婚活~結婚

披露宴の招待状作成印刷及び席次の決め方

席次表の印刷依頼

出席者が決まり、席次が完全に固まったら、印刷を依頼します。印刷が始まったら変更はできないと思っておきましょう。
< 席次表の新郎新婦と、その家族の名前には敬称はつけません。 ただし、、新郎新婦の姉妹(まれに兄弟)で、結婚して姓が変わっているときには、ほかの招待客同様に敬称をつけるのが一般的です。 自分で印刷するのでなければ、わからないことは印刷を担当する業者に相談します。 相手はその道のプロですから、詳しく教えてくれるはず。 遠慮せずにきいてみましょう。 自分で印刷するならば、友人の結婚式のときの席次表などを参考にするといいでしょう。 通常は全部の印刷をおこなう前に校正作業が入ります。 忙しい時期ですが、名前や肩書きに間違いがあってはたいへん失礼になりますので、ふたりだけでなく両親などの力も借りて、何人もの目で確認しておくことが大切です。

招待客の肩書や姓名など誤字脱字をチェックしましょう

人事異動の多い季節の披露宴では、会社関係の人の肩書きに特に注意しましょう。女性の友人も、披露宴までの間に結婚して姓が変わるようなら、新しい姓で載せるかどうかを本人に確認しておきます。

ふたりからのメッセージや詳しいプロフィールを載せている場合は、その部分の誤字や脱字にも注意しましょう。

披露宴当日に渡す席次表の作成について

席次表とは?

受付を終えた招待客に、自分の席がわかるように渡すのが席次表です。招待客が最初に目にするものなので、きちんとしたものを渡したいところです。

席次表に名前が載っているのに、当日、その席に誰もいないということがあっては困りますから、席次表を作る前には、出席者をしっかり確認しておきます。
返信ハガキを整理し、ハガキが戻っていない人には電話やメールで確認をとりましょう。
もれのないようにチェックがすんだら、最終的な席次表の作成に取りかかります。

また、小さな子どもがいる家庭へは、子どもが同席するか、子ども用のメニューが必要かも確認します。
子どもが同席するならば、子ども用の背の高い椅子を両親の間に用意するようになります。
会場によっては託児施設があるので、利用できる旨を伝え、希望があれば予約を入れます。

また席次表にもいろいろなパターンがあり、最近はふたりらしさを感じさせるものや、手作りのものが人気です。,br />
どんな形式のものにするかは早めに決めておきます。招待客の名前のそばにプロフィールや、新郎新婦との関係を詳しく書き入れるような形式では、あらかじめ原稿を用意する必要が出てきます。
席次表の形式に合わせて、もれのないよう準備をしておきましょう。

手作り感覚の席次表も人気がある

席次表を手作り感覚にしたいけど自信がない・・・と不安なら、会場や一般のお店、またはプロデュース会社に一括してお願い、相談すると楽です。
手作り派にはパソコン利用派が急増中。
専用のソフトも出ています。
エンボス加工やスタンプ、ステンシルなどを使うならば、材料購入時にお店でアドバイスを受けるといいでしょう。
印刷用に紙についても、いろいろ相談にのってくれるはずです。

席次表の印刷数は?

席次表も、招待状同様、一緒に受付をする夫婦などにはふたりで1枚ですむものです。
ただし、「さっき受け取ったんだけど、どっかやっちゃって、席がわからない」という人用に招待状より多少多めに用意するのがふつうです。
記念にとっておきたいならば、その分も数に入れて印刷します。

あわせて読みたい
二人でする披露宴の段取りや招待状の原案、人選について結婚式や披露宴に招待する人選や招待状の原案作成は新郎新婦が中心になって行いますが、両親や仲人さんにも人選の経緯など理解を求めることも必要...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。