないよううちに、必ず電話でひとことあいさつをします。

余裕があれば係を依頼したスタッフの友人にも電話をし、集合時間などを確認します。
このような作業は、あらかじめ連絡係を設けて、係の仕事全体を取りまとめてもらっておくと、その人にまかせておけるので安心です。
スピーチや余興を依頼した人にも、電話でひとこと「明日はよろしく」とあいさつできれば、なおていねいで好感がもたれます。

披露宴の進行

披露宴の進行には、特に決まりはありません。
自由に組み立ててかまわないのですが、格式にこだわる人が多い場合には、媒酌人のあいさつ→主賓祝辞→乾杯といった一般的な形式をなぞるのが無難です。

最近の披露宴事情

最近は、披露宴中に新郎新婦が何度も退席するのは招待客に失礼という考えが主流で、お色直しの回数は減ってきています。
お色直しはなしというカップルも多くなっています。

以前は披露宴につきものだったキャンドルサービスも、別の演出を用意するカップルが増え、その内容は多種多様になってきています。
花束贈呈も、両親への感謝は身内だけでという考えの人たちの間では、行なわない傾向が多くなってきています。

=恚梼ョ当日の来賓へのマナー・

招待客が遠方の場合

結婚式・披露宴の招待客のなかには「遠くに住んではいるけれど、どうしても出席してほしい人」がいることもあります。
招待した場合、そのような大切な人に必要以上の負担をかけることのないよう、失礼のない対応を心掛けましょう。

宿泊費と旅費については、基本的には両家で負担すべきです。
しかし先方が「お気遣いは無用に」とおっしゃれば、素直に好意に甘えてかまいません。
親しい間柄であれば、費用の気遣いは無用ともいわれていますが、距離や事情によっては配慮が必要です。
ふたりあるいは両家でよく相談をします。

どちらにしても招待客の発送前に「遠くからで申し訳ないのですが、どうしてもいらしていただきたいのです。出席していただけますか」と了解をとるくらいの気配りはしたいものです。

媒酌人や主賓に必ず車の手配をする

同様に、年配の招待客(恩師など)の移動にも、必要ならばタクシーやハイヤーを用意します。

何時頃迎えにきてほしいか、先方の意向をうかがって手配をしますが、「どうぞお気遣いなく」という返事があった場合には、当日(あるいは後日)車代を渡すようにします。

ハイヤーは式場で手配できることも多く、料金表なども用意されています。

タクシーの手配は前日でも間に合いますが、ハイヤーの場合は台数に限りがあり、ハイヤーの会社に、媒酌人や主賓のお宅の住所などを知らせる必要もありますので、遅くとも挙式・披露宴当日の10日前までには予約しておきましょう。

当日は、車の運転手に渡すご祝儀の用意も忘れずに。

交通の手配などをする

やはり出席の返事が届いた時点で、先方の意向を確認し、こちらで式場、あるいは近辺(またはターミナル駅や空港近く)の宿泊施設を予約します。
ホテルなどの宿泊が可能な式場では、挙式・披露宴の列席者の宿泊費を割り引いてくれるところもあるので、相談してみましょう。

タクシーとハイヤーの違い

ハイヤーは、黒塗り高級車で、タクシーよりもグレードの高い車種の場合がほとんどです。
車の乗り降りの時には、運転手が運転席を離れて扉の開け閉めをしてくれますし、雨の日には傘をさしてくれたり、荷物を運んでくれたりと、気配りも万全。
料金は走行距離と拘束時間の併用制で計算される場合が多いようです。

先方が地元で一泊することもあります。

遠方からの招待客が「そちらには泊まらないから大丈夫」と答えた場合でも、先方の家がターミナル駅や空港から離れている場合、地元で一泊していることがあります。

その可能性があれば、さりげなく前日からの予定を尋ね、地元で一泊しているようならば、両家で相談をし、必要があれば宿泊費を渡したり、相応の商品券などを「私たちの結婚式に出席してくださってありがとうございました」のお礼状とともに送るなどするといいでしょう。

その他のお礼のしかた

先方が交通費や宿泊費を辞した場合、好意には素直に甘えてかまわないのですが、どうしても気になるような場合は、引き出物の中身を高価な物にしたり、引き出物の袋に交通機関で使えるオレンジカードをそっと一緒に入れておくなどの方法もあります。
両家でよく相談をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。