子宮筋腫

30代以降の女性の3~4人に1人は筋腫があるといわれます。
子宮にできる良性のこぶで、月経異常で気がつくことが多いです。

子宮の筋肉細胞が異常に増殖する

良性のこぶが子宮筋腫です。筋腫は通常、ボールのような丸い形をしていて、硬さはソフトボールくらい。
大きさは、さまざまです。1つの場合もありますが、多発することのほうが多いようです。

35歳を過ぎると筋腫のある人がぐんと増えると言われています。
一番多い年代は45~50歳で閉経を過ぎる50歳くらいから急に減っていきます。
ただ、最近は20代の女性にも増えているようです。

筋腫はゆっくり何年もかけ、大きくなっていきます。
ガンのように転移したり、他の臓器を破壊することもないので、生命にかかわることはほとんどありません。
でも、人によっては月経の量が多くて貧血を起こしたり、症状が進むと子宮をとらなければならないこともあるなど、日常生活に影響が出てきます。

筋腫の芽をエストロゲンが育てる

女性ホルモンのエストロゲンの影響が疑われます。
女性はだれでも、筋腫の芽をもっています。
その筋腫の芽に、エストロゲンの分泌が過剰になりやすい体質や食う生活等が作用して、成長させるのではないかと考えられています。

子宮筋腫はできる場所によって、筋層内筋腫、粘膜下筋腫、漿膜下筋腫の3つのタイプがあります。
●筋層内筋腫:子宮の筋肉の中にできる筋腫。約70%がこのタイプ。
●粘膜下筋腫:子宮内膜のすぐ下にできる筋腫。約10%が占める。
●漿膜下筋腫:子宮全体をおおっている漿膜の下にできる筋腫。20~30%を占める。

自覚症状を感じたら検査を

月経異常・その他の症状
出血量が増える。だらだら続く、レバーのようなかたまりが出る・
月経周期が短くなる
月経痛がある
常にさらさらしたおりものが出る
疲れやすく、すぐ息切れする
腰痛、便秘、ひん尿になる
おなかがぽこっとふくらむ
下腹部が激しく痛む

内診を受けない場合も

定期的に婦人科検診を受けるのが安心です。
婦人科に行きにくいかもしれませんが、内診をしなくても、超音波をおなかにあてるだけでも子宮や卵巣が腫れているかどうかはわかります。
女医さんだと相談しやすいでしょう。

エストロゲンの分泌量を増やさない

食生活を見直し、肥満やストレスを避ける。
早期発見をして、様子をみていく。

妊娠したらエストロゲンが大量に分泌されるので、筋腫が成長することがあります。
筋腫の場所によっては、流産や早産が起こりやすくなるので安静に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。