花粉症に感染しやすい子供の年齢や花粉症の影響

子供の花粉症子供の花粉症は、年々増加しており、発症年齢も低年齢化傾向にあります。東京都では、14歳以下の子供の25%以上が花粉症という調査結果もあります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

子供に感染する花粉症増加の原因

増加の原因は、食生活や住環境の変化、大気汚染の影響などが指摘されています。
また、花粉症を発症する子供には、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、喘息などに悩む子が多いというデータもあります。

大人よりも免疫力が弱い子供の場合は、鼻粘膜にスギ花粉をはじめとした、外的な影響をすぐに受けやすいのです。

大人より悪化しやすい、子供の花粉症

子供も大人も、花粉症を防ぐためのノウハウは、基本的に一緒です。
しかし、子供には、難しい面もあります。マスク・メガネを嫌がる子も多く、花粉が舞う日中、外で遊びたがる子も多いからです。

また、自分では我慢ができず、目を強くこすってしまい、さらに悪化することもありえます。鼻水が止まらずイライラしてしまう子もいるようです。

ストレスがたまったり、寝不足になったりするケースも多く、早めの対策が必要です。

勉強や受験にさしさわりが出ることも

花粉症の諸症状は、子供の集中力や注意力を低下させるため、学校の成績に影響が出ることもあります。

また、花粉症が現れる時期は、受験シーズンとも重なる。
中学受験や高校受験を控えた時期の発症は、致命的な結果につながる可能性もあります。
学校内での花粉症対策は難しいと思われるので、最低でも登校した朝に手洗い、うがい
線がん、洗眼をして、花粉を洗い流す習慣をつけることが大切です。

なお、最近は早めに花粉症の薬を飲んだりして備える子供も増えています。
https://www.life-total.jp/healthy/kafunsyou-taisaku/kafunsyou-14/

減感作療法を選択するのも一つの手です

花粉症は、いまだに根治の決定打がありません。
幼い時期に発症すれば、以後何十年にもわたる人生を花粉症にわずらわされるハメになります。

それに、子供の薬は、体重に合わせた分量でしか処方されません。
さらに、子供に適する薬の種類が少ないため、症状のコントロールが大変難しいのです。

毎年繰り返される症状から解放される唯一の可能性は、子供のうちに減感作療法を受けることです。
減感作療法は、6歳頃から受けられます。
お子さんの花粉症が心配な方は、耳鼻咽喉科で医師に相談してみるといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。