婚活~結婚

縁談の依頼相談や縁談の受け方・進め方の手順とマナー

縁談は男性側から申込みをするのが一般的です。縁談を受ける側にある女性は、縁談を受けるとき、断るときはどのような手順やマナーがあるかをまとめています。

縁談の依頼は信頼できる相手に自分自身でする

縁談を依頼するならば、自分自身に家庭を持つ覚悟が本当にあるかどうかを、もう一度よく考えます。

結婚に向けての気持ちに迷いが無いのであれば、自分のことを親身になって考えてくれる、信頼できる相手に縁談を依頼するのがベストです。

縁談の世話人には、本人が直接会ってあいさつをし、依頼をします。
他人を通すより、自分自身の口で伝える方が希望や真意がよく伝わります。
特に相手に対する自分の希望や考えは、しっかりと伝えるようにしましょう。
自分自身のこともきちんと伝えます。
離婚暦や持病などの要素も、もしあるのならば隠さず伝えましょう。

その際、菓子折りなどの手土産を忘れずに持参します。

縁談を数箇所に依頼しているときは?

縁談を他にも依頼してあるなら、後々のトラブルを防ぐため、そのことは世話人にあらかじめ伝えておきます。
その際には、「会社の上司が気にかけてくださって」など、相手が納得してくれる理由とともに、正直に話しておきます。

縁談に添える自己紹介状の準備

自己紹介状は、身上書、家族書で成り立っているのがふつうです。
それに写真を添え、世話人に渡して縁談を依頼します。

自己紹介状は、字に自信がない場合でも、必ず本人が自筆します。
毛筆ならば半紙か白無地の和紙の便箋に、ペン書きならば白無地かケイ入りの上質便箋に黒かブルーブラックのインクの万年筆を用いて、楷書でていねいに書きます。

市販の履歴書や、ボールペンやサインペンなどでの記入は避けたほうがいいでしょう。
縦書きで書くのが普通です。

お見合い写真の準備

見合い写真は、写真館などで写したあらたまったもの(キャビネ判程度)に、ふだんの姿がわかるようなスナップ写真を添えるのが一般的です。
洋装と、和装、フォーマルとカジュアルなど、バリエーションをつけて、いろいろな魅力が伝わるようにするといいでしょう。

また、大勢で写っているものや異性と写ったもの、古いものは避けます。

写真の裏には必ず、住所・氏名・撮影年月日・撮影場所を明記しましょう。
なるべく3ヶ月以内に撮影した写真を選ぶようにしたいものです。

縁談を受けたいときは

いい縁談だと思ってもその場での即答は避け「家族と相談してお返事いたします」といい、書類を持ち帰ります。

確かめたいことがあれば、世話人に尋ねたり、調べてもらったりします。
たとえば転職の理由、親との同居の有無など、気になることがあれば遠慮せずに事前に確認すべきです。

希望に合った相手であれば、自分の書類と写真をそろえて、本人が直接世話人を訪ねます。
菓子折り程度を持参し「お会いしてみたいと思いますので、よろしくお願いします」と依頼しましょう。

返事は1週間以内にしましょう

縁談が持ち込まれたとき、見合いへと進めるべきかどうか迷う場合も多いでしょう。
しかし、世話人のほうは返事を気にしながら待っているはずです。
検討することも大切ですが、遅くとも1週間以内には、返事をするようにします。

とはいっても、こちらから縁談を依頼していたときには、返事が早すぎるというのもいけません。
とくにその縁談を断わる場合には、即答は前述したようにマナー違反となるので注意しましょう。

縁談を断るマナー

持ち込まれた縁談を断りたいと思うときもあるでしょう。
その際には、書類について、目を通さずにすぐお返ししたほうがいい場合と、いったん預かったほうがいい場合があります。

書類を見ずに返す場合

縁談を依頼してもいないのに縁談が持ち込まれ、「まだ結婚する気がない」「経済面などの条件がととのっていないので、結婚は無理」「意中の人がいる」などのときは、書類は見ずにすぐ返します。

書類を返すときには、「まだ結婚は考えていませんので」「他に好きな人がおりますので」などといって断ります。

書類を見てから返す場合

こちらから縁談を依頼していたのなら、その場で断るのは失礼です。
書類はいったん持ち帰り、意にそわないようなら電話などで当たりさわりのないことばで断わります。
断わるときには、「私にはどうもすぎた方のようですので」といったように、理由はあいまいにしておくのがマナーです。

それに加えて「また、いいお話がございましたら、よろしくお願いいたします」のひとことを忘れないようにしましょう。

電話などで断わったあとは、すみやかにすべての書類を返します。

縁談が重なってしまったら?
会ってみたい人をせめて2~3人にしぼりなるべく近い時期にお見合いします。
その場合世話人には他のお見合いについてはふせておくのがマナーです。

お見合い後、気に入った人がいたのなら交際をスタートさせますが、複数の人と付き合うのはいけません。
他の見合い相手には、世話人を通してすぐにお断わりの連絡を入れるようにします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。