花粉症対策

花粉症の種類と花粉症に間違われやすい症状について調べました。

花粉症

花粉症は季節によって色々な症状や原因があります

花粉症は季節によって違います花粉症は全ての植物の花粉で起こる訳ではなく、日本国内で言うなら50~80種類位だと言われています。

その大別として樹木と草花で分ける事ができ、代表的な植物としてはスギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ等が挙げられます。
花粉症患者の約8割がスギ花粉症だと言われていますので、春が近付いてくると毎年花粉予報にビクビクする人も多い事と思います。

どの植物にしても花粉が風に乗って飛んでくる事は同じです。
花粉予報が大体春前に出るので花粉症は春に出る症状なんだと思いがちですが、花粉症の原因となる植物の種類や地域によっては夏も秋も花粉症になるのです。

例えば春先は東北、北海道地方ではシラカバ、本州ではスギ花粉の飛散が活発化しますし、初夏を迎えるとイネ科の植物の花粉、秋になるとブタクサの花粉がたくさん飛散する事になります。
この様に季節によって花粉症の原因である植物が変わってくるのです。

花粉予報をチェック

花粉症は季節によって違います花粉症予防の為には、自分が何の植物で花粉症になるのか知って、その植物の花粉予報をチェックして対策を考える必要があるのです。

でも花粉症は環境条件が同じでも皆が皆なる訳ではありません。
季節によって反応する方もいるし様々なのです。

もし季節を跨いで花粉症になっているならば他のアレルギーも引き起こす原因となるかもしれませんので早めの対策が必要になると思います。

また、花粉症の人が増えている原因として、花粉予報を見ていると分かる様に日本のスギ植林事情に関係しているものと思われます。

スギ花粉が原因での花粉症患者が増え始めたのは昭和45年頃からだと言われていて、昭和50年を過ぎたあたりから急激に増えてきたと言われています。

昭和30年代、戦後の復興の為、スギが山々に次々と植えられていき林を人工的に作っていきました。
そしてそのスギが成長して昭和50年代に一気に花粉が飛散する様な樹齢になり花粉症患者が激増していったのだと言われています。

スギは植えてから30~40年程で成木になるので花粉が今飛び交っていると言う事なのです。

また日本の経済事情、スギ人気の落ち込みと言った面から手入れが行き届かなくなり、スギは自然のまま毎年花粉を撒き散らしているのです。

そうなると毎年の花粉予報も年々凄い事になっていきそうな感じがしますよね。
でも、よく考えてみたらスギやヒノキって昔からあるものですのでそれだけが原因とは考えられないですよね。

多分私達の現代における生活環境なんかも原因として挙げられるんじゃないかと思うのです。
花粉症は田舎には存在しないとまで言われていますので都会病なのかもしれませんね。

春に多い花粉症の特徴

春に多い花粉症対策「スギ花粉症」。春に発症する花粉症の代表的な物になります。
春の花粉と言ってもスギ花粉は九州の方で2月頭位、関東で2月下旬位、東北で3月頭位と早春時期位から花粉が飛散し始めるそうです。
ですから花粉予報も結構早い時期に発表されているのです。
そしてこのスギ花粉、春本番の4~5月位は良く飛散して5月末位までは花粉症の人には辛い時期なのです。
そして同じ時期位にヒノキ花粉も良く飛散するので、スギ、ヒノキ、両方の花粉症で悩んでいる方は凄く多いのです。
そんなスギやヒノキの花粉症は北海道ではあまり見られない症状の様です。
北海道ではスギの代わりにハンノキやシラカバの花粉症で悩んでいる人が多く、ハンノキは3~5月、シラカバは4~6月と言う事は結構長い期間花粉で悩み続ける事になるのです。
シラカバの花粉では花粉症の症状の他に果物過敏症と言う果物を食べる事がきっかけで口の中が荒れてしまうアレルギー症状を併発して起こす場合も多い様です。
「花粉症」と効くと春の時期って言うイメージが有りますよね。そのイメージは正しくて、春は花粉を飛散する時期である植物がたくさん有るので最も注意をしなくてはいけない時期だと言う事になります。
こうした各植物の花粉の飛散時期、飛散量はその年によって多少ずれ込んだりする事が有ります。
ですからその年の花粉予報をきちんとチェックして花粉症対策をすることが大切になります。

夏に多い花粉症の特徴

夏の花粉症対策「イネ科の花粉」が夏の花粉症として大活躍します。
春のスギ花粉がやっと終わった5月頃から飛び始めます。
そのまま7月まで飛び続け、東北地方に至っては8月に入っても飛散しているそうです。
またイネ科の植物によっては夏だけじゃなく秋口にかけても飛散し続ける植物もある様です。
また夏の花粉症の発症は関東より南の地域より北海道、東北地域にいる人の方が発症しやすいと言われています。それはこの時期が梅雨にあたるからです。
湿度が有って雨が降る事で花粉は飛散せずに下に全部落ちてしまい身体に入るチャンスを失います。
それとは逆に北海道や東北の北の方の地域では梅雨が無いので逆に花粉が飛散しやすくなるのです。こうした事を受けてか関東圏内で夏の時期に花粉予報をする事はほとんど無いのです。
北海道、東北なら花粉予報をしていると思いますので、地元の方はチェックして毎日の生活に役立てるとよいでしょう。
またイネ科の花粉はスギやヒノキの花粉と違って飛散する距離が数キロ程度と短いので稲があまり無い所に住んでいる方は東北の方でも花粉症は発症しにくいと思います。
もしイネ科の植物が無くて夏の時期に花粉症の症状の様な症状が出たらそれは花粉症ではなくてハウスダスト等の他の原因かもしれません。
その年によって花粉の量や時期は変わってきますので、花粉予報をチェックして対策する様にしましょうね。
夏でも花粉症は有りますのできちんと病院で診てもらうことが大切ですよ。

秋に多い花粉症の特徴

秋の花粉症ブタクサ、ヨモギの花粉症は秋に発症します。
今は春の花粉症であるスギ花粉が花粉症の代名詞みたいな感じが有りますが、日本で初めて報告された花粉症は秋に起きるブタクサの花粉による花粉症だったと言われているのです。花粉症の元祖みたいな感じですよね。
ブタクサ花粉の花粉予報もインターネット等で出ていると思いますのでチェックしてみましょう。
今はスギ花粉症患者は増加傾向にあり、ブタクサ花粉症患者は減少傾向にある様ですが、秋口の花粉症は果物過敏症と言う口腔内アレルギーと併発する可能性が高い為、特に注意する必要があるのです。
ブタクサは東北、北海道ではまだまだ暑い8~9月頃、関東では8~10月頃、九州の方では9~10月頃位が飛散する時期だと言われています。
次にヨモギの花粉症についてですがヨモギは日本人にとってはとても馴染み深い植物であり、食材、化粧品、薬草としても使われている植物です。
また自力で生きて行く事が出来る程のたくましさがありますので日本のいたるところでヨモギを見つける事ができます。
そうした事からヨモギの花粉症患者が増加していると言われているのです。
ヨモギ花粉の飛散時期、ヨモギ花粉症による果物過敏症に関してはブタクサ同様だと言う事ですので同じ様に注意する必要があるでしょう。
更に秋は花粉症を引き起こす植物にクワ科のカナムグラと言う植物も挙げられます。
年によって飛散する時期、量は異なりますのでその年の花粉予報をチェックして花粉症対策をする様にしましょう。

冬に多い花粉症の特徴

冬の花粉症対策冬の花粉症って、ちょっと想像しにくいですね。
そう言えば花粉予報を冬に聞く事って無いと思いませんか?
花粉予報と言うと春や秋と言った季節にしかない様な感じがしますよね。
それもそのはずです。冬は1年を通して唯一花粉症の辛さから解放されると言う季節なのです。
でも直ぐ目の前に来ている春の大敵スギ花粉に向けて対策を考えなければならない時期でもあるのです。
以前は冬の花粉症の原因としてキク科のセイタカアワダチソウと言う植物が挙げられていたみたいですが、秋の花粉症の原因となっているブタクサと間違われていたみたいで結局冬には花粉症の原因となる植物は無いと言う事になったのです。
でも安心ばかりもしてはいられません。
直ぐに花粉の季節が目の前に迫ってきているのです。
冬も終わりに近付いてくる1月末~2月にかけては今年の花粉予報が発表されます。
その飛散量、飛散時期を考慮して対策を考えておく必要があると思います。
だって早いところだと1月末にはもうスギ花粉が飛び交っている所も出てきますので。
早めの花粉症対策をする様に心がけましょう。

花粉症は1度なってしまうとなかなか治らない。

症状が悪くなってからでは遅すぎるのです。
症状を出来るだけ緩和させる為にも花粉症の症状が出ない冬に春~秋の花粉対策をするのがオススメなのです。
基本的な花粉症対策としては花粉を吸わない、花粉を浴びない、花粉を持ち込まないが鉄則です。
花粉症アレルギーのアレルゲンは花粉ですので身体が花粉に触らなきゃ良いのです。しかしそれは生活をしている以上難しい事だと思います。

外出時における花粉対策をご紹介します。

まず、花粉予報をチェックして花粉飛散量が多い日の外出を控えると言う方法です。
晴れか曇りの日で温度か湿度が高い日、風が強い日、雨が降った翌日なんかは花粉が多く飛ぶと言われています。
でも仕事・通学のために出かけないって事は無理ですよね。
ですから外出する際にはマスクをする事、帽子やメガネをする事、そしてナイロンやポリエステル等、花粉が付きにくい洋服を着る様にしましょう。
更に、洋服に静電気防止スプレーをかけるのも良いみたいですよ。
そして家に帰ったら花粉を中に入れない様に充分に払ってから中に入る様にしましょう特に背中や足元は花粉が溜まりやすいですので忘れないで払いましょう。
そしてシャワーを浴びてうがいをして、花粉を全て落としきるのも大切です。
外出時は花粉をいかに付かないようにするか、花粉を中に持ち込まない様にするかがポイントなのです。

花粉症の種類を大別して見ると樹木、草花に分ける事が出来ます。

スギ花粉の事を花粉症と考えている人が多い様に感じますが、花粉症は種類が多くて日本国内だけでも50種類は有ると言われています。また、住んでいる地域や生活状況、植物の種類によって身体が反応してくる花粉も違うと言われています。

樹木の花粉は飛散距離が長く、草花の花粉は飛散距離が短いと言う特徴が有ります。

樹木花粉で代表的な物としてはスギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカバ等が有り、草花花粉で代表的な物としてはブタクサ、ヨモギ、イネ科の植物になります。

日本で発症している花粉症の8割はスギ花粉の仕業だと言われていて、花粉予報もスギ花粉を中心にしている事が多い様です。
花粉の飛散時期は一斉にではありません。
一年を通して色んな時期に飛散しているのでやっかいです。
春は樹木系、夏はイネ科系植物、秋はキク科系植物と言う感じです。

日本はスギ花粉症が多い

日本はスギ花粉症が多い日本においてはスギ花粉症の患者が多いのですが、世界的に見るとスギ花粉症は稀にしかないというのですからスギは日本固有の植物なのでしょう。

海外にいくとブタクサ花粉症が有名だといわれています。
春に花粉症で悩むからスギ花粉なんだと決めつけないで、お医者さんに行って調べてもらいましょう。

日本での花粉症患者の約8割を占めていると言われているスギ花粉症患者。
スギ花粉症の元であるスギ(杉)ですが、日本特有の植物で屋久島から東北地方まで分布しています。
平地で有る林、日陰、森に自生していて寿命もかなり長くて数千年は生きる長寿植物なのです。

杉は真っすぐに伸びている木になり、薪割りの様にして使う事で角材にも使えるし、板材にも使う事が出来ます。そうする事で古来から建材、家具、電柱、彫刻、船材等色んな木材に使用できる植物として親しまれてきた植物なのです。

また樹皮に関しても色々と使い道があり、屋根に使う事も有る等ヒノキ同様の使い方もされています。
また葉っぱは乾燥させると良い香りがしてお線香に利用される事も多いのです。

間違われやすい花粉症状

花粉症と間違われやすい症状とは花粉予報を見て今日は飛散量が多いと聞き、鼻や目がむずむずすると自分も花粉症なんじゃないか?と思ってしまいますよね。

日本で花粉症と言うと代表的な物はスギ花粉による花粉症です。
花粉症の8割がスギ花粉によるものです。

花粉症の症状は一般的に言って「目が痒い」「目が充血する」と言った症状が多くの方に見られます。

それと間違われる症状に風邪が有りますが、風邪の場合は目に症状が出ると言う事は殆ど有りません。
目に症状が出るとしたらアレルギー性結膜花粉症、急性アレルギー性結膜炎ではないかと言われているのです。

その他に花粉症の症状と、他の病気の症状で間違われやすい症状としては、目の片方だけ痒みが出てくる、目が痒いけど鼻の症状(鼻水、鼻詰まり)等の症状が無い、目のかすみ、視力が低下すると言った症状が出ることが有ります。

こうした症状の場合は花粉症ではなく、ダニやハウスダストが原因で起こるアレルギー性の症状である事が考えられます。

その他にもドライアイが原因、コンタクトが原因、目に何らかの異物が入った事が原因と言うのも考えられます。
単純に目が痒いからと言って花粉症であると決めつけないで、必ず眼科医の診断を仰ぐ様にしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。