多汗症の治療方法について治療法のメリットやデメリットを調べています

汗をかきやすい季節になると多汗症で相談する来院が多くなると聖心美容外科の先生からお聞きしました。多汗症の原因や治療法について教えてもらったことをまとめています。

多汗症の原因

多汗症対策には病院での治療が必要な場合があります。多汗症の原因にはさまざまなことが考えられますが、ストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが原因の場合が多いようです。その場合、心身治療が有効の場合があります。
この方法は全ての症状について有効であるとは限りませんが、症状が軽減されることもあるようです。

また、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを感じてしまって余計に汗をかいてしまう人もいるでしょうが、そういった人こそ心身治療が効果的なのではないかと思います。

心身治療の方法ですが、主にカウンセリングを行っていき、汗に対する恐怖感や緊張感を徐々に取り除いていき、交換神経や副交感神経と言うような自律神経のバランスを整えると言うやり方を行うようです。

また、汗に対する恐怖感や不安感を抑えるために精神安定剤が処方されるなど薬物による治療方法と言うものもあります。
この方法では直接汗を止める効果はありませんが、緊張を和らげることができます。
緊張を和らげてリラックスさせることで汗を抑制することができるかもしれません。

しかし、直接汗を抑制する効果がある薬があります。それを使うことにより汗をかくときに交感神経から出ている物質を止めることができます。

この薬を使うと、手のひらや足の裏のような部分的な汗だけでなく、全身に作用するようになります。
ですから副作用が出てくる可能性がありますので医師の診断を受けてから服用することをお勧めします。

多汗症手術の有効性

多汗症の対策にはさまざまな治療方法や手術方法があります。
しかし、どの方法をとっても万人に効く方法と言うのは無いと思います。
それは多汗症における症状や原因と言うのは個人差があるためだからです。

それを有効的に選択するためには自分の多汗症の原因がなんであるか探ることが必要になってくると思います。
ストレスや緊張からくる精神的な発汗なのか、病気が原因でくる発汗なのか、食生活などからくる発汗なのか、原因はさまざまあると思います。

また、手術をすると完治するんだという安心感を持つ人もいますが、手術を持ってしても除去したエクリン腺が残ってしまったり再生してしまったりする可能性もあるために完全に完治するとは言い難くなります。
それに手術による副作用も無いとは言い切れないためにその点は理解してもらわなければなりません。

どんな対策方法を選ぶにしても自分がどこまでの効果を得たいのかで治療法が変わってくると思いますので、焦らずじっくり選ぶようにしましょう。

手術についてですが、多汗症は命に関わる病気ではないために簡単に誰でも受けられると思われますが、手術なのですから当然受けられないケースもあります。

手術が受けられないケースとしては、妊娠中の方、糖尿病、血友病、高血圧、手術を受けなくても治療できる人などが挙げられると思います。
もちろんこの限りではありませんし、手術の種類によっては変わってくる可能性もありますが、事前に確認をしたうえで手術を受けるようにしましょう。

多汗症手術のメリット・デメリット

ミラドライ多汗症を治したいと考えたとき、多汗症の対策というのはいろんな方法があります。しかし、どの方法にもメリット、デメリットがありますので、自分の症状・目的に合わせ適正な治療や対策ができることが大切です。
多汗症対策には治療をすると言う概念が存在します。
治療には手術が必要なもの、手術をしなくてもいいものに分類されます。
多汗症対策で治療と言うと手術しなければダメなのかと思いがちですが、そんなことはありません。手術をしてしまうと元には戻らないですよね。
また傷は小さいとは言え傷つけることには変わりありませんよね。
ですから手術は最後の手段として考えるのがいいと思います。
そのためには病院をひとつ受診して手術と言われたからと諦めず、セカンドオピニオン的に何ヵ所か回って見ると以外と別の治療法を提案してくるかもしれませんよ。
多汗症は命に関わる病気ではないので焦らずじっくり対策を考えましょう。

多汗症の手術にはどういうものがあるのでしょうか?

ボトックス注射と言う治療法があります。これはボツリヌス菌を体内に入れることで交換神経を抑制し、汗腺の働きを一時的ではありますがブロックするというものです。
また、精神性発汗の場合は、ストレスや不安、緊張などが原因となっている場合が大きいため、精神療法が効果的ではないかとされています。
精神療法をすることにより汗を抑制することが可能となる治療方法です。
この場合は手術が必要ありません。
多汗症を完治するには一度、専門の美容クリニックに相談をされるといいでしょう。

多汗症手術費用は保険が適用されるの?

多汗症でお悩みの方が対策をするときに手術や治療をする場合、費用と言うのがどのくらいかかるか気になるところだと思います。多汗症と言うのは厚生労働省から認定を受けている病気ですので保険が適用されます。しかし、多汗症と言う診断を下すのは医師ですので場合によっては保険適用外になる可能性もあります。

また、多汗症手術を行う際、美容外科で手術する方が多いと思いますが、美容外科で手術する場合は保険適用外となりますのでご注意ください。
ただし美容外科でも保険がきくところもありますので各病院に聞いてみてください。

保険を使う場合ですが、場合によっては家族や会社に知られる可能性もありますので注意が必要です。他人に知られる可能性があるか、知られたくない場合は自由診療を行っているところもありますのであらかじめ各病院に確認しておいた方がいいと思います。

病院に行くと行っても多汗症の場合、何科に行くのがいいのでしょうか?
自分がどういう症状で何科に行けばいいのか判断つかない場合、まずは皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか?
ただし、病院によっては多汗症の認識を持ってなくて、病気と診断されない場合もありますので、自分に合う医師を気長に見つける感じで受診しましょう。

また、皮膚科以外では病気が原因の場合は内科、ストレスや緊張など精神的なものが原因の場合は心療内科、精神科なども受診できますので場合によって判断して受診してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。