婚活~結婚

結婚式の日取りや披露宴のコンセプトは早めに決める

日取りは早めに決定する

人気の式場は、1年以上前から、土曜日や日曜日は予約でうまってしまいます。できれば挙式の半年くらい前には日取りが決まるようがんばりましょう。

両親と、媒酌人を立てる場合は、媒酌人の都合もありますので、ふたりだけの考えできめるわけにはいきません。
まずは挙式日について、両親や媒酌人と相談します。
また、挙式・披露宴をお願いしたい特定の会場がある場合は、そこの空き状況に合わせて日取りを設定することになります。

いずれにしても、早めに見当を始めることが大切です。

季節・日時を考える

結婚式の時期で人気なのは、春(3~5月)と秋(10・11月)、そして6月です。しかし、日本では6月は梅雨にあたります。
ジューン・ブライドへの憧れが大きいのはわかりますが、招待客のこともよく考えて梅雨入り直前の6月初旬を選んだり、あるいは梅雨どきならば駅に直結した式場を予約する、などの心配りをしたいところです。

またゴールデンウィークは結婚式が数多く行なわれますが、せっかくの連休を楽しみたい人にとっては、自分の予定が入れられなくなって意外と迷惑な場合もあるということを頭に入れておきましょう。

このようなハイシーズン(結婚式が多く行なわれている時期)の土曜、日曜の吉日は式場をかなり前から予約しないと間に合わないのが実情です。
その他、最近では9月の結婚式も人気ですが、このような時期には、何組もの結婚式が同時に行なわれることが多く、式場内も混雑して落ち着かないムードになることがあります。

招待客や媒酌人のことを第一に考え、皆が都合が付きやすい日時を設定

逆に、オフシーズンと呼ばれるのは、盛夏と冬です。
現代ではどの式場も空調が完備されています。盛夏でも式場内は涼しく保たれていますが、招待客にとっては外出そのものがややつらい季節かもしれません。
逆に冬は、雪の多い地方を除いて晴天率も高く、意外とおすすめです。
実際12月~2月にかけての結婚式も最近は人気となっており、式場によっては予約がとりづらい状況になっています。

ともかく招待客や媒酌人のことを第一に考え、皆が都合をつけやすく、心地よく過ごせる季節・日時を選ぶことが大前提です。
最近は会社の状況に合わせて仕事に比較的余裕のある時期を選んだり、平日の夜に挙式・披露宴を行なうカップルも増えています。

六輝(六曜)についても、あまりこだわる必要はありません、人それぞれの考えがありますから、身内に気にする人がいるならば、皆が納得できる日を選ぶように配慮しましょう。

女性の生理が順調で予想できる場合には、生理日は避けたほうが無難です。

日取りによって料金は変わる?

ホテルや式場によっては「サマープラン」「ウィンタープラン」あるいは「ナイトプラン」といった割安のプランを提供しているところもあります。
平日や仏滅にも、割安なプランが用意されていることがあります。

交通が便利で駅から近ければ、盛夏や真冬(雪の多い地方を除く)の式でもさほど問題はありませんし、高層ホテルの窓のある宴会場なら、夜の披露宴の夜景が招待客に好評を博すこともあります。

本人も身内も自営業ならば平日挙式でも問題が少ない場合もあります。
美容師さんどうしの結婚なら、定休日の火曜がベストということもあるでしょう。

希望のホテルや式場にどのような割安プランが用意されているかを確認し、自分たちの条件に合っていて、招待客にも大きな迷惑をかけずにすむようであれば、利用価値は大。
利用法によっては、ずいぶん得ができそうです。

高額な結婚費用の捻出

無理な予算を立てたら後で後悔します

自分たちらしい結婚式を挙げたいとしいこだわりがあるのなら、親には頼らずふたりの自己資金だけでまかなうのがベストです。
そのほうが、挙式・披露宴をふたりで自由にプランニングしやすいはずです。

とはいえ、親からの援助を受けて挙式・披露宴を行なっている人の割合は、それなりの数字になっています。
親が援助したがっている場合、それを固辞するのは難しいという事情もあります。

本来、結婚式は本人たちの経済力の範囲内でまかなうべきものです。
しかし、一生に一度のことなので、どうしても予算以上にお金をかけたいというカップルも少なくありません。
費用が足りなければ最後の手段として借金がありますが、結婚はゴールではなく新生活のスタートですから、今後のことをよく考えることが大切です。
借りる相手としてもっとも安心なのが親、次が会社(福利厚生資金)です。

ブライダルローンのメリット・デメリット

なかにはブライダルローンを利用するケースもあります。
「結婚のためだけにつかう」という、お金の使いみちを限定した形のブライダルローン(金利が低く設定されている)を用意している金融機関もあります。しかし、当然のことながら、借金は返さなくてはなりません。挙式後の新生活には、結婚式以上にお金がかかります。なので結婚式や披露宴のためにブライダルローンを利用するのはあまりお勧めできません。夫婦喧嘩の原因の80%がお金だといわれることを考えれば、見栄を張らずに二人の収入にあった結婚式を行うべきです。

ご祝儀(心付け)について

ご祝儀とは、挙式・披露宴でお世話になった方々に渡すお金のこと。
中身は新札というのがマナーなので、銀行へ行って早めに準備しておきます。

費用を節減するとき、いろいろな部分の予算を削っても、ご祝儀(心付け)をけちるわけにはいきません。
必ず最初から、予算に組み込んでおくことが大切です。

ホテルや式場によっては、一切の心付けを受け取らない方針のところもありますが、そのときは「予算が余ってラッキー」と考えることにし、ご祝儀袋と中身だけはきちんと用意しておきます。

当日にならないと、美粧や着付けを何人でしてくれるかわからないこともあります。
予想より多い人数にお世話になってもあわてることのないよう、あらかじめご祝儀袋と一緒に2000円、5000円、1万円の新札を多めに用意しておきましょう。

披露宴はコンセプトを具体化

式次第すなわちプログラムは、3ヶ月くらい前から細かく煮つめていきましょう

会場の予約の時点で、おおまかな演出(ケーキ入刀やキャンドルサービスなど)は決めてありますので、たいていはそれをもとに、会場側が進行表やセレモニープランを作成してくれます。

それをたたき台にして、会場の担当者と打ち合わせをし、細かい部分を決めていきます。
レストラン・ウェディングの場合は、決まったパターンがありませんから、自分たちでプログラムを組むか、プロデュース会社の担当者などと相談をして決めていきます。

披露宴の大まかな流れを決める

初めに、どんな披露宴にしたいかというコンセプトすなわちおおまかな柱を決めます。「ゆっくり食事をしてもらう」「なごやかに会話を楽しんでもらう」「お世話になっている人ひとりひとりとお話したい」「久々に集まる顔ぶれが多いので、同窓会のように」といった具合です。
具体的に言葉にしておくと、会場の担当者もふたりが希望する披露宴をイメージしやすくなります。

当日の流れをイメージする

イメージが固まったら、当日の全体の流れをチェックしまょう。挙式と披露宴を同じ会場で行なうならば、挙式と披露宴の間の時間的な余裕も確認します。
写真撮影用に充分な時間があるか、逆に時間がありすぎれば、控室はいつから使えるか、控室でどんなものが提供できるかなども調べておきましょう。

最近はどんな演出が多いの?

ここ数年で多い演出は

  1. 金屏風を立てない
  2. ウェルカムボードの設置
  3. 入刀後に食べられる生ケーキ

となっているそうです。

しかし、人気になっているから自分たちもやる、という姿勢ではなく、ふたりが披露宴で何を重視したいかを考え、その方針に合わせて演出を組み入れることが大切です。

ウェディングコーディネーターとは

最近では、ホテルや式場に、ブライダル専門のブライダル(またはウェディング)コーディネーターが常駐しているところも増えています。
この人たちは、多くの挙式・披露宴を手がけ、会場の特徴も知りつくしているプロ中のプロ。

コーディネーターがいないところでも、見積もりから当日までを同じ担当者が担当するといったシステムを導入している式場が増え、ふたりの希望や考えを充分にくんだうえでアドバイスを行なうケースが主流になっています。

担当者を信用し、仲良くなって、ふたりの趣味を理解してもらうことが、披露宴を成功させる秘訣のひとつです。
担当者とどうしても趣味が合わなければ、担当者を変えてもらうことも考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。