女性の病気と健康

子宮体ガン

子宮の3分の2を占める体部の内膜にできるガンで閉経後に見られることが多く、50代の発症率がピークとされており、子宮がんの3分の1は体ガンという増加率。

月経のリズムが子宮体ガンの防御に

子宮の内側をおおっている子宮内膜から発生するので、子宮内膜ガンとも呼ばれます。
子宮内膜は、毎月月経時にはがれおちるので、正常な月経を繰り返していれば、もし内膜細胞が前ガン状態になったとしてもはがれおち、ガンに成るケースはあまりないようです。
子宮体がんは、若い女性に少なく、閉経後に多いのはそのためと考えられます。

子宮体ガンにかかる年齢のピークは50代、次に40代です。
40歳未満では少ないガンですが、若い年代で子宮体ガンにかかる人の多くに排卵障害がみられます。

エストロゲンが関与

過剰に分泌されたエストロゲンが子宮内膜に作用して、ガン化するのではないかと考えられています。

だらだら続く不正出血が重大なサイン

自覚症状は不正出血と下腹部痛。
子宮体ガンにかかった人の9割に不正出血がみられます。
理由もなくだらだら続いたり、閉経したのに突然出血があったときなどはすぐに病院へ。
初期の段階から不正出血が起こるので、出血後に検査した場合と、定期健診で発見された場合とで、治る率はそう変わりません。
不正出血があった時点で病菌に行っても、手遅れということはないでしょう。

>検査方法

採取した細胞を顕微鏡で観察する細胞診です。
子宮頸がん検査に比べ、少し痛みを感じます。
細胞診で異常が見つかった場合は、組織診が行われます。

低用量ピルは体ガンのリスクを低くする

確実な予防法は、ありませんが、リスクの高い人はとくに気をつけて。
肥満を防ぐ、動物性脂肪中心の食生活を改善する、無排卵、無月経、糖尿病や高血圧の人はきちんと治療をするなど心掛ける。
不正出血を見逃さないことが重要。
低用量ピルは体ガンのリスクを低下させます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

副業で月5万円以上稼ぐ正しい手順

副業で月5万円稼ぐ
あなたの趣味やライフスタイルを活かして稼いでみませんか?

こんな人におすすめ!

  1. 将来の結婚資金や住宅ローンの頭金を用意したい
  2. 休日は充実した時間を過ごしたい
  3. 無駄なお金や労力を使わずに稼ぎたい
  4. 人に迷惑をかけない副業をしたい
  5. 資産になるようなポータルサイトを作りたい

スマホやパソコンができれば副業で月5万円以上稼ぐ手順を無料公開しています。