女性の病気と健康

多汗症にならないために生活習慣を改善する方法を調べました

ストレス改善

多汗症について、原因や今すぐできる改善策対について調べました。

多汗症対策とエチケット

多汗症とは簡単に言うと汗をいっぱいかく人のことを指しますが、季節を問わず汗をかいてしまうために臭いもかなり気になるところだと思います。
汗をかいたらシャワーを浴びるのがいいとは思いますがそれは現実的ではないですよね。
しかし清潔さを保つことは大事だと思いますので汗をかいたらこまめにハンカチや市販の汗ふきシートなどで拭き取るようにすることが自分のためにも、他人のためにもエチケットではないかと思います。

このエチケットは多汗症の人に限った話ではありません。
汗をかいたら拭き取り、臭いを押さえるのはどの人にも当てはまるエチケットだと思います。

汗を放置しておくと汗と雑菌と皮脂が混ざりあって悪臭を放つようになります。ですから清潔にすることが大切になるのです。
携帯用の汗ふきシートや、制汗剤、ロールオンタイプのものもあり色んな種類のものが市販されています。

ここで注意するのは無香料のものを選ぶようにした方がいいということです。
香料が入っていると汗の臭いと混ざってしまって逆に悪臭を放つようになってしまう可能性があります。

多汗症対策をするためには自分のためはもちろんですが、それだけではなく回りの人に対するエチケットも考えてみることによりマナーや余裕が生まれるようになると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

食生活の改善をしよう

多汗症の原因にはストレスや緊張、不安など精神的なものが大きく関わっていますが、それだけではなく食事によってでも汗をかいてしまう場合があります。
このことから食生活を改善することである程度解消することが可能になると思います。

改善策の一例

どのように改善すると効果があるかと言うことですが、例えば以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか?

  • 辛いものなど刺激物の摂取を控えるようにする
  • 肉類など動物性脂肪の過剰摂取を控えるように
  • 夏に体が暑いからと冷たいものばかり摂取しない
  • 食事をするときはなるべく楽しみながらとるようにする

というように上記のようなことが挙げられます。
辛いものや刺激物を摂取したときには味覚性発汗と言い汗をかくのは普通の事ですが、それが過剰になると味覚性多汗症と言い多汗症になる可能性があると言うことになります。

また、肉類を摂取すると体温が上がります。これにより汗をかいてしまうのですがさらに皮脂線から皮脂もでますので臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方はこの点にも注意が必要になってくると思います。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうと言うように思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これはストレスや緊張に繋がりますので精神性発汗と言うことになります。

食事をするときは汗の事を気にせず楽しく食事することが、結果的には汗をかかないようなことに繋がっていくと思います。

適度な運動で汗を出しましょう

多汗症対策には適度な運動が有効的だと言うことを皆さんはご存知でしょうか?多汗症対策に運動?と思うかもしれませんが、適度な運動は多汗症対策として防ぐことにも改善することにも有効なことと言えます。
運動をすると肥満の予防や改善に繋がります。
肥満の方は比較的多汗症の方が多いので肥満を改善することにより多汗症も改善できるということになるわけです。

多汗症やわきがなどの体臭の原因にもなるのが乳酸という疲労物質です。
適度な運動をすることによりこの疲労物質を体内に溜め込むのを防ぐ役割をしていますが、運動不足になるとどんどん溜め込むようになってしまい、結果的に多汗症やワキガの原因となってしまいます。

この疲労物質である乳酸を溜め込まないような運動とはウォーキングや軽いジョギング、スイミングなどがあります。
どれも適度というところが大切です。過剰にやりすぎてしまうと逆に体が疲れてしまい疲労物質である乳酸が溜まってしまいますので注意しましょう。

乳酸が溜まると汗くささも強まると言うことになりますね。

多汗症、体臭、どちらにしても適度に運動をすることで予防や改善が期待できるのでぜひ実行してみてはいかがでしょうか?

多汗症によい入浴法

多汗症で悩んでいる人の中には体臭やワキガなど臭いにも悩んでいる人が多いと思います。多汗症の人に限らず汗をかいたらハンカチやタオル、汗拭きシートなどで拭き取るようにし、清潔に保ち、臭いを出さないようにすることが大切です。汗の臭いが臭い人は運動をあまりしなく、エアコンなど体温調節が必要ない環境に慣れていて、入浴もシャワーのみという人に多く見られるようです。

多汗症対策として有効な入浴の仕方は湯船につかって汗をかくという方法だそうです。

高温手足浴(足は膝下、手はひじ下をお湯につける)、半身浴、全身浴をして汗をかくようにするとサラサラとした汗をかきます。こういった汗は臭いがありませんので良い汗と言うことになり、多汗症対策に繋がっていきます。

こういった入浴法を繰り返すことにより体の抵抗力もつくし、汗腺機能も改善されていきます。
また、リラックスすることにより交換神経と副交換神経のバランスが整えられ自律神経の働きを改善することができます。これで多汗症対策に繋がることになります。

ただし、体質的な事が多汗症の原因だとすると効果は低いかもしれませんので別の対策が必要になると思います。

よい汗をかく事が多汗症対策に繋がるということなので、よい入浴方法をぜひ実行してみてください。

常に清潔にしておく

根本的な多汗症対策にはならないかもしれませんが、多汗症の人は常に肌を清潔に保つ事が大切です。
多汗症の人がかく汗は直接臭いには結びつきにくいのでまだいいのですが、それでも汗を放っておくと細菌と汗が混ざり臭いを発生させてしまう可能性があります。

また、わきがなど体臭も気になる方は汗をかくことにより、より臭いが強くなる可能性があります。

一番いいのはシャワーを浴びて汗を洗い流すことですが、汗をかくたびにお風呂に入ることは実際問題無理です。
そういった場合は汗をハンカチで拭き取ったり、市販されている体を拭くシートを使ったりして肌を清潔に保つことが重要になってきます。

次に洋服についてですが、夏などグレーのTシャツを着ると脇汗が気になるから着られないなど思ったことはないでしょうか?気を付けなきゃと思えば思うほど汗をかいてしまったりしてしまいますよね。

多汗症の原因として精神性多汗症が大きく関わっているのではないかと言われています。
汗が気になると思えば思うほど汗をかいてしまいます。
だから、汗が目立たない洋服を着て「汗をかいても平気」といい意味で開き直ることも大切です。

例えば今まで1枚で着ていたものをもう1枚重ねて着ることで汗も目立たなくなるし、目立たなくなると精神的にも余裕ができるために精神性発汗が少なくなりいいことだらけです。

精神的にもゆとりを持ち、肌も清潔にすることによりだいぶ多汗症対策には繋がると思いますのでぜひ実行してみてください。

制汗剤はいつも携帯・常備して使いましょう

多汗症の対策として一時的ではありますが制汗剤を使用するのも有効的です。制汗剤には今現在すごくたくさんの種類のものが発売されています。
ご自分の好みや用途によって使い分けるのがいいと思います。なぜ多汗症に制汗剤が有効的かと言うと、制汗剤を使用すると毛細血管が収縮され汗が抑制されるようになります。
また、塩化アルミニウムを利用すると制汗効果が高まるために多汗症にはいいとされています。

さらに多汗症の人の悩みには「臭い」も気になるところだと思います。
汗をかくと一緒に体臭に変わってしまう可能性もあり、制汗剤には消臭効果もあるために更に有効的なのではないかと思います。

ただし注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方がいいと言うことです。

臭いの上に臭いを重ねてしまうと悪臭になる場合があります。そうならないよう無香タイプを選ぶようにした方がいいと思います。

また、制汗剤の中のデオドラントタイプのものが抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。
ただし過剰に使用しすぎると本来肌が持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があり逆に効果が得られなくなる可能性がありますので注意してみた方がいいと思います。

このように制汗剤を利用して汗や臭いを抑制してくれるので用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

ただし頼りすぎには注意するようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。