婚約の形式と両家の役割や費用・婚約解消マナーについて

婚約に決まった形式はありませんが、基本的には両親や仲人さんの気持ちをくんで、一般的なしきたりに沿って行います。婚約における両家の役割や手順、婚約の解消やマナーなどについてまとめました。

婚約の形式は、双方の両親の気持ちをくむ

婚約のやりかたは人それぞれです。
婚約の会食昔から日本でもっとも多く行なわれている婚約の形が結納であり、近年では婚約パーティーや婚約式を行なう人も増えてきました。

もちろん、結納や婚約パーティーなどは一切行なわなくてもかまいません。
ただし、結婚の約束がふたりの間だけの口約束のうちは、残念ながらそれは正式な婚約とは呼べません。
ふたりの婚約を周囲にきちんと知らせて認めてもらうことで、それは初めて正式な婚約となるのです。

婚約を周囲に知らせることでふたりの自覚が深まり、約束がより確かなものになります。
また万一、婚約を解消するようなことになっても、婚約の事実があったと周囲に証明してもらえれば、無用なトラブルが避けられます。

婚約の方法はいろいろです

基本的にはふたりの自由にしてかまいませんが、せっかくならば皆に祝福されたいもの。
双方の両親の意見も聞いて話し合いながら、多くの人に喜んでもらえる、自分たちらしい形を決めるようにしましょう。

基本的にはふたりの自由にしてかまいませんが、せっかくならば皆に祝福されたいもの。
双方の両親の意見も聞いて話し合いながら、多くの人に喜んでもらえる、自分たちらしい形を決めるようにしましょう。

ホテルや式場の婚約パックはどんなもの?

ホテルや式場には、結納パック同様に婚約式のパックをプランとして提案しているところもあります。
チャペルでの婚約式の後に両家の食事をセットしたパターンが一般的で、料金は6名で10万円~20万円程度。式の進行をすべてまかせられるので安心です。
結納しなくても婚約できる?

「私たちは結婚の約束をしました」と周囲に知らせることが婚約です。
だからそのやりかたはどんな風でもかまいません。
「私たち、婚約しました」というあいさつ状を知人に発送するだけでもかまいません。
結納というのは、日本独特の婚約のスタイルなのです。
最近は、欧米式にチャペルで婚約式をとり行ったり、友人を証人にして婚約パーティーを行なったりするカップルも増えています。

婚約にいくらかかる?

結婚式の前で最も大きいのが婚約にかかる費用です。
「彼側から彼女側への正式なプロポーズ」という意味で結納金など、この時期の出費など男性側で負担することが多い。

結納金はいくらが相場かと言うと

一般的に結婚式にかかるお金は「彼側が負担する」ものと「彼女側が負担する」ものに分けられます。
「結納品と結納金」は彼側、「結納の会場費と結納返し」は彼女側で負担します。

・結納金の平均:85万4000円
・結納式の会場費平均:10万円4000円
・結納品の平均:17万8000円
・結納返しの平均:26万6000円

顔合わせ食事会の予算は?

両家の初顔合わせで外食する場合、必要なお金は個室料と食事代。両家どちらが負担するかでモメがちポイントなので、事前に話し合って決めておくのがよいでしょう。

両家当事者同士の両親6人での顔合わせ食事会の予算は平均5万5000円。

婚約記念品の予算は?

親が用意する水引飾りや結納金とは違って、彼本人の気持ちとして用意するのが婚約記念品。多くは「婚約指輪(エンゲージリンク)」を渡します。
人気はプラチナ素材のアームに大き目の一粒ダイヤのリングが主流です。

婚約指輪(エンゲージリング)の平均予算は32万円。

借金までして見栄を張ってはいけない

婚約指輪などは、決して「借金」してまで無理な予算で購入しないでください。
借金のローン返済が結婚後も残ったりして夫婦間に溝を作ることにもなりかねません。
お二人の気持ちをカタチとして表現する物ですから、自分の予算内で購入するようにしましょう。
結婚後、男性が仕事を頑張って、稼いだお金で改めて大きな物をプレゼントするのも良いことです。

婚約の証として婚約指輪を交換

婚約指輪婚約の印としてお互いが贈る品物のことを婚約記念品といいます。

結納品に添えて交換したり、結納金のかわりにやり取りすることもありますが、婚約の形にかかわらず、記念として交換すると、結婚に向けての決意が新たになるものです。

結納や婚約式などは行なわず、当人どうしが記念品の交換だけを行なうカップルもあります。

婚約記念品は何を選べばよいか

男性から女性に贈る記念品は、圧倒的に婚約指輪が多いようです。女性から男性に贈る記念品は腕時計や洋服、カフスボタンなどが多いようですが、カメラ、ゴルフ用品、パソコンなど、趣味の品を選ぶ人も増えています。

ただ基本的には一生の記念になる物が望ましいので、タイプが古くなると使えないような品物よりは、長く使える物を選ぶことをおすすめします。お互いに相談をして、金額的に無理のない範囲で選ぶようにします。

婚約記念品は皆、贈っているものなの?

婚約記念品は、8割強のカップルが贈っています。結納や婚約式は行なわなくても、記念品の交換だけは行なうというカップルもいるほど。女性にとっては、婚約指輪は憧れの存在であることも少なくありませんから、予算に無理のない範囲で、女性の意見を尊重して用意してあげるといいでしょう。

女性側から男性側へ贈る記念品でもっとも人気が高いのは腕時計です。
最近では婚約指輪と腕時計を同じブランドでそろえるなどして、思い出に残るよう工夫しているカップルも。
いずれにせよ、記念品は双方が勝手に選ぶのではなく、ふたりで相談して選ぶことが大切です。

婚約通知状の発送

また、結納や婚約式を行なって婚約したことを通知状で親しい人たちに報告するという場合もあります。親しい人やお世話になった人に送る通知状が、ふたりが婚約した証明となるわけです。

決まった書式や文面などはありませんが、差出人は婚約したふたりの連名にするのが一般的です。
発送する枚数が少ないようなら、印刷より手書きのほうが心のこもった印象になります。
せめて、差出人名はふたりの自筆にしたいところです。

職場の上司や同僚など、たびたび顔を合わせている間柄の人には、いきなり婚約通知状を送って驚かすことのないようにしましょう。
きちんと口頭でお知らせします。

婚約通知状は、挙式・披露宴に招待する予定のある人に限って発送するほうがいいでしょう。
もしも招待する予定がない人にも発送するのならば、「今秋、身内のみの挙式を予定いたしております」などといった一文を添えておくようにします。

婚約解消

予約していた式場などは迅速に解約しましょう

婚約を解消することになったとき、婚約式や婚約パーティーを行なって友人を招いたり、婚約通知状を発送したり、ときには披露宴の招待状を発送していたりして、周囲に婚約を知らせている場合は、急いで取り消さなくてはいけません。

婚約解消親族や友人など、婚約したことを知らせた相手にだけ、婚約解消を通知します。
通知状を送る場合は、解消理由など細かいことには触れず、ふたりの連名で発送します。
ただし、感情的にこじれて双方が不仲なときには、各人で出すことになります。
家の事情で婚約を解消したときには、親と連名で出すケースもあります。

婚約解消のマナー

婚約解消は両家が話し合ってきちんと解決しておきましょう

婚約期間中にそれまで気がつかなかった相手の面を発見したり、意見がどうしても合わない部分が出てきたり、ということも起こる場合があります。
お互いの間で何か問題が生じたときにはよく話し合い、その場できちんと解決しておくことが大切です。

万一、このままでは結婚に踏み切れないと思うほど問題が複雑になってしまったたら、ひとまず冷静になりましょう。
感情的な言動で相手を傷つけることのないように気をつけ、仲人や見合いの世話人などに相談することが大切です。

仲人を立てていないときには、信頼できる年長者や身内に相談しましょう。
親や身内には心配をかけたくないと心情もわかりますが、一生の問題だからこそ、自分だけで解決しようとせず、周囲の人の意見を仰ぐことが大切です。

納得ずくでの婚約解消の場合

仲人さんがいる場合は、仲人さんに依頼する

お互いに話し合った結果、双方が納得した婚約解消であれば、まず両親にその事実を告げ、仲人を立てている場合には、仲人に説明に出向きます。

お互いに同席するのもつらいという場合は、個々に出かけても、どちらか仲人と縁の深いほうが出向き、もう一方は手紙をしたためるといった形でもかまいませんが、その場にいない相手の悪口などは決して口にしないようにします。

贈り合った結納金や結納品、婚約記念品などの金品はもちろん、家族書などの書類も含めてすべて相手に返します。
その際には、立会人(仲人など。仲人を立てていない場合は、双方のことを知っている年長者など)を通して返したほうが、トラブルなくスムーズに事を運べます。

そしてなるべく早めに、結婚式場や新婚旅行などの予約をキャンセルします。
式や旅行の時期が迫るほどキャンセル料は高額になるので、解約はすみやかに行ないましょう。
キャンセル料(解約料)が生じたときには、婚約解消の原因をつくった側が負担します。
もちろん折半にする場合もあります。
そのあたりの処理や判断も、立会人にお願いするのがふつうです。

一方的な婚約解消

正当な理由がない婚約解消は婚約不履行にも

婚約解消どちらかが一方的に婚約を解消し、もう一方が不本意である場合には、解消を申し入れた側が、式場などのキャンセル料(解約料)を負担することになります。

金品はお互いに返しますが、婚約指輪など、現物を返されても困るものは、その代金を返す形をとることもあります。

場合によっては、慰謝料を請求することもできます。

たとえば、女性が結婚準備のために退社したのに、男性側から一方的に婚約破棄されれば、損害賠償請求などのケースになるわけです。

このようなケースでは、当人どうしが話し合っても問題がこじれるだけです。
仲人のレベルで解決できれば、それに越したことはありませんが、無理ならば弁護士などに相談をします。

婚約解消時の仲人への謝礼

婚約を解消した場合でも、仲人にはきちんと謝礼を渡します。

婚約解消「薄謝」と記した熨斗袋に相応の現金を入れ、おわびにうかがいます。
中身は折半します。
一緒に出向くのが難しい場合は、謝礼の半額ずつを包んで、別々にうかがいます。

お祝いをもらった人にも、あいさつ状におわびのことばを添えて知らせます。
いただいたお祝いはそのまま納め、同額程度の金券類(商品券など)をお返しするのがスマートです。
その際には「お納め願います」とあいさつします。
「お返しします」ということばは、せっかくお祝いをくださった相手に失礼なので、絶対に避けましょう。

婚約解消時に返すべきもの

結納金や結納品、受書、婚約記念品などはもちろんですが(指輪などの場合は相応の現金を返すことも)、家族書・親族書・健康診断書・写真など婚約で取りかわしたもののすべてを返します。

また、交際期間中にやりとりした手紙や、撮影した写真なども、あとに残らないようにすべて処分します。特に、一方が婚約解消に納得していない場合、まれなケースではありますが、「せめて手紙だけは持っていたい」などと事態がこじれることもあります。

このようなときには、間に入った仲人や弁護士などに、「送った手紙が○通と、一緒に撮った写真○枚があるはずなので、返してもらって処分したい」と伝えて返却してもらい、第三者とともに処分するといいでしょう。

婚約期間中には、基本的に、形に残るものをあまりやりとりしないほうがいいといわれるのは、このうにな「万一」に備えてのことのようです。

婚約していたという事実も、婚約を解消したということも、別に隠すような恥ずかしいことではありません。しかし、できる限り形を残さないように処分するのが、マナーにかなっているといえるでしょう。

https://www.life-total.jp/marriage/omiai-yuinou/yuinou-2/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。