二人でする披露宴の段取りや招待状の原案、人選について

結婚式や披露宴に招待する人選や招待状の原案作成は新郎新婦が中心になって行いますが、両親や仲人さんにも人選の経緯など理解を求めることも必要です。

招待客のリストアップ

挙式・披露宴には、招待したい人すべてを呼べればいいのですが、会場の広さや予算のこともあり、それは無理なのがふつうですから、招待客をしぼることになります。

まずは、招待したい人を、男性側・女性側それぞれリストアップします。
思いつく人はすべて、とりあえず書いてみます。

主賓を選ぶときは

披露宴の主賓は、本人の考えだけで決めるわけにはいかないこともあります。
親や親類の考えなどをきく必要がある場合も。

一般的には、主賓は男性側・女性側に各1人ずつということが多いようですが、どうしても1人だけにしぼりきれないときには、複数の方にお願いすることもあります。
そのときには、両家の主賓の人数と、主賓クラスの人の格をそろえるように気をつけます。

会社の上司のなかには、自分が主賓でないと機嫌を損ねてしまう人もいるようです。
迷ったときには、会社の先輩で比較的近い時期に結婚式を挙げた人や、直属の上司で相談しやすい人などの意見をきいてみることも必要です。

招待客のランク付けをしていくと選びやすい

自分のやりやすい方法でかまいませんが、A=主賓クラス、B=必ず招待したい人、C=できれば招待したい人、の3段階程度に分けるといいでしょう。

その後、男性側と女性側のリストをつき合わせ、どこまでの範囲の人数を何人ずつ招待するかを調整します。

親戚の招待は3親等までが一般的ですが、仲良しのいとこがいる場合や、地方のしきたりでもっと広範囲まで呼ぶ必要がある場合は、臨機応変に対応します。友人・知人は、会社の上司、先輩、同僚や大学・高校・中学などの友人を招待します。

しかし全員を呼ぶのは無理な場合が多いので、それぞれのグループから特に親しい人、代表になる人を招き、残りの方々は2次会に招待します。
2次会を行なう予定がなければ新居に招待するなどして、日頃の厚情に対する感謝を示しましょう。

男性側と女性側の招待客はほぼ同数というのが基本ですが、それほど神経質になる必要はありません。
ただ双方の人数がかけ離れて違うときは、共通の友人・知人に人数が少ない側の招待客として出席してもらったり、人数が多い側の招待客をしぼったりして調節します。

どうしても調整がつかなければ、席次を工夫して、招待客数の差が目立たないようにします。
円卓を用いれば、わかりづらいはずです。
ただし、女性側の招待客が男性側より極端に多いのはできれば避けたほうが無難です。

親戚を主体に招待するか、友人・知人を中心にお呼びするかも、両家で相談します。
一方の席は年配者ばかり、もう一方の席は若い友人ばかり・・・では、招待客のバランスがとれません。>br />
事前によく打ち合わせておきましょう。

招待客がしぼりきれないときは?

招待客がしぼりきれなければ、最近増えてきた2部制披露宴を検討してみては。
これは、招待客の顔ぶれを分けて、披露宴を2回行なうこと。
1部は親戚や会社の上司、恩師などの年配者を中心にオーソドックスに、2部は友人・知人
などを中心にカジュアルに(しかし2次会よりはあらたまって)行なうのがふつう。
披露宴と1.5次会を続けて行なうような感じでしょうか。
2部は着席ブッフェや立食で行なうこともあります。

招待客の最終確認

招待客が決まったら双方で見せ合い、意見をききます。

招待客のリストアップができたら、両親の意見をききます。
両親の兄弟姉妹や、お世話になっている人の招待もれがないかどうか、両家の人数や顔ぶれのバランスはどうか、などを見てもらうようにします。
親戚の招待もれは意外と多いので両親への確認は、めんどうでも行なっておくほうがいいでしょう。

仲人を立てていれば、仲人の意見もききます。
第三者的な立場から見て、おかしいところ、疑問に感じるところがあれば指摘してもらいましょう。

招待客が決まったら、招待状を作成します

差出人の名前には配慮する

招待状を発送した後に、出欠席の確認をして、人数を式場に連絡する必要があります。

https://www.life-total.jp/marriage/hirouen/invitation/

招待状作成の手順と流れ
  1. 文面の作成・検討は3ヶ月前
  2. 印刷と宛名書き(筆耕)依頼は2ヶ月以上前
  3. 発送は遅くとも1ヶ月以上前(2ヶ月前まで)

まず最初に、招待状の差出人を決めます。

古くからの習慣では、差出人は両家の父親の連名にします。
しかし近年では、結婚するふたりの名前で発送するほうが多くなっています。

ただし年配者のなかには、差出人が両家の父親でないというだけで不愉快に思う人もいるようなので、注意が必要です。
どちらかの両親がすでに他界していたり、両親の援助をまったく受けずにあくまでもふたりで披露宴を行なうというのであれば、事情を説明して、その年配者の理解を求めるようにします。

当人どうしの連名で発送するときは、親戚への招待状には「○○長女」などと書き添えるほうがわかりやすいときもあります。
差出人名は、双方の両親にも相談して決めましょう。

友人が発起人となって、会費制で行なう披露宴では、その幹事が差出人になります。
ただし招待状を受け取った人が「これは誰の披露宴なのか」すぐわかるよう、配慮することも大切です。

手作り招待状もいいもの

最近はこだわり派が多く、「全部は無理でもペーパーアイテムだけは手作りしたい」というカップルが増えています。具体的には、輸入ものの封筒とカードに印刷したり、クマや天使など好きな絵柄ですべて統一したり・・・・といった内容です。

たとえば天使を選んだ場合、装花やナプキンリング、引き出物からそれを入れる紙袋まですべてに天使をあしらいます。

あまりこだわると準備がたいへんですから、ブライダル用の印刷を得意とする業者や、プロデュース会社にお願いすれば、楽にこだわりを実現でき、適度な手作り感覚も伝えることができます。

婚約や結納のときの写真を貼ったり、新郎側の招待状には新郎が、新婦側には新婦が、手書きでひとこと添えたりするケースも。
ただし結婚式と披露宴は大切な儀式ですから、あまりくだけすぎないように気をつけましょう。

招待状の文面を決める

差出人が誰かによって、招待状の文面やデザインは多少異なってきます

招待客の客層によっても、同様に文面やデザインは異なるでしょう。
招待客の年代に合わせた2パターンを作成したり、新郎側にはブルー、新婦側にはピンクの招待状を用意したり・・・など工夫する人もいます。

挙式・披露宴会場で作成を依頼する場合でも、最近はオーソドックスな白の厚紙に印刷するものから、バースデーカードのようにしゃれたものまで、幅広いアイテムのなかから選べるようになっていることが多く、文面もふたりの希望どおりにしてもらえたりします。

持ち込み料がかからないケースが多く、作成しやすいので、手作りするカップルも増えています。
希望のデザインで作成してくれる業者に依頼することもあります。

自分たちで文面を考えるときには
  1. いつ→挙式披露宴の日時(曜日)
  2. 誰が→媒酌人と両家・本人たちの名前
  3. どこで→式場・会場名とその住所、電話番号など
  4. (会場までの地図や交通機関、駐車場の有無なども記載)

を忘れずに、さらに差出人名に間違いがないように確認し、「結婚披露宴をする」という招待の目的を書き添えます。
服装についての注意があれば、そのことわりも入れましょう。
文中には、句読点をうちません。

返信用ハガキも忘れず同封

出席者数を確認するための、差出人あての返信用ハガキも忘れず同封します。
通常は新郎側に返信してもらいますが、新婦側でもかまいません。
挙式に出席してほしい人、スピーチや余興をお願いする人には、その旨を書いた紙(しおり)も同封します。

当人どうしの連名で招待する場合、親からのひとことを添えた形にするケースもあります。

式場・会場や印刷所に依頼するならば、文例が用意されていますので、それを利用すれば簡単にすみます。

上記の①~③(いつ、誰が、どこで)と差出人名、返信用のハガキの宛先に間違いがないか、何度も確認しましょう。

用意しておく招待状の数量は?

招待状は、夫婦や兄弟など同じ家に住む家族には、連名で1通送ればすむものなので、招待客よりも少ない数ですむのがふつう。

数量はよく確認しましょう。

手作りする場合は、失敗することも考え、材料を多めに用意しておきます。
あとから調達しようとしたときに品切れだと困ってしまうので、あらかじめ多めに買っておきます。

席次表や席札などの紙質を統一したいときは、お店に在庫を確認し、品切れが心配ならばその分の材料も買っておきます。

材料の数量の目安が立てられず、結局たくさん余ったという話もよく聞きますが、そのような材料は、披露宴に招待しなかった人からいただいたお祝いへのお礼状などに使ってもいいのでは。

参加可否の返事は挙式日の一ヵ月前までにもらう

出席者を確認するための返信ハガキは、できれば挙式の1ヶ月前、どんなに遅くとも2週間前までには受け取るようにします。

指定した期限を過ぎてもハガキが届かなければ、もう2~3日待ってから、電話で連絡をしてみます。

そのときには失礼のないようにていねいに、招待状が届いたかどうかをたずねるようにします。

招待状ができるまでに行うこと

招待状の印刷ができあがるまでの間に、招待する予定の人に結婚が決まったことや、披露宴に出席してほしい旨を伝えておきます。
いきなり招待状が送られてきては、驚いてしまう人も多いことでしょう。

また、招待状の発送先を一覧にし、リストを作成しておくと、後々便利です。
家族、親族、両家の両親の知人、会社関係、学校関係などの項目に分け、職業や役職も記入しておきます。
できれば年齢や電話番号も書いておくと、席次の決定はもちろん、結婚通知状の送付や、お礼やおみやげリスト作りなどに役立ちます。

ホテルや式場などに宛名書きを依頼するときも、住所と名前の部分だけコピーして渡せばいいので楽です。
誤字・脱字に注意しましょう。

https://www.life-total.jp/marriage/wedding/wedding-4/

席次表の印刷依頼

出席者が決まり、席次が完全に固まったら、印刷を依頼します。印刷が始まったら変更はできないと思っておきましょう。

席次表の新郎新婦と、その家族の名前には敬称はつけません。
ただし、、新郎新婦の姉妹(まれに兄弟)で、結婚して姓が変わっているときには、ほかの招待客同様に敬称をつけるのが一般的です。

自分で印刷するのでなければ、わからないことは印刷を担当する業者に相談します。
相手はその道のプロですから、詳しく教えてくれるはず。
遠慮せずにきいてみましょう。

自分で印刷するならば、友人の結婚式のときの席次表などを参考にするといいでしょう。

通常は全部の印刷をおこなう前に校正作業が入ります。
忙しい時期ですが、名前や肩書きに間違いがあってはたいへん失礼になりますので、ふたりだけでなく両親などの力も借りて、何人もの目で確認しておくことが大切です。

招待客の肩書や姓名など誤字脱字をチェックしましょう

人事異動の多い季節の披露宴では、会社関係の人の肩書きに特に注意しましょう。女性の友人も、披露宴までの間に結婚して姓が変わるようなら、新しい姓で載せるかどうかを本人に確認しておきます。

ふたりからのメッセージや詳しいプロフィールを載せている場合は、その部分の誤字や脱字にも注意しましょう。

披露宴当日に渡す席次表の作成について

席次表とは?

受付を終えた招待客に、自分の席がわかるように渡すのが席次表です。招待客が最初に目にするものなので、きちんとしたものを渡したいところです。

席次表に名前が載っているのに、当日、その席に誰もいないということがあっては困りますから、席次表を作る前には、出席者をしっかり確認しておきます。
返信ハガキを整理し、ハガキが戻っていない人には電話やメールで確認をとりましょう。
もれのないようにチェックがすんだら、最終的な席次表の作成に取りかかります。

また、小さな子どもがいる家庭へは、子どもが同席するか、子ども用のメニューが必要かも確認します。
子どもが同席するならば、子ども用の背の高い椅子を両親の間に用意するようになります。
会場によっては託児施設があるので、利用できる旨を伝え、希望があれば予約を入れます。

また席次表にもいろいろなパターンがあり、最近はふたりらしさを感じさせるものや、手作りのものが人気です。,br />
どんな形式のものにするかは早めに決めておきます。招待客の名前のそばにプロフィールや、新郎新婦との関係を詳しく書き入れるような形式では、あらかじめ原稿を用意する必要が出てきます。
席次表の形式に合わせて、もれのないよう準備をしておきましょう。

手作り感覚の席次表も人気がある

席次表を手作り感覚にしたいけど自信がない・・・と不安なら、会場や一般のお店、またはプロデュース会社に一括してお願い、相談すると楽です。
手作り派にはパソコン利用派が急増中。
専用のソフトも出ています。
エンボス加工やスタンプ、ステンシルなどを使うならば、材料購入時にお店でアドバイスを受けるといいでしょう。
印刷用に紙についても、いろいろ相談にのってくれるはずです。

席次表の印刷数は?

席次表も、招待状同様、一緒に受付をする夫婦などにはふたりで1枚ですむものです。
ただし、「さっき受け取ったんだけど、どっかやっちゃって、席がわからない」という人用に招待状より多少多めに用意するのがふつうです。
記念にとっておきたいならば、その分も数に入れて印刷します。

https://www.life-total.jp/marriage/hirouen/invitation/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。