卵巣ガン

他の臓器に転移する悪性の卵巣腫瘍。最近増加傾向にある。

卵巣のう腫が悪性に変化したものもある

もともと卵巣に発生したガンと、胃がんや乳がんなどから転移した転移ガンとに分かれます。
そのなかには悪性の充実性腫瘍や卵巣のう腫が悪性に変化したものなどがあります。
40代、50代でなる女性が多いのですが、10代で起こる種類の卵巣ガンもあります。
若い人から70歳を超えた高齢者まで幅広くみられるガンです。

遺伝性も高い

エストロゲンが過剰に分泌されて、ガン細胞を育てるのではないかと考えられています。
脂肪の多い食事、肥満、閉経が遅い、出産の経験がないといった人は、リスクが高くまります。
また、卵巣ガンの10%拝殿性とも。

自覚症状を感じたときはガンが進行

初期には、下腹部痛やおなかの膨満感が。卵巣ガンは信仰がとても早いのが特徴。
とくに転移しやすいガンの場合は、卵巣内であまり大きくならないうちにガン細胞が腹膜に広がってしまうため、腹水がたまり、おなか全体が大きくなるなど、進行した症状が出て初めて以上を自覚する。
受診したときは、すでに手遅れといったケースも多くあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。