足のニオイ解消方法

足のニオイ解消方法

足のニオイを解消するには、足を洗うのが最もよい方法です。帰宅直後など、すぐに足をシャワーで汗を雑菌を洗い流しましょう。さらに、入浴時には足の指の間までていねいに洗い、角質のケアも忘れずに行います。仕事中や外出先でニオイが気になるときは、市販の体用の汗拭きシートなどで足の裏の汗や汚れを拭き取るとよいでしょう。消臭スプレーも手軽で便利です。ただし、使いすぎると、かえってニオイの原因になることもあります。酢で足浴をするのも効果的といわれます。酢に含まれるクエン酸が汗腺にしみこんで作用し、汗のニオイを防ぎます。

気になる靴のニオイ対策

1日中履いた靴は汗で湿り、内部には雑菌が繁殖しています。そのため、足をどんなに清潔にしていても、靴のケアをしないで、そのまま履くと靴の中で繁殖した雑菌が足に付いてしまいます。その状態で汗をかくと、雑菌がさらに繁殖してニオイを強く発することになります。つまり、足のケアだけでなく、靴の手入れも同時に行わないと、ニオイを解消することはできないのです。

1日中履いた靴は、汗でかなり湿っているので、次に履くまでに靴をよく乾燥させ、雑菌を除去しておけば、ニオイを防ぐことができます。市販の抗菌・消臭スプレー剤はかなりの効果が期待できます。

同じ靴を履き続けない

お気に入りや履きやすいという理由で、毎日同じ靴を履き続ける人がいますが、それでじゃニオイがひどくなる一方です。特に汗をたくさんかく夏場や雨の多い梅雨時は靴がしけやすいので、毎日同じ靴を履くのはさけましょう。ニオイを防ぐは、靴の湿気をのぞき、内部を清潔に保つことが大事です。1日履いたら、2~3日乾かすのが基本です。

風通しのよい場所に立てかけて、靴の内部と靴底をよく乾燥させましょう。雨に濡れたときは、丸めた新聞紙などを詰めて、水分を吸収させるお婆ちゃんの知恵が役に立ちます。靴を何足もそろえるのが難しいときは。中敷だけでもこまめに交換するようにしましょう。市販の中敷には抗菌・防臭加工がしてあるものもあります。これを2組ほど用意して、1日使ったら取り替え、乾かしておきます。中敷を毎日替えるだけでもニオイを抑える効果が期待できます。防臭効果のあるも靴下やストッキングを履くのもよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。