婚活~結婚

結婚式や披露宴に招待されたら失敗しない服装やマナー

結婚式や披露宴に招待されたら失礼のないマナーや、ふさわしい服装、ご祝儀についてまとめています。

結婚式や披露宴に呼ばれたら.

結婚式に参加するときの返信の書き方

招待状が届いたら早めに返信することが大切です。
式を開くほうは返信がないと引き出物や披露宴の手配などができないので、マナーとして早めの返信を心がけましょう。
遅くとも2~3日で返信するのがベストです。

返信はがきの書き方は

  • 宛名の「行」を「様」に書き直す。このとき縦線2本で消す
  • 御出席の「御」を二本線で消して「出席」を丸で囲む
  • その下に「このたびはご結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」と書き添える

  • 「御欠席」御住所の「御」と御芳名の「御芳」を2本線で消す
  • といった感じでいいでしょう。

    また、参加する場合は事前に贈るお祝いも準備しましょう。
    最近では当日にお祝いを渡すことも多いですが、本来は事前に贈るのが正式ですからね。
    現金の場合は当日でもOKです。

    「結婚ご祝儀のマナー」でも書きましたが、ご祝儀は3万円を基本とするのがいいでしょう。
    夫婦で招待された場合は3万円×2で6万円となりますが、偶数は「割れる」という意味から嫌われますので、5万円+1万円は商品にするといいですよ。

    結婚ご祝儀のマナー

    結婚式に参加するほうは「ご祝儀」で悩むこともありますよね。
    「ご祝儀に決まった額はない」といわれますが、貰った方は「このぐらいじゃ非常識だ!」なんて思う人もいますからね。
    中の良い友人ほど高いご祝儀を期待し「3万円以下は非常識だ」という具合になるようです。
    新郎新婦とどれだけ親密な関係かによってご祝儀の額は変わると考えておくのがいいでしょう。

    次に「ご祝儀袋」ですが、これは中の金額にあわせて選ぶのがポイントです。
    中の金額が高くなるほど、豪華にするのがいいでしょう。
    一般的には包む金額の1%が目安といわれていますので、3万円包むなら300円、5万円包むなら500円ほどの熨斗袋を選びましょう。

    その他に気をつけるポイントとしては、

  • 新札で包む
  • 先に祝儀を貰っているのなら、同額を返す
  • 基本的には金額を偶数にしない
  • 「割れる」ということであまりよろしくありません(2万円、10万円は例外)

    ということですね。

    世代別に見た祝儀の最多回答額(単位円)

    20代最多回答 30代最多回答 40代最多回答
    兄弟姉妹 50,000 50,000 100,000
    伯父・叔母 50,000 50,000 50,000
    従兄弟・従姉妹 30,000 30,000 30,000
    その他親せき 30,000 50,000 30,000
    勤務先の上司 30,000 30,000 30,000
    勤務先の同僚 30,000 30,000 30,000
    勤務先の部下 30,000 30,000 30,000
    取引先関係 30,000 30,000 30,000
    友人・その家族 30,000 30,000 30,000
    その他 30,000 30,000 30,000

    結婚式に行くまでの服装

    結婚式の服装は普段の生活の風景には馴染まないので「結婚式に行くまでの服装をどうしよう」と悩まれる方も多いのではないでしょうか?
    冬はコートで隠せるけど、夏だとそういったこともできませんからね。
    以下では具体的な対処法をご紹介したいと思います。

    とりあえず晴れ着で直行

    あまりいい対処法とは言えませんが、そのままの服装でいくのも実はおかしくありません。
    というのも、結婚式の服装は端から見ても「結婚式に行くんだな」というのが分かるので、一瞬目は行きますが、かといってジロジロみるほどのものでもないので、そこまで気にする心配もありません。
    実際に結婚式が開かれやすい時期になりますと、電車の中などでいかにも「結婚式に参加します」という服装の方は見かけますから、そこまでおかしいというわけではありません。

    招待状に「平服で」という指定があったときの対処法

    結婚式の招待状に「平服で・・・」という指定があるけど「どういった服装で行けばいいんだ・・・」と悩まれる人も多いでしょう。
    まるで就職活動のときの「普段着で・・・」という指定があったのに普段着で行ったら「スーツで来るのがマナー」という流れのようですね。

    では何が正解かといえば、結婚式の場合は「普段着ではなく、いきすぎた格好ではない」というのが正解です。
    平服とは略礼服のことですので、女性ならスーツやワンピース・ツーピースと言った服装にアクセサリーなどがいいですね。
    男性は黒っぽいスーツにシャツやネクタイ・小物でアクセントをつけるのがいいでしょう。

    簡単に言えば「清楚に見える服装」ともいえるかもしれませんね。
    結婚式は新郎新婦にとっては大切なイベントですので、派手すぎず、かといってカジュアルすぎない服装を心がけましょう。

    結婚式参加のときに好ましいドレス

    結婚式に参加するときのドレスにもマナーはあります。
    ただでさえどんな服で行こうか悩むのに、こういったマナーも関わってくると面倒に感じてしまいますが、しっかりとおさえておきましょう。

    全身白・全身黒はどちらもダメ

    全身白っぽいドレス、全身黒っぽいドレスというのは、結婚式ではどちらもNGです。
    白ドレスは花嫁さんの色と被ってしまうので、着ていくと自分が恥をかきますし、招待した側の花嫁花婿にも恥をかかせてしまうので注意しておきましょう。

    黒っぽいドレスは「喪服」をイメージするのでダメですね。
    30代後半ぐらいになってくると「年にあった無難な色を・・・」ということで黒っぽい服を選びがちですが、ワンポイント白を入れるようにしましょう。
    例えば、羽織物、バッグ、くつなどを白っぽいものにして全身が黒っぽくならないようにしておきましょう。

    白っぽい服も同じです。
    全体が白だと花嫁と被ってしまうので、黒をまぜることで白っぽい印象を少なくすることができます。

    その他に注意する点は「肩だしスタイルNG」ということです。
    カジュアルな披露宴や夜の披露宴などでは肩だしもいいのですが、結婚式では羽織物などで肩を隠しておくのがマナーです。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

    副業で月5万円稼ぐ
    あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

    こんな人におすすめ!

    1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
    2. 休日は充実した時間を過ごしたい
    3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
    4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
    5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

    スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。