Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
花粉症の解消と対策

花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。

花粉症について色々調べてみると、誰でも花粉症に感染する可能性があることがわかりました。若いときは感染していなくでも加齢を重ねると免疫力が低下するので花粉症に感染することも。またその反対もあることです。

花粉症は誰でもなりやすい??

花粉症になりやすい人、なりにくい人スギ花粉症の発症率を統計的にみると、メンデルの法則の劣性遺伝と一致します。
両親が花粉症の場合、高い確率で子供もかかりますし、両親の一人が花粉症の場合4分の1の確率で発症する可能性があります。

つまり、アレルギー体質は家系的に受け継がれるということです。
過去になんらかのアレルギー疾患を経験している人や、今まで、アレルギー症状と縁がなかった人でも、花粉症をもつ人が家族にいれば、自分もなりやすいタイプと言えるのです。

ハウスダストや食物が原因物質の通年性アレルギー疾患は、幼児期から学童期に移り、食生活を含めた日常生活がどんどん活発になり、原因物質に触れる機会が多くなる若年層に高く発症します。

一方、スギ花粉症は、長い年月を生きている人の方が、花粉に接触する機会が多くなるため、中年層の有病率が高いのです。
花粉症の有病率は40歳代がピーク。(5人に2人が花粉症になっているといいます)

ただし、60歳を超えると免疫力が衰えはじめる(抗原抗体反応が弱くなる)ため、花粉症にもかかりにくくなります。

花粉症の発症には、生活因子も大きくかかわっています。

花粉症になりやすい人、なりにくい人食生活の欧米化により、脂質の多い食事が増えると、抗体が作られやすくなります。
そのため、アレルギー反応がおこりやすいと言われています。
コンビニ食やハンバーガーを好む人は、特に注意が必要です。

また、過度のストレスや不規則な生活により自律神経のバランスを崩すと、花粉症になりやすいと言われています。
つまり、連日の残業や経済的な負担など、心身にストレスを抱えている人の発症リスクも高くなるのです。

このように、花粉症の発症因子は、遺伝、年齢、環境、生活と多岐にわたるのです。

花粉症治療の経験がある好条件で看護師の転職求人をしている病院はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。