血圧計の味方

正しい数値を知る血圧計の見方

高血圧や低血圧にかかわらず、どなたであっても、一度や二度は血圧を測ったことがありますね。 その時に、血圧の数値を二つ、言われたことと思います。 高い数値と低い数値の二つです。
これらを「拡張期血圧」と「収縮期血圧」と言います。

数値の高いほうが収縮期血圧で、低い方が拡張期血圧です。 これらが何を意味するのかと申しますと、心臓の収縮期と拡張期の血圧を意味しています。

血液というのは心臓から送り出されるものですから、その心臓が血液を全身に向かって押し出した時と、元に戻った時の血圧と言えばわかりやすいでしょうか。 一般に高血圧のかたというのは、収縮期血圧も拡張期血圧も両方が高くなっていますし、低血圧の方はその逆で両方が低くなっているものです。

血圧が正常値であるかどうかということも、この両方の値を見て言います。
一般に正常値の場合には、収縮期血圧が130mmHg未満、そして拡張期血圧で85mmHg未満とされています。
もっとも、この数値を1mmHgでも上回ったら、すぐに高血圧で危険な状態である・・・ということにはなりません。
血圧が常に上下しているものであることもそうですし、また人によって正常値にも若干のズレがあると考えることもできます。
ですが、やはりこの数値を目安にしていれば、間違いがないだろうという数値であるのです。 健康診断などで、血圧がこの数値を上回っているのであれば、出来るだけ早いうちに病院へ行くことをお勧めしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。