多汗症かなと思ったら自分で改善できるかどうか調べました。

多汗症対策と言うと皮膚科や心療内科のように病院などに行かないとダメなのかなという印象がありますが、自分でセルフケアをすることで病院にも行かず、手軽に対策をすることができることを色々調べてみました。

多汗症と汗っかきの違い

自分が多汗症と感じている方はどういう対策をしたらいいのか分からないし、本当に悩むところだと思います。

でもちょっと待ってください、あなたが多汗症と感じているだけで本当は違うかもしれません。ただの汗っかきかもしれません。

ここでは多汗症と汗っかきの違いを説明してみたいと思います。

一言で言うのは難しいですが、違いを挙げるとしたら、体温調節が元にあり、この体温調節を必要としない状況でも汗をかく場合は多汗症、暑さや体を動かしたなど体温調節のために汗をかく場合を汗っかきと判断できるのではないかと思います。

体温調節を具体的に言うと、気温の暑さやスポーツ、食事などで体温が上がります。この上がった体温を下げようとして調節するために汗をかきます。
こういった状況の場合は汗っかきと言います。

汗をかきやすい人の中には肥満の人が挙げられます。肥満の人は脂肪が多いために体熱が外に放出されにくい傾向にあります。
ですから体温調節をするときには汗をかいてすると言うことになります。

次に汗をかきやすい人と言うと運動を日常的にしている人が挙げられます。
運動をしている人は汗腺も鍛えている事になりますので体温が上がると汗をかくというようになります。
ですから少し体温が上がっただけで汗をかいてしまうようになるのです。

このように汗っかきと多汗症には違いがありますので自分が該当するかどうか判断して対策を講じるかどうか決めるようにしてもいいと思います。

顔の多汗症

多汗症には、体、脇、手のひら、足などさまざまなところで汗をかくことを指しますが、その中でも顔に汗をかく多汗症というのもあります。

顔に汗をかいてしまうと、特に女性の場合は化粧が落ちてしまったり、他の人に見られると恥ずかしかったりしますよね。
それを他人に指摘されると余計緊張してしまって汗をかいてしまう結果になりかねません。
特に夏の暑い日は余計だと思います。
汗をかくのが嫌で外に出ないなんて人もいるかもしれません。

そういう夏の暑いとき、緊張してしまったとき、スポーツをするなど体を動かしたときなど顔に汗をかいてしまって困ったときに一時的ではありますが、顔や頭部の汗を抑える方法があります。
その方法とは半側発汗という方法です。
これはどういう方法かと言うと、皮膚圧反射という方法を使います。
特徴としては体の一部を圧迫することにより圧迫されている側の汗の量が減って、逆側の汗の量が増えるということなのです。

例えば胸の乳首の周り(乳輪あたり)を紐などで強く圧迫します。そうすると上半身が圧迫されますので顔などから汗が減り、逆に下半身の汗の量が増えるということになります。

この方法は汗の量を別な場所に移動するという方法ですので根本的な多汗症対策にはならないと思いますが、とりあえず顔の汗を減らすということはできると思いますので、一時的でも顔に汗をかくのが困るという方は是非試してみてはいかがでしょうか?

覚えておくと便利な知識だと思いますので対策として取り入れてみてください。

手軽な多汗症セルフケア

ストレスを発散する

どういう方法があるかと言うと、多汗症の主な原因として精神的な発汗が挙げられます。つまりストレスや過度の緊張や不安から引き起こしてしまうのです。このストレスを軽減させることが多汗症の改善にも繋がることが多いです。
そこで自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。それが改善に繋がって行くと思います。

食事の改善

次のセルフケアの方法としては食事の改善があります。
物を食べると言うことは毎日行うことですのでやり方次第で改善にも悪化にも繋がってくるほどとても重要なことです。

まずは脂質、糖分、香辛料が強いもの、お菓子など多汗症を悪化させるような食べ物を控えるようにしましょう。
こういう食べ物類は汗腺を刺激します。
刺激されるとサラサラとした汗ではなくネバネバした汗がでるようになります。このネバネバした汗が臭いのもとになりやすくなってしまうのです。

食事も抑制するだけではなく、ビタミンAやEが多く含まれている食べ物を摂取することで臭いを抑制する効果が得られるということなので積極的に取り入れるようにしましょう。

あとは制汗剤を使用することですが、これは一時的な対策としては有効ですが、改善には繋がりませんので用途に合わせて使用するなど注意するようにしましょう。

自律訓練法で多汗症対策

多汗症を予防・改善する為の対策法として自律訓練法というものがあります。発汗を作用しているものは、自律神経の働きによってですのでその働きを整えることによって過度の緊張をほぐし、リラックスした状態に持って行き、発汗を軽減させるという方法が自律神経訓練法ということになります。

この方法はドイツの精神科医であるシュルツという人が開発したリラクセーション法を元にしているもので意図的にリラックス状態を作り出し、精神面へ効果をもたらせるという効果を期待するものになります。

一石二鳥では無理ですが、毎日2~3回訓練することによって効果が出てくるものだそうです。この方法はよくスポーツ選手も使っている方法のようです。

交感神経が活発化すると発汗量が増え、副交感神経が活発化すると(主に睡眠中など)、精神性発汗が抑制されるようです。
このことを踏まえて体を意図的にリラックス状態に持っていけるようにして副交感神経を活発化させ、発汗量を抑えるようにするのが自律神経訓練法になります。

効果の程は多汗症の状態にもよりますが、多汗症の種類が精神性発汗のように汗をかくことにたいして意識が行くたびに汗の量が増える場合など、リラックスさせる場合などに効果があるようです。
またこの方法は多汗症対策だけでなく、体をリラックスさせるためのリラックス法としても利用できる方法です。

また、この訓練と同時進行で薬物療法を行うことによって、より多汗症対策が効果的に進めることができるのではないかと思います。

音楽療法

多汗症の対策を考えている人にとって、治療法や対策法とは気になるものだと思います。治療の一つとして音楽療法があるのはご存知でしょうか?音楽療法というのは、投薬と音楽で治療する方法で抗不安薬というものを一日15mg位投薬し、2週に1~2回のペースで音楽を聴いて多汗症の治療をするというものです。

1回に聞く音楽の時間は30分ほどで、その前後で気分を落ち着かせるために10分間ほど安静にするということが必要になります。
その治療の経過を、発刊量、脈拍数、血圧など計測して本人に見せて確認させることによりこれほど効果があるんだよという認識を持たせることも行っているようです。

音楽療法で多汗症対策する人の中では小さいときから緊張したり、異性と話をしたりするときだったり何か嫌なことがあったりするときに手のひらに汗をかいてしまったり、足の裏や脇、顔、頭部などに汗をかいてしまって困っている状況にあり、薬物療法や心療療法など他の治療法をしても効果が無かった人がやってみると効果がでる場合もあるそうです。

音楽療法をやってみて、実際に発汗量などが抑えられた場合、音楽によって抑えられたという事実が本人に認識され、汗の量を自分でコントロールできるんだという状態まで持っていくことが可能になります。それによりだいぶ多汗症の症状が改善されていくものだと思います。

音楽療法で多汗症対策というものも実際にやってみてはいかがでしょうか。

/sickness-of-nioi/hyperhidrosis-3/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。